2020年04月08日

緊急事態宣言が発令された日の雑感

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に伴い緊急事態宣言が発令された。
私の住む福岡も宣言の対象で、当面は自宅にこもって仕事をすることになった。

世界全体を不安が覆い、ここまで影響の範囲が大きい災害は歴史的にもまれだろう。
この状況で私自身がどのような心境であったのか、どんな事を考えていたのか、記録を残すことは大事だろうと思い、頭の中に溜まった感情を吐き出すことにした。
読ませるためのものではないので、とりとめがなく、矛盾や誤解を含んだ内容となることをご了承いただきたい。

続きを読む "緊急事態宣言が発令された日の雑感"

2020年04月05日

24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った

いまから24年前、1996年4月5日にミステリィ小説「すべてがFになる」が発売された。後に、漫画化、ゲーム化、ドラマ化、アニメ化された森博嗣の代表作だ。
この作品の中で真賀田四季という人物が登場し、読者に強烈な印象を残した。
真賀田四季は、世界有数の天才として描かれ、その後の森博嗣作品にも度々登場する。

IMG_8689.jpg

作中で、真賀田四季はある事情から研究所に監禁されたような状態に長年置かれ、部屋から一歩も外に出ずに研究を行っている。その研究の一つが仮想現実、VRだ。
本作は、その真賀田四季のもとに建築を学ぶ大学生の西之園萌絵が訪ねるところから始まる(森博嗣は、建築の専門家で当時は大学の助教授だった)

仮想現実が何に役に立つのか尋ねる西之園萌絵に真賀田四季は「仮想現実は、いずれただの現実になります」と答える。

西之園萌絵も非常に頭の切れる人物で、天才同士の会話は多くの前提を省略していて、刺激的だ。VRの問題点、VRが定着した未来における建築のありかたなどが語られる
その中でVRの、現在(2020年)よりもさらに先の未来を示唆する会話が行われる。

「物質的なアクセスはなくなりますか?」萌絵は、真賀田女史の話の後半を無視して質問する。

「そうね、おそらく、宝石のように贅沢品になるでしょう。他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる。人と人が触れ合うような機会は、贅沢品です。エネルギィ的な問題から、そうならざるをえない。人類の将来に残されているエネルギィは非常に限られていますからね。人間も電子の世界に入らざるをえません。地球環境を守りたいのなら、人は移動すべきではありません。私のように部屋に閉じ籠もるべきですね。

続きを読む "24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った"

2019年11月20日

例の裁判の判決を傍聴した

昨年のこちらの記事の続きの話。
6月24日の事件について | N-Styles

まずは裁判の様子を記録として残し、感想は記事後半でまとめて書きます。

IMG_7408.jpg


公的には「建造物侵入,殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反(事件番号 平成30年(わ)1145号)」として扱われる本件の裁判は、福岡地方裁判所で2019年11月11日から15日までの4回の裁判員裁判が行われ、11月20日に判決が言い渡された。

福岡地方裁判所は新築の合同庁舎内にあり、事件発生後に移転したばかり。
福岡市中央区六本松にあり、被告が大学入学時に通っていた九州大学六本松キャンパスの跡地である。

裁判員裁判は傍聴券が配布され抽選となっていたが、判決は1階にある大きな法廷が割り当てられ抽選なしの先着順となっていた。100席弱の傍聴席がある101号法の最前列は記者席に割り当てられ、記者席数よりも多くの記者が傍聴に訪れていた。スケッチブックを持った法廷画家と思われる方もいた。一般席は70席程度あったが、1/3ほどが空席となっていた。

15時からの判決言い渡しの前に、2分ほどテレビ局の撮影が入り、その後に被告が入場した。
スーツ姿でスリッパを履き、2人の係員に挟まれ、髪は短髪で整えられていた。

判決言い渡しのタイミングで、中央に出てくるように促され、裁判長と被告が相対する形となる。

裁判長は判決理由より先に、主文を述べた。

懲役18年に処す。

記者が2名が席を立ち、しばらくして戻ってきた。法廷の外で速報を打っていたようだ。

裁判長は刑期に続き、勾留日数は刑期に算入する、押収したレンジャーナイフは没収するなどの付随した情報を述べ、同じ主文をもう一度繰り返した後に被告を席につくよう促した。

犯行の内容、動機などが読み上げられ、判決理由として医師の診断内容も説明された。
責任能力はあり、下見をするなど計画性があり、執拗な攻撃が認められ、違法性を認識しており、他人を罵倒し続けたのは本人の性格の問題であり、犯行声明を出すなど善悪の判断もあり、精神的障害が犯行に影響があった可能性は否定できないものの、刑を軽減するものではないと判断された。
また、前科がなく、自首により捜査が進んだという点はあるものの、被害者は客観的に見れば単に迷惑行為を運営会社に通報したにすぎず、被告の犯行は身勝手で理不尽な動機であり、裁判中も人の死に対する考えが変わっておらず、遺族の処罰感情を考慮して、厳罰に処すことが適切だとした。

約10分間に渡る説明が行われた後に、再び主文が述べられ、閉廷となった。

被告側弁護人は閉廷後の記者からの質問に対し「判決を聞く前に、上告をしないと話をしていたが、判決後は話をしておらず上告の有無は明日接見して確認する」と答えた。

続きを読む "例の裁判の判決を傍聴した"

2019年09月18日

2019年の誕生日

毎年8月25日の誕生日のあとに頂いたプレゼントを紹介する記事を書いていて、なるべく8月中に書くようにしているのだが、いろいろと忙しく約1ヶ月遅れでの掲載になってしまった。

2011年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする
2012年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2012
2014年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2014
2015年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2015
2016年:最高の誕生日パーティをありがとう
2017年:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2018年:今年も誕生日を満喫した

今年もたくさんのプレゼントをいただき、直接お祝いもしていただいて大変感謝している。
本来は個別にお礼の連絡をするべきだろうが、この記事をもってお礼と代えさせていただきます。いつもありがとうございます。

続きを読む "2019年の誕生日"

2019年08月01日

衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう

7月18日に京都アニメーション第1スタジオで起きた事件は、国内外に衝撃を与えた。
私自身も京アニ作品が好きだし、友人に京アニ関係者もおり(無事でした)、ひどく心を痛めている。

世界中から支援の輪が広がり、7月末時点で寄付金が10億を超えたという。私も京アニの口座開設と同時に1万円の寄付を行い、貯金箱に溜まっていた1万円弱の硬貨はアニメイト店頭の募金箱に投入してきた。今後も機会があれば寄付を続けたいし、彼らの作品に対してお金を使っていきたい。
※寄付の公表については8年前のこちらの記事をご参照ください
寄付は黙ってやった方がいいの?アピールしちゃだめなの?

飛び交うデマ

多くの人たちが心配する中、事件後の混乱状態で様々な情報が飛び交い、その中にはデマや根拠のない憶測が多数含まれていた。

・第1スタジオは防火基準を満たしていなかった
・普段はロックされているセキュリティがNHKの取材のために解除されていた
・NHKのディレクターと容疑者に接点があった
・容疑者から殺害予告が来ていたのに放置していた

他にも根も葉もない上交は大量に流れていたが、これらの情報はいずれも否定されている。
混乱している状況下で誤った情報が流れることは仕方がない部分はあるものの、誤った情報がなぜこれほどまでに拡散されたのだろうか。

続きを読む "衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう"

2019年07月11日

なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか

任天堂はSwitchの携帯専用新モデル「Nintendo Switch Lite」を7月10日夜に発表した。
発売は2019年9月20日、価格は税別19,980円。

従来型Switchとの主な違いは以下の通り。

・小型化・軽量化した
・コントローラが本体と一体化して取り外しできない
・Nintendo Switchドックに接続してテレビに出力する機能に対応していない
・そのため、ドックは非同梱
・モーションIRカメラなし
・HD振動に非対応
・バッテリが若干長持ち
・安い

細かい違いは任天堂のサイトの比較表を見てほしい。

発表は唐突で、公式サイト・Twitter・Youtubeなどで事前の予告もなく情報が開示された。

理由は後述するが、そろそろ発表されるタイミングだろうという予感はあった。
仕様も概ね予想通りだが、意外だったのがTVモード完全非対応という点である。別売りのドックで対応するものだと思っていたので驚いた。
しかし、よくよく考えるとTVモードに対応させないのは当然のことだと思える。
今回は、発表と発売の時期とTVモード非対応の理由について解説したい。

続きを読む "なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか"

2019年06月29日

任天堂株主総会レポート2019

毎年恒例の任天堂の株主総会レポートです。
一つ前の記事でも記載している通り、長期休暇を取って旅行の行程の最後に株主総会を組み込んだ(というか、株主総会に旅行を追加した)結果、帰宅後に疲れ切って寝ていたので記事の掲載がだいぶ遅れてしまった。

今回は、古川社長が議長を務める最初の株主総会となる。
だいたい毎年天気が悪くて、今年も雨。

IMG_6569.jpeg
駅から任天堂までの道のりは交差点ごとに案内板を持った社員が立っている

毎年のお約束事項だが、現地での不正確なメモを元に記事を書いており、聞き間違いや誤解が含まれる可能性があるため、正確な情報を知りたい方は後日任天堂のサイトに議事録が掲載されるのを待つことを強くお勧めする。

いままでの総会との違い

任天堂の株主総会は、任天堂の研究開発棟の最上階にあるホールで行われ、役員たちの席と株主たちの席が向かい合う形で配置される。
今回は、役員たちの席の前に長テーブルが置かれ、大量のamiiboが並べられていた。

IMG_6575.jpeg

このamiiboについては、質疑応答の際に確認したところ、任天堂IPの活用の例として展示したとのこと。
去年の総会で「総会後に体験会をやってほしい」と提案があり、「ご意見として承ります」とスルーされていた。会場の用意やコスト面で無理があることは明らかだったが、できる範囲で努力した結果がこの展示だったのかもしれない。

あとは、宮本さんが珍しくメガネを装着していた。老眼が進んだのだろうか。

続きを読む "任天堂株主総会レポート2019"

- N-Styles -