2021年02月12日

藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く

藤子・F・不二雄の「ノスタル爺」という作品がある。
1974年に、藤子不二雄Aとのコンビを解消する前の藤子不二雄名義で発表された28ページのSF短編で、ネット上では「抱けえっ!!抱けっ!!抱けーっ!!抱けーっ!!」のコマだけが妙に有名な作品だ。

nostalgi0.jpg

ドラえもん公式サイトで2021年2月13日までの期間限定で無料配信されている。

現在入手可能な短編集では「藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(2)定年退食」に収録されている。

あらすじ

この作品あらすじはこうだ。

学徒動員で戦地に送られた浦島太吉は、ジャングルで30年過ごしたあと帰国したものの、出兵前に結婚した妻の里子はすでに他界していた。故郷の村はダムの底に沈み、村人は散り散りになり、「土蔵の爺さま」が亡くなっていることを知る。
太吉は自身が戦地で死亡したことになっていたにも関わらず再婚を断り続けていた里子を思い、結婚するべきではなかったと嘆く。祝言の日に里子と交わした会話や、「土蔵の爺さま」のことを思い出しつつ、ダム湖の水際まで向かう。
水没していたはずの樫の木の根本で中学時代の思い出に浸っていると、漠然とした予感が膨れ上がり村のあった場所に駆ける。そこにはかつての村の姿があった。幼い頃の里子を見つけ思わず抱きしめると、不審者として村人たちからふくろだたきにされ、浦島家に連行される。
太吉は父親に村から出ていくよう諌められるが村にとどまることを懇願し、土蔵に閉じ込められることになった。ひげだらけになった太吉は、土蔵の外から聞こえる幼い里子と太吉の会話に耳を傾けながら笑みを浮かべた。


本作の時代背景

この作品は第二次世界大戦後30年ほど経過した1974年の作品で、その時代背景が盛り込まれている。
藤子・F・不二雄作品は普遍的に価値を持つが、さすがに半世紀前の作品となると、現在の価値観で読むと理解しづらい部分も出てくる。同じ短編集に収録された同時期発表の作品には「日本の人口は増え続け、何らかの形で人を減らす必要がある」という観点で描かれた内容のものが複数あるが、今の日本は少子化問題に直面している。

今作では冒頭でさらっと戦争から30年ぶりに帰国したことが説明されるが、これは主人公の浦島太吉は、戦後28年間グアムに潜伏し、1972年に帰国した残留日本兵の横井庄一さんがモデルになっている。読者の頭に横井さんのことがある前提で描かれているので衝撃的な事実に対して説明が簡素なのだ。

また、不可解な言動を繰り返す人間を自宅の蔵に監禁する行為は、現在ではあまり想像できない。一族に精神障害者がいることを恥とし、病院ではなく自宅や離れに監禁する「私宅監置」は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律が施行される1950年までは合法だったのである。1970年代半ばの世論としては「過去の誤った行いで、現在は認められていない処置」ぐらいの感覚だったのではないだろうか。

また、今回の無料公開版や、電子化されている「藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>」において、ループ後の太吉は「土蔵の爺さま」と呼ばれる。出版当時は「気ぶりの爺さま」と表記されていた。気が触れた、気が狂ったといった意味で、当時は問題なくても現在は差別的なニュアンスがあるための改変であろう。注意書きをつけて当時の表記のままにしてほしいものだが、児童の目に触れやすい作家なので難しいところだ。

時系列整理

本作は28ページの短い作品だが、回想シーンと現代のシーンが交互に進み、しかもその2つが途中から混ざっていく巧妙な構成になっている。
ストーリーがどのように進むのかまとめてみた。

続きを読む "藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く"

2021年01月18日

「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(14巻まで)

呪術廻戦の最新14巻(2021年1月現在)を読んだら、週刊少年ジャンプ連載版と明らかに違うページがあったので、気になって0巻から確認したら結構加筆しているっぽい事がわかった。
どっかに加筆まとめがないかなと思って調べたけどなさそうなので、がんばって調べた。これ普通気づかねえだろってレベルの違いまで探したのでほめて。

連載はジャンププラス版、単行本はKindle版を使っている。両方ともiPhoneアプリで比較した。紙の本だと版数で更に違いがあるかも。
ページ番号は多少違っているかもしれない。

電子版固有の問題なのか不明だが、ジャンプ本誌と単行本で縦横比が異なり、描かれている範囲に差がある。
本誌が横長で、単行本が縦長。そのため、両方とも原画をフルに収録できているわけではなく、断ち切りまで描かれたページは単行本のほうが左右が切れていて、ジャンプ本誌は上下が切れている傾向がある。
単行本化で左右の余裕がなくなるためか、文字が端にある場合にレイアウト調整でフォントサイズや位置、改行箇所が修正されているページが非常に多い。

jujutsu1.jpg

右のコマでフォントサイズ、吹き出しの調整が行われている。
左のコマは車と植え込みに注目すると縦横比の違いがわかりやすい。

こういった読みやすくするための微修正は2ページに1箇所以上はありそうなので、今回の調査では省略した。
全体的に単行本のほうが線が太く、トーンの色が濃いように見えるが、これが修正によるものなのか、媒体の違いに起因するものなのか不明。

また、連載時のタイトルや煽り文、広告等は基本的に含めない。単行本のおまけページも加筆とみなさない。カラーのモノクロ化も今回は取り上げない。

アニメ視聴勢に考慮し、アニメ未放送分はなるべく固有名詞を排除し、どの話数に誰が出てくるか分からなくした。…でも、このページを読もうとする人は単行本すでに読んでるよね?

まずは0巻から。

続きを読む "「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(14巻まで)"

2020年09月28日

「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い

この記事は、集英社のマンガ配信プラットフォームのジャンプ+で毎週土曜日に掲載されている「2.5次元の誘惑」が今最高に面白いのですぐに全話読めという内容であり、最新話までのネタバレが含まれる。できれば単行本を買った上でその後の連載分も全部読んでこの記事を読んで欲しいところではあるが、ネタバレによって面白さを大きく損うタイプの作品ではないので、どちらが先でもいい。

2.5次元の誘惑(リリサ)とは

この「2.5次元の誘惑」は橋本悠さんの初連載作品(※詳しくは後述)で、「誘惑」の部分には「リリサ」のルビがつく。高校2年生の主人公奥村が部長を務める所属一名の漫研に、エロいコスプレROMを作るのが夢だというヒロインの天乃リリサが訪れるところから始まる。

Webで冒頭2話が読めるから、まずは読んで欲しい…と言いたいところだが、先入観なしにこれを読むと間違いなく誤解されてしまう。サムネイルの時点でかなりアウトな感じだ。


ご覧の通り、お色気要素が強すぎるのだ。
ちなみに単行本ではWeb版での修正がなくなり隠された部分が見えていたりするのだが、iOS版アプリではWebより強い修正が入っていてエピソードによっては完全に真っ白のコマもあって何が起きているのかわからない場面もある。
22話あたりから明らかなお色気シーンが減り、最近のエピソードではiOS基準でOKの描写になっている。

修正についてわざわざ説明したのは意味があって、序盤はiOS基準のギリギリラインを狙ってお色気目的の読者を増やそうとしていたのに、最近はお色気要素を削っても十分読者を楽しめるように生まれ変わった作品なのだ。

単行本で言うと1-2巻がお色気要素多めで、3巻から大化けし、ラブコメハーレム系漫画からコスプレバトル漫画になる。コスプレバトルとは何だと言われても上手く説明できないが、むちゃくちゃ熱いバトルなのだからコスプレバトルとしか言いようがない。コスプレ四天王の一人753(なごみ)をリリサが打ち負かす4巻のクライマックスには何度も泣いた。

4巻の展開が好きすぎて、この作品で更に上を行く熱い展開になることはないだろうと思っていたのだが、裏切られた。最新58話(おそらく8巻収録)がめちゃくちゃ熱くて最高だったのだ。58話単体でも十分熱意は伝わるので、少しでも興味を覚えたのなら読んで欲しい。

続きを読む "「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い"

2020年04月08日

緊急事態宣言が発令された日の雑感

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に伴い緊急事態宣言が発令された。
私の住む福岡も宣言の対象で、当面は自宅にこもって仕事をすることになった。

世界全体を不安が覆い、ここまで影響の範囲が大きい災害は歴史的にもまれだろう。
この状況で私自身がどのような心境であったのか、どんな事を考えていたのか、記録を残すことは大事だろうと思い、頭の中に溜まった感情を吐き出すことにした。
読ませるためのものではないので、とりとめがなく、矛盾や誤解を含んだ内容となることをご了承いただきたい。

続きを読む "緊急事態宣言が発令された日の雑感"

2020年04月05日

24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った

いまから24年前、1996年4月5日にミステリィ小説「すべてがFになる」が発売された。後に、漫画化、ゲーム化、ドラマ化、アニメ化された森博嗣の代表作だ。
この作品の中で真賀田四季という人物が登場し、読者に強烈な印象を残した。
真賀田四季は、世界有数の天才として描かれ、その後の森博嗣作品にも度々登場する。

IMG_8689.jpg

作中で、真賀田四季はある事情から研究所に監禁されたような状態に長年置かれ、部屋から一歩も外に出ずに研究を行っている。その研究の一つが仮想現実、VRだ。
本作は、その真賀田四季のもとに建築を学ぶ大学生の西之園萌絵が訪ねるところから始まる(森博嗣は、建築の専門家で当時は大学の助教授だった)

仮想現実が何に役に立つのか尋ねる西之園萌絵に真賀田四季は「仮想現実は、いずれただの現実になります」と答える。

西之園萌絵も非常に頭の切れる人物で、天才同士の会話は多くの前提を省略していて、刺激的だ。VRの問題点、VRが定着した未来における建築のありかたなどが語られる
その中でVRの、現在(2020年)よりもさらに先の未来を示唆する会話が行われる。

「物質的なアクセスはなくなりますか?」萌絵は、真賀田女史の話の後半を無視して質問する。

「そうね、おそらく、宝石のように贅沢品になるでしょう。他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる。人と人が触れ合うような機会は、贅沢品です。エネルギィ的な問題から、そうならざるをえない。人類の将来に残されているエネルギィは非常に限られていますからね。人間も電子の世界に入らざるをえません。地球環境を守りたいのなら、人は移動すべきではありません。私のように部屋に閉じ籠もるべきですね。

続きを読む "24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った"

2019年11月20日

例の裁判の判決を傍聴した

昨年のこちらの記事の続きの話。
6月24日の事件について | N-Styles

まずは裁判の様子を記録として残し、感想は記事後半でまとめて書きます。

IMG_7408.jpg


公的には「建造物侵入,殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反(事件番号 平成30年(わ)1145号)」として扱われる本件の裁判は、福岡地方裁判所で2019年11月11日から15日までの4回の裁判員裁判が行われ、11月20日に判決が言い渡された。

福岡地方裁判所は新築の合同庁舎内にあり、事件発生後に移転したばかり。
福岡市中央区六本松にあり、被告が大学入学時に通っていた九州大学六本松キャンパスの跡地である。

裁判員裁判は傍聴券が配布され抽選となっていたが、判決は1階にある大きな法廷が割り当てられ抽選なしの先着順となっていた。100席弱の傍聴席がある101号法の最前列は記者席に割り当てられ、記者席数よりも多くの記者が傍聴に訪れていた。スケッチブックを持った法廷画家と思われる方もいた。一般席は70席程度あったが、1/3ほどが空席となっていた。

15時からの判決言い渡しの前に、2分ほどテレビ局の撮影が入り、その後に被告が入場した。
スーツ姿でスリッパを履き、2人の係員に挟まれ、髪は短髪で整えられていた。

判決言い渡しのタイミングで、中央に出てくるように促され、裁判長と被告が相対する形となる。

裁判長は判決理由より先に、主文を述べた。

懲役18年に処す。

記者が2名が席を立ち、しばらくして戻ってきた。法廷の外で速報を打っていたようだ。

裁判長は刑期に続き、勾留日数は刑期に算入する、押収したレンジャーナイフは没収するなどの付随した情報を述べ、同じ主文をもう一度繰り返した後に被告を席につくよう促した。

犯行の内容、動機などが読み上げられ、判決理由として医師の診断内容も説明された。
責任能力はあり、下見をするなど計画性があり、執拗な攻撃が認められ、違法性を認識しており、他人を罵倒し続けたのは本人の性格の問題であり、犯行声明を出すなど善悪の判断もあり、精神的障害が犯行に影響があった可能性は否定できないものの、刑を軽減するものではないと判断された。
また、前科がなく、自首により捜査が進んだという点はあるものの、被害者は客観的に見れば単に迷惑行為を運営会社に通報したにすぎず、被告の犯行は身勝手で理不尽な動機であり、裁判中も人の死に対する考えが変わっておらず、遺族の処罰感情を考慮して、厳罰に処すことが適切だとした。

約10分間に渡る説明が行われた後に、再び主文が述べられ、閉廷となった。

被告側弁護人は閉廷後の記者からの質問に対し「判決を聞く前に、上告をしないと話をしていたが、判決後は話をしておらず上告の有無は明日接見して確認する」と答えた。

続きを読む "例の裁判の判決を傍聴した"

2019年09月18日

2019年の誕生日

毎年8月25日の誕生日のあとに頂いたプレゼントを紹介する記事を書いていて、なるべく8月中に書くようにしているのだが、いろいろと忙しく約1ヶ月遅れでの掲載になってしまった。

2011年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする
2012年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2012
2014年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2014
2015年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2015
2016年:最高の誕生日パーティをありがとう
2017年:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2018年:今年も誕生日を満喫した

今年もたくさんのプレゼントをいただき、直接お祝いもしていただいて大変感謝している。
本来は個別にお礼の連絡をするべきだろうが、この記事をもってお礼と代えさせていただきます。いつもありがとうございます。

続きを読む "2019年の誕生日"

- N-Styles -