« 2020年04月 | メイン

2020年09月28日

「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い

この記事は、集英社のマンガ配信プラットフォームのジャンプ+で毎週土曜日に掲載されている「2.5次元の誘惑」が今最高に面白いのですぐに全話読めという内容であり、最新話までのネタバレが含まれる。できれば単行本を買った上でその後の連載分も全部読んでこの記事を読んで欲しいところではあるが、ネタバレによって面白さを大きく損うタイプの作品ではないので、どちらが先でもいい。

2.5次元の誘惑(リリサ)とは

この「2.5次元の誘惑」は橋本悠さんの初連載作品(※詳しくは後述)で、「誘惑」の部分には「リリサ」のルビがつく。高校2年生の主人公奥村が部長を務める所属一名の漫研に、エロいコスプレROMを作るのが夢だというヒロインの天乃リリサが訪れるところから始まる。

Webで冒頭2話が読めるから、まずは読んで欲しい…と言いたいところだが、先入観なしにこれを読むと間違いなく誤解されてしまう。サムネイルの時点でかなりアウトな感じだ。


ご覧の通り、お色気要素が強すぎるのだ。
ちなみに単行本ではWeb版での修正がなくなり隠された部分が見えていたりするのだが、iOS版アプリではWebより強い修正が入っていてエピソードによっては完全に真っ白のコマもあって何が起きているのかわからない場面もある。
22話あたりから明らかなお色気シーンが減り、最近のエピソードではiOS基準でOKの描写になっている。

修正についてわざわざ説明したのは意味があって、序盤はiOS基準のギリギリラインを狙ってお色気目的の読者を増やそうとしていたのに、最近はお色気要素を削っても十分読者を楽しめるように生まれ変わった作品なのだ。

単行本で言うと1-2巻がお色気要素多めで、3巻から大化けし、ラブコメハーレム系漫画からコスプレバトル漫画になる。コスプレバトルとは何だと言われても上手く説明できないが、むちゃくちゃ熱いバトルなのだからコスプレバトルとしか言いようがない。コスプレ四天王の一人753(なごみ)をリリサが打ち負かす4巻のクライマックスには何度も泣いた。

4巻の展開が好きすぎて、この作品で更に上を行く熱い展開になることはないだろうと思っていたのだが、裏切られた。最新58話(おそらく8巻収録)がめちゃくちゃ熱くて最高だったのだ。58話単体でも十分熱意は伝わるので、少しでも興味を覚えたのなら読んで欲しい。

続きを読む "「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い"

- N-Styles -