« 2021年02月 | メイン

2021年03月11日

シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]

2021年3月8日、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||を公開初日に見た。
記事タイトルがちょっとアレなのは後で説明する。

新世紀エヴァンゲリオンと私

自分とエヴァとの出会いは再放送だった。本放送当時はアニメーションに疎く、おそらくエヴァンゲリオンという単語に出会ってもいなかっただろう。
1997年の再放送時に鑑賞した記憶はあるものの、全話通しては見ていないはずだ。自分の中では面白いアニメの一つに過ぎなかったと思う。

それから10年が経ち、リメイク第一作のヱヴァンゲリヲン新劇場版:序が公開される。
「序」から自分とエヴァとの接点が変わっていく。

2007年は、Twitterが日本において影響力を持ち始めた時期でSNSでの交流が活発になっていた。
とはいえ、Twitter日本語サービスの正式リリースは2008年4月である。英語版のツールに飛びつく新しもの好きが「お互いTwitterの利用者である」という希薄な接点でコミュニティを形成していた。

そういう変なコミュニティではいろんな人達と触れ合うことになり、その中にエヴァマニアもたくさんいた。
そうすると、エヴァに対する感情クソデカツイートをたくさん目撃するようになり「エヴァって思ってたよりすごいコンテンツなのか」とだんだんと理解できるようになってきた。
とはいえ、まだ映画館に行ってアニメをみるという習慣はなく、「破」公開に合わせて地上波で放送されたテレビ版「序」で初めて鑑賞した。

もともと考察は好きな性分なので、「序」「破」で騒いでいる人達を見ながら、深みにはまっていくことになった。「破」以降は映画館で鑑賞している。
それからさらに10年と少しの時間が過ぎて、今この文章を書いているのである。

続きを読む "シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]"

- N-Styles -