2021年01月18日

「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)


スポンサーリンク

呪術廻戦の最新14巻(2021年1月現在)を読んだら、週刊少年ジャンプ連載版と明らかに違うページがあったので、気になって0巻から確認したら結構加筆しているっぽい事がわかった。
どっかに加筆まとめがないかなと思って調べたけどなさそうなので、がんばって調べた。これ普通気づかねえだろってレベルの違いまで探したのでほめて。

※2021/03/07追記
15巻まで追加、14巻までの見落とし部分も付け加えた

連載はジャンププラス版、単行本はKindle版を使っている。両方ともiPhoneアプリで比較した。紙の本だと版数で更に違いがあるかも。
ページ番号は多少違っているかもしれない。

電子版固有の問題なのか不明だが、ジャンプ本誌と単行本で縦横比が異なり、描かれている範囲に差がある。
本誌が横長で、単行本が縦長。そのため、両方とも原画をフルに収録できているわけではなく、断ち切りまで描かれたページは単行本のほうが左右が切れていて、ジャンプ本誌は上下が切れている傾向がある。
単行本化で左右の余裕がなくなるためか、文字が端にある場合にレイアウト調整でフォントサイズや位置、改行箇所が修正されているページが非常に多い。

jujutsu1.jpg

右のコマでフォントサイズ、吹き出しの調整が行われている。
左のコマは車と植え込みに注目すると縦横比の違いがわかりやすい。

こういった読みやすくするための微修正は2ページに1箇所以上はありそうなので、今回の調査では省略した。
全体的に単行本のほうが線が太く、トーンの色が濃いように見えるが、これが修正によるものなのか、媒体の違いに起因するものなのか不明。

また、連載時のタイトルや煽り文、広告等は基本的に含めない。単行本のおまけページも加筆とみなさない。カラーのモノクロ化も今回は取り上げない。

アニメ視聴勢に考慮し、アニメ未放送分はなるべく固有名詞を排除し、どの話数に誰が出てくるか分からなくした。…でも、このページを読もうとする人は単行本すでに読んでるよね?

まずは0巻から。

0巻

 巻  話  ページ 違い
0巻1話13ページ新しい学校(改行)だよ→新しい(改行)学校だよ
(以下、改行位置のみの違いは省略)
0巻1話14ページタイトル文字のフォントが異なる(以下、フォント違いの指摘は省略)
0巻1話47ページ1コマ目がまるごと差し替え
0巻2話70ページ何の話→なんの話
(以下、意味合いが変化するものを除き、漢字とひらがなの違いや、数字-漢数字、送り仮名の差異は省略)
0巻3話114ページ残り香を→残穢を
0巻4話161ページ"治癒" "呪言"はどちらも高等呪術/これらを〜
→"呪言"は狗巻家相伝の高等術式/これを

0巻は特殊な位置づけで、週刊少年ジャンプで本編連載開始前に季刊増刊号のジャンプGIGAでの短期連載作品「東京都立呪術高等専門学校」を「呪術廻戦 0巻」として発売したもの。
本編を理解するために必要な内容が出てくるため、必ず読むべき。
時系列的には本編の1年ぐらい前の出来事を描いていて、8巻65話から9巻79話まで展開された過去編と、本編1話の間の話となる。なので、9巻と10巻の間ぐらいで読むのが一番良いかもしれない。0巻を最初に読んでも良い。遅くとも渋谷事変編(10巻83話〜)より前に読むのがおすすめ。

0巻での作画の修正はほとんどなし。唯一描き替えられたコマは指輪を右手につけようとしているように見えるのを左手とわかるように変更したためと思われる。明らかにこのコマだけ絵のタッチが違う。
また、セリフの一部が本編の設定に合わせて修正されている。

1巻

 巻  話  ページ 違い
1巻1話10ページ生徒会長の吹き出し外セリフが手書き文字に変更
1巻1話14ページ同上
1巻1話26ページ病院受付のセリフが手書き文字に変更
1巻1話26ページ虎杖の手書きセリフの文字が太く変更
1巻1話40ページ伏黒のセリフが手書き文字に変更
1巻1話58ページお前→オマエ
1巻2話66ページ変われるかい→代われるかい
1巻3話92ページ左下コマ、リュックの紐のトーン入れ忘れの修正
1巻3話100ページ1コマ目、構図と吹き出しは同じだが背景含め全面書き直し
1巻4話126ページ頭 イカレてんだよね→「頭」を削除
1巻5話143ページ伏黒の表情とポーズが違う
1巻7話172ページ見開きまるごと書き直し
1巻7話173ページ同上

「頭イカレてる」はアウトだったみたい。
172-173ページに見開き修正は納得の出来。

2巻

 巻  話  ページ 違い
2巻8話8ページ2-3コマ目、手首の模様追加(×2コマ)
2巻8話19ページ伏魔御厨子→「伏魔御厨子」(カギカッコを追加)
2巻10話57ページ3コマ目、制服ボタン位置ミス修正
2巻10話59ページ繁忙期ってやつだな→繁忙期って奴だ
2巻10話63ページ本当の"人間"なのだ→本物の"人間"なのだ
2巻10話63ページ5コマ目、垂れ前髪追加
2巻11話77ページ条件を飲む→条件を呑む
2巻11話80ページすげ変わる→すげ替わる
2巻13話108ページ真希の袖トーン忘れ修正
2巻13話120ページ1コマ目の漏瑚のポーズが違う
2巻14話127ページ術士→術師
2巻14話140ページ見開き1コマ目に全面的に加筆。線が増えて全体が暗くなっている。
2巻14話141ページ同上
2巻14話145ページ1コマ目、仁が裸足→靴を追加
2巻15話154ページ蓋棺鉄囲山→「蓋棺鉄囲山」(カギカッコを追加)
2巻15話157ページ呪師→術師
2巻15話158ページ当たるのだろう?→届くのだろう?
2巻15話158ページ当たるよ→届くよ
2巻16話176ページ2コマ目、垂れ前髪削除
2巻16話178ページ3コマ目、5コマ目を描き直し
2巻16話179ページ3コマ目を描き直し
2巻16話186ページ4コマ目、影を濃く修正
2巻16話187ページ最終コマ、背景と吹き出し以外描き直し

ミスの訂正がメインではあるが、2巻は加筆が多い。
この巻は最後のコマは例の有名な「身長(タッパ)と尻(ケツ)がデカイ女がタイプです」なのだけど、まさかこれが全面描き直しされているなんて今回調べるまで気づかなかった。構図は全く同じだけど、顔の迫力が上がってる。

3巻

 巻  話  ページ 違い
3巻18話44ページ4コマ目順平を修正(目が大きくなり髪が伸びた)
3巻19話55ページ壁のポスターにあるジャンプ50周年マークが単行本で消滅
(記念号のため、各作品にマークが隠されていた)
3巻20話68ページ1コマ目、制服の合わせ反転ミス修正
3巻20話68ページ手の内を晒す→手の内を曝す
3巻20話85ページ4コマ目、真人の服のソデを修正
3巻22話114ページ18時半…今日は11時から働いているので
→17時半…今日は10時から働いているので
3巻22話115ページ19時にはあがります→18時にはあがります
3巻23話143ページ3コマ目、真人の右目が黒→左目が黒
3巻23話147ページ4コマ目、顔を描き直し
3巻24話162ページキャストアウェイ→『キャストアウェイ』(二重カギカッコを追加)

ナナミンの定時が変わってる…。

4巻

 巻  話  ページ 違い
4巻28話60ページ離す→放す
4巻30話102ページコマ外が白から黒に変更(回想シーンなので黒が正しい)
4巻31話123ページ4コマ目、吹き出しが右端から左端に変更
4巻31話126ページ4コマ目、手すりに置いた手にトーン追加、位置と大きさも修正
4巻32話133ページ悠仁の下の「↑死亡中」の文字を削除
4巻33話161ページ京都サイド→京都校サイド
4巻34話184ページパンダか伏黒を→パンダか恵を
4巻34話191ページ4コマ目、「くっくっ」の吹き出しにツノを追加し、東堂のセリフであることを明確化

細かい修正はあるけど加筆らしい加筆はなし。
本誌で扉絵に重ねてある文字は編集部が追加した煽り文なので基本的に単行本で消えるのだけど、32話扉絵の「↑死亡中」は多分作者の指示によるものだし残しておいてよかったんじゃないかな。

5巻

 巻  話  ページ 違い
5巻35話16ページ「ビーム!?」→「なんだぁ!?」
5巻36話28ページ鼻付近に動きを表す線2本と「スンッ」の文字を追加
5巻37話47ページ「※この扉絵は東堂のイメージです」の注意書きを削除
5巻38話71ページ左手首部分に加筆
5巻40話120ページ1-2コマ目、木の葉部分にトーン追加
5巻42話163ページ「初恋も」の位置が右寄せから中央へ

あまり修正がなかった。
「東堂のイメージ」の注意書きも煽り文なのだろうけど、現時点では本当に"東堂のイメージ"かどうか判断が分かれる部分なので、その文字が消えた事自体が考察の材料になりかねない感じがする。

6巻

 巻  話  ページ 違い
6巻46話64ページ切れませんよ→斬れませんよ
6巻47話81ページ1コマ目、式神描き直し、呪霊に加筆およびトーン追加
6巻47話81ページ2コマ目、陰影を追加
6巻47話81ページ3コマ目、ボタンの色を白に修正
6巻47話85ページ2コマ目、右の人物を背中側上半身から斜め後ろ肩上に描き直し
6巻48話102ページ4コマ目、体の模様追加、枝の長さ変更
6巻49話109ページ手書き文字と作者落款を削除
(落款は他の扉絵にもあるが、単行本で一律に削除しているようなので以後は省略)
6巻50話134ページ"お花畑"のあとに「!!」を追加
6巻51話166ページ2-3コマ目、左手の武器追加
6巻51話167ページページをすべて描き直し
6巻51話167ページ私の右腕は→私の左腕は
6巻51話168ページ本誌にはない見開きページを追加
6巻51話169ページ同上
6巻52話180ページ1コマ目と3コマ目、吹き出し線のはみ出し修正

まさかの見開き追加。ページの追加は初めて。
端末を二台並べて比較していてぜんぜん違う内容になってページ送り操作を間違えたかと思ったら、本誌にはないページが急に湧いて出てかなり驚いた。
修正も多い。

7巻

 巻  話  ページ 違い
7巻53話24ページ見開き部分、背中の数字を削除
7巻54話37ページ1コマ目、帽子に文字追加
7巻55話56ページ5コマ目、4人の配置変更、輪郭のみの描写から服と髪を追加
7巻55話58ページ3コマ目、4人のディテール追加
7巻56話74ページ5コマ目、吹き出し線のはみ出し修正
7巻56話81ページ4コマ目、似顔絵を吹き出し左上から右下に変更
7巻56話84ページ3コマ目、背景レイヤーのズレ修正(本誌だと背景とコマ枠の間に白い隙間ができている)
7巻56話85ページ4コマ目、同上
7巻56話85ページ6コマ目、同上
7巻58話117ページ5コマ目、汚れ除去
7巻58話126ページ2コマ目、擬音サイズ縮小
7巻59話139ページ1コマ目、末尾の「気色悪ィ」を削除
7巻60話166ページ常軌を逸した→常軌を逸し
7巻60話166ページ駆け込んだ→駆け込む
7巻60話167ページ行われたのか→行われ
7巻61話173ページ2コマ目、服の修正
7巻61話179ページ見開き3コマ目、ベタ塗り漏れ修正
7巻61話186ページ文字とかぶる金槌に白い輪郭線追加
7巻61話186ページ左手首に釘と血を追加
7巻61話191ページ2コマ目、左腕をソデなしに修正

結構修正が多い。
84-85ページは、なんで背景書き直しているんだろうと思ったが、よく見ると背景自体は同じで位置がずれているだけだと気づいた。デジタルだからこそ発生したミスだし、デジタルだからこそ直せるミスでもある。

8巻

 巻  話  ページ 違い
8巻62話13ページ背中の顔を追加
8巻63話34ページ2コマ目、右胸のボタン削除(本来は左側)
8巻65話70ページ木の葉の色修正
8巻65話81ページ"帳"は→"帳"は?
8巻65話83ページ3コマ目、吹き出し線のはみ出し修正
8巻67話118ページ医者見せる?→医者診せる?
8巻67話129ページ39:40:56→47:40:56
8巻68話132ページ残り39時間→残り47時間
8巻68話134ページ1コマ目、3人とも描き直し。背景は修正なし。
8巻69話166ページ4コマ目、セリフに「みたいなもんで」を追加
8巻70話184ページ2コマ目、左の人物のズボンにトーン追加

時間が修正されているが、修正前だと直後の展開と辻褄が合わなくなる。
この時間の矛盾に連載読んでる時点で気づいた人どれくらいいるんだろう。

9巻

 巻  話  ページ 違い
9巻71話13ページ39:40:56→47:40:56
9巻72話37ページ1コマ目、左の人物の口元のトーンが欠けているのを修正
9巻74話76ページ反転術式か!!→反転術式!!
9巻78話156ページ4コマ目、服の白い部分を削除(おそらくボタンの左右間違い)
9巻79話180ページ3コマ目、文字の囲いを吹き出しから四角に変更

他の巻と比べると修正少なめ。

10巻

 巻  話  ページ 違い
10巻80話15ページイラストで示された連絡手段の3つ目を追加(本誌掲載は上の2つのみ)
10巻80話16ページ2コマ目、服のデザイン修正、影を追加
10巻81話29ページ1コマ目、パイプのディテール追加
10巻81話37ページ4コマ目、頬の傷跡追加
10巻81話36ページ3コマ目、服のデザイン修正
10巻83話72ページ(昇級査定保留中)→(準2級術師)(昇級査定保留中)
10巻83話75ページ2コマ目、手前の人物が動いて見えるように残像追加
10巻83話84ページ副都心線ホーム→B5F副都心線ホーム
10巻83話85ページ東京メトロB5F→東京メトロ渋谷駅
10巻84話93ページ赤血操術→「赤血操術」(カギカッコ追加)
10巻84話97ページ領域→「領域(カギカッコ追加)
10巻84話98ページ展延→展延」(カギカッコ追加)
10巻84話102ページ獄門彊→獄門疆(漢字間違い)
10巻84話102ページ言ったハズだそ→言ったハズだぞ(濁点追加)
10巻86話141ページ今は 名前なんてどうでもいい
→順平もそう 呼んでいたような… いや 今は 名前なんてどうでもいい
10巻86話146ページ2コマ目、吹き出し右のベタ塗り忘れ修正
10巻88話170ページ1コマ目、柱の奥にいるはずの人たちが、柱よりも手前に描かれているのを修正
10巻88話172ページ同上

15ページの連絡手段追加で、三輪ちゃんが出て嬉しい三輪推しです。

102ページで「逃げるなと言ったはずだぞ」110ページで「逃げんなっつったのはオマエらの方だろ」という台詞があるが、その前やりとりで一度も「逃げるな」というセリフがなく、単行本でも修正されていない。その代わり、単行本のおまけページで「言ってなくない!?」「言ってないって!!」とツッコミを入れている。
アニメだとどうするんだろう。話の流れ的に83話と84話の間で逃げるなよと言ってたとするのがスムーズか。

11巻

 巻  話  ページ 違い
11巻89話14ページ見開きページ全面描き換え
11巻89話15ページ同上 + 2コマ目に擬音追加
11巻90話30ページコマ枠外を白から黒に変更
11巻90話31ページ1コマ目、頭部の縫い目追加
11巻90話43ページ3コマ目、服のトーン追加
11巻90話43ページ写る→映る
11巻91話53ページ1コマ目、顔の血痕追加
11巻91話69ページ3コマ目、耳に装着している物体を追加
11巻92話78ページいいニュースだ!!→いいニュースダ!!
11巻92話86ページ総力上げて→総力挙げて
11巻93話99ページ1-2コマ目、耳に装着している物体を追加
11巻93話105ページ4コマ目、同上
11巻96話160ページ1コマ目、パーカーの紐追加
11巻96話162ページ2コマ目、パーカーの紐追加
11巻97話185ページ2コマ目、吹き出し枠線のはみ出し消去

耳のあれが忘れ去られがち。途中から完全に描かれなくなるが、外してポケットに入れたっぽい。
見開きの全修正は構図はほぼ同じで丁寧に描き直している感じ。

12巻

 巻  話  ページ 違い
12巻98話24ページ松涛文化村ストリート→松濤文化村ストリート
12巻99話28ページ1コマ目見開き、背景以外描き直し
12巻99話29ページ同上
12巻99話30ページ飽き飽きしてたんだ→飽き飽きしてたの
12巻99話33ページノータリンかよ→ナメプかよ
12巻99話43ページ1コマ目、人物と影を描き直し
12巻99話44ページ1コマ目、左の人物をポーズも含め描き直し
12巻100話49ページザッサッ→ザッザッ
12巻100話49ページ5コマ目、背景の塗りレイヤーのズレ修正(右上にずれて線画からはみ出していた)
12巻101話81ページ音速にも及ぶという→音速をも超える
12巻101話87ページ4コマ目、壁の傷を追加
12巻102話106ページ真骨鳥の「鳥」に傍点追加
12巻104話133ページアイデアがある→アイデアがあル
12巻104話144ページ1-2コマ目、模様の矢印の向きを反転
12巻104話148ページ右にずれた背景レイヤーの位置修正
12巻105話159ページ3コマ目、左右の腕の色が逆転していたのを修正

背景レイヤーのズレが結構ある。よく見ると修正前は不自然な部分があるが意外と気づかないもんだ。
ノータリンはNGだったようだ。悪口は「寝不足か?毛穴開いてんぞ」ぐらいにしておこう。

81ページの修正が気になったので調べたら、工業用のウォータージェットカッタが音速の3倍(マッハ3)だそうなので、「音速にも及ぶ」だと弱く感じる。

13巻

 巻  話  ページ 違い
13巻107話16ページ2コマ目、顎の線が途中で切れているのを修正
13巻109話58ページ4コマ目、左腕袖の長さ修正
13巻109話61ページ1コマ目、右腕袖の長さ修正
13巻109話67ページ2コマ目、穴の中の風景が変更
13巻110話75ページ空けさせて→開けさせて
13巻110話76ページ継続した しかし永遠ではない→継続する
13巻111話110ページ4-5コマ目、表面に模様を追加
13巻112話114ページ3コマ目、背中の服の破れを追加
13巻112話114ページ中には→中には最低でも
13巻113話146ページ4コマ目、左手の武器追加
13巻114話163ページ4コマ目、下半身等を部分的に描き直し
13巻114話170ページ見開き1コマ目、爪のベタ追加
13巻114話171ページ見開き1コマ目、左手首の模様追加
13巻115話177ページ1コマ目、爪のベタ追加
13巻115話179ページ1コマ目、背中の服の破れ追加
13巻115話185ページ4-5コマ目、手首の模様追加

顔や体に模様があるキャラがいたり、服が破けている人がいたり大変ですね。
アニメ化に伴う仕事の増加でだいぶ大変そう。

14巻

 巻  話  ページ 違い
14巻116話8ページ背中の服の破れ追加
14巻116話14ページ左手甲の模様追加
14巻116話16ページ2コマ目、左下の空白吹き出しに「……」を追加
14巻116話16ページ3コマ目、左下の口元の模様追加
14巻116話24ページ1コマ目、首の模様追加
14巻117話45ページ2コマ目、胸のボタン追加
14巻117話45ページ3コマ目、模様追加
14巻118話62ページ3コマ目、服のトーン追加
14巻118話63ページ4コマ目、頭部についているものの角度を変更
14巻119話75ページ無生物には→呪力のないモノには
14巻120話91ページ5コマ目、背中の服の破れ追加
14巻120話94ページ文字なしの黒塗りコマ(1コマ目)に文字を追加
14巻120話99ページクァンタン→クアンタン
14巻120話105ページ2コマ目、左手と武器を追加
14巻120話106ページ1コマ目、背景含め描き直し
14巻121話118ページ4コマ目、顔の傷を追加
14巻122話144ページ背景レイヤーをやや下に移動
14巻122話145ページ同上
14巻122話145ページ1コマ目、縫い目を追加
14巻123話158ページ左上のコマ、右足のベタ追加
14巻123話159ページ1コマ目、左下の棘を少し伸ばした
14巻123話161ページ1コマ目、顔の血痕追加
14巻123話162ページ3コマ目、背景を黒に変更
14巻123話162ページ4コマ目、ベタフラッシュと武器を追加
14巻123話167ページ2コマ目、血しぶき追加
14巻123話169ページ1コマ目、文字を囲んだ白枠を削除し、コマに直接文字を配置
14巻124話173ページ3コマ目、棘にトーンと血糊を追加

ミス修正が多いものの、それ以外の加筆もある。
105ページの修正は…うん。見てください。
どちらかというと106ページの描き直しにぐっときた。
本誌を定期購入していなくて比較したい人は電子版ジャンプを単品を買うのもあり。120話はジャンプ2020年40号に載ってる。

15巻出たら追記します。

15巻

※15巻出たので追加
これ以降は固有名詞も書いていくので未読の人はネタバレ注意

 巻  話  ページ 違い
15巻125話11ページ4コマ目、道や草木の上に積雪を追加
15巻125話22ページ2コマ目、狗巻の椅子に肘置き追加
15巻125話22ページ3コマ目、完全に描き直し(表情変更、目を閉じる)
15巻126話29ページ3コマ目、金額を手書きからフォントに変更
15巻127話56ページ3コマ目、右下隅のベタ塗り忘れ(制服)修正
15巻127話57ページ1コマ目、もみあげベタ塗り忘れ修正
15巻127話60ページ5コマ目、虎杖の顔の傷追加
15巻128話71ページ2-3コマ目、メカ丸端末のおでこの模様追加
15巻128話72ページ2コマ目、同上
15巻128話73ページ1コマ目・4コマ目、同上
15巻128話73ページ1コマ目・4コマ目、同上
15巻128話75ページ1コマ目・3コマ目、同上
15巻128話81ページ3コマ目、モノローグ2段落目の位置を右寄りから中央に変更
15巻129話107ページ4コマ目、「虎杖を除外して領域を展開する技量は俺にはない」
→「一度領域から除外という手段を晒している虎杖に同じ手は通じないだろう」
-SP番外編-2020年50号収録、単行本収録なし
15巻132話157ページ1-2コマ目、「逕庭拳」にカギカッコ追加
15巻132話160ページ見開き1コマ目、背景のぼかしを軽減
15巻132話161ページ同上
15巻132話165ページ1コマ目、真人の腹の傷を追加
15巻132話167ページ1コマ目、真人の腹の傷の位置を変更
15巻132話168ページ1コマ目、同上
15巻132話170ページ2コマ目、同上
15巻132話171ページ1コマ目、同上
-SP番外編-2021年2号収録、単行本収録なし

模様書き忘れと傷の位置の左右間違いのせいで修正量多め。
アニメ化作業とファンブック作業で手が回らなかったのか、単行本に収録されない番外編が2回掲載されている。いずれファンブック第二弾や短編集的なものが出るときに掲載されるだろうか。

129話のミスは割とクリティカルで、以前の話と整合性が取れなくなっている。そのため、掲載当時にお詫び文も出てる。

なお、ファンブックもミスが多かった模様。
お詫びと訂正/「呪術廻戦 公式ファンブック」内の誤植につきまして


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -