2019年09月18日

2019年の誕生日

毎年8月25日の誕生日のあとに頂いたプレゼントを紹介する記事を書いていて、なるべく8月中に書くようにしているのだが、いろいろと忙しく約1ヶ月遅れでの掲載になってしまった。

2011年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする
2012年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2012
2014年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2014
2015年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2015
2016年:最高の誕生日パーティをありがとう
2017年:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2018年:今年も誕生日を満喫した

今年もたくさんのプレゼントをいただき、直接お祝いもしていただいて大変感謝している。
本来は個別にお礼の連絡をするべきだろうが、この記事をもってお礼と代えさせていただきます。いつもありがとうございます。

続きを読む "2019年の誕生日"

2019年08月01日

衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう

7月18日に京都アニメーション第1スタジオで起きた事件は、国内外に衝撃を与えた。
私自身も京アニ作品が好きだし、友人に京アニ関係者もおり(無事でした)、ひどく心を痛めている。

世界中から支援の輪が広がり、7月末時点で寄付金が10億を超えたという。私も京アニの口座開設と同時に1万円の寄付を行い、貯金箱に溜まっていた1万円弱の硬貨はアニメイト店頭の募金箱に投入してきた。今後も機会があれば寄付を続けたいし、彼らの作品に対してお金を使っていきたい。
※寄付の公表については8年前のこちらの記事をご参照ください
寄付は黙ってやった方がいいの?アピールしちゃだめなの?

飛び交うデマ

多くの人たちが心配する中、事件後の混乱状態で様々な情報が飛び交い、その中にはデマや根拠のない憶測が多数含まれていた。

・第1スタジオは防火基準を満たしていなかった
・普段はロックされているセキュリティがNHKの取材のために解除されていた
・NHKのディレクターと容疑者に接点があった
・容疑者から殺害予告が来ていたのに放置していた

他にも根も葉もない上交は大量に流れていたが、これらの情報はいずれも否定されている。
混乱している状況下で誤った情報が流れることは仕方がない部分はあるものの、誤った情報がなぜこれほどまでに拡散されたのだろうか。

続きを読む "衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう"

2019年07月11日

なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか

任天堂はSwitchの携帯専用新モデル「Nintendo Switch Lite」を7月10日夜に発表した。
発売は2019年9月20日、価格は税別19,980円。

従来型Switchとの主な違いは以下の通り。

・小型化・軽量化した
・コントローラが本体と一体化して取り外しできない
・Nintendo Switchドックに接続してテレビに出力する機能に対応していない
・そのため、ドックは非同梱
・モーションIRカメラなし
・HD振動に非対応
・バッテリが若干長持ち
・安い

細かい違いは任天堂のサイトの比較表を見てほしい。

発表は唐突で、公式サイト・Twitter・Youtubeなどで事前の予告もなく情報が開示された。

理由は後述するが、そろそろ発表されるタイミングだろうという予感はあった。
仕様も概ね予想通りだが、意外だったのがTVモード完全非対応という点である。別売りのドックで対応するものだと思っていたので驚いた。
しかし、よくよく考えるとTVモードに対応させないのは当然のことだと思える。
今回は、発表と発売の時期とTVモード非対応の理由について解説したい。

続きを読む "なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか"

2019年06月29日

任天堂株主総会レポート2019

毎年恒例の任天堂の株主総会レポートです。
一つ前の記事でも記載している通り、長期休暇を取って旅行の行程の最後に株主総会を組み込んだ(というか、株主総会に旅行を追加した)結果、帰宅後に疲れ切って寝ていたので記事の掲載がだいぶ遅れてしまった。

今回は、古川社長が議長を務める最初の株主総会となる。
だいたい毎年天気が悪くて、今年も雨。

IMG_6569.jpeg
駅から任天堂までの道のりは交差点ごとに案内板を持った社員が立っている

毎年のお約束事項だが、現地での不正確なメモを元に記事を書いており、聞き間違いや誤解が含まれる可能性があるため、正確な情報を知りたい方は後日任天堂のサイトに議事録が掲載されるのを待つことを強くお勧めする。

いままでの総会との違い

任天堂の株主総会は、任天堂の研究開発棟の最上階にあるホールで行われ、役員たちの席と株主たちの席が向かい合う形で配置される。
今回は、役員たちの席の前に長テーブルが置かれ、大量のamiiboが並べられていた。

IMG_6575.jpeg

このamiiboについては、質疑応答の際に確認したところ、任天堂IPの活用の例として展示したとのこと。
去年の総会で「総会後に体験会をやってほしい」と提案があり、「ご意見として承ります」とスルーされていた。会場の用意やコスト面で無理があることは明らかだったが、できる範囲で努力した結果がこの展示だったのかもしれない。

あとは、宮本さんが珍しくメガネを装着していた。老眼が進んだのだろうか。

続きを読む "任天堂株主総会レポート2019"

2019年06月25日

ちょっと旅行に出ております

毎年6月下旬の平日に京都に行く用事があるため、ここ数年連続で有給休暇を取得しているのだけど、今年は有給取得義務化の流れで5連休取ることになり、前後の休みと合わせて9連休となってしまった。

特に予定を入れずに家でゴロゴロして積んでるゲームを消化しようかなと考えていたのだけど、ちょうどいい感じのタイミングで複数人から遊びや食事に誘われることとなり、東京大阪京都を巡ることになった。
現在、新宿のカフェでこの記事を書いている。

最近blogを書くことをサボっていたし、せっかくなので淡々と旅行の記録を残しておこうと思う。

続きを読む "ちょっと旅行に出ております"

2019年04月23日

キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想

4月22日深夜にKING OF PRISM -Shiny Seven Stars-(キンプリSSS)の第2話が放送された。
…とは言っても、私のいる福岡では放送していないし、BSやネット配信もまだなので現時点では見られていない。
前回も書いたが、キンプリSSSは3話ずつ劇場で先行公開され、現在第3章(7-9話)が上映中である。テレビ放送で放送前特番の0話と序章である1話が終わり、第2話からが本編だ。
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて

前々から、「劇場版とテレビ版は少し違う」「両方楽しめるようにする」といったことを製作者サイドが言っていて、実際に放送された第1話は数箇所の作画修正が施されていた。
冒頭のルヰの「はじまるよ」のセリフの部分のBGMが大きくなったり、シュワルツローズの風呂場で自撮りなのになぜかフラッシュを焚いているというミスが直されていたり、涼野家の壁に飾ってある集合写真が違っているという間違い探しのような修正もあった。劇場版で膝下あたりで切れていた写真が、つま先まで写っていて、あんとわかなの二人がカヅキの足を踏んでいることがテレビ版で初めて分かるという仕掛けになっている。

第2話では決定的な変更が行われた。
エンディング曲が変わったのである。

第1話は、最後にオープニングが流れるため、エンディングが用意されていなかったのだが、太刀花ユキノジョウをピックアップした第2話は、太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬さんが歌う「寒い夜だから… 」が流れた。
1993年にCDが発売されたtrfのシングルのカバーである。

このアニメについて知らないと、なぜTRFが?となりそうだが、前日譚であるプリティーリズム・レインボーライブのころからTRFとコラボしていて、「BOY MEETS GIRL」「EZ DO DANCE」「CRAZY GONNA CRAZY」が主題歌や劇中歌として使われている。さらに、登場人物の一人であるDJ COOはTRFのDJ KOOをモデルにしたキャラである。

第2話放送直後に公式Twitterで11枚連続発売、3話目以降もエンディング曲がTRFカバー曲であることが発表された。


Blu-ray4枚+主題歌CD+キャラソンCD11枚というだいぶエグいお布施が必要になった。
未発表だけど他にもサントラとか設定資料集とか出るはずだよね…。

KOP_BD_CD.jpg
商品情報 | 「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」公式サイト

世代的にTRFのブレイクしていた時期によく音楽番組を見ていたので、主要曲はだいたい頭に入っている。
せっかくなので、第3話以降のED曲を予想してみることにした。
たぶん知名度重視で行くのでシングル曲メインになるだろう。アルバム曲は使われたとしても1,2曲だろう。そもそもアルバム曲そんなに知らないのでシングルのみに絞った。

3話以降のストーリーに対して若干ネタバレ要素があるのでご注意。

続きを読む "キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想"

2019年04月16日

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて

4月16日1時35分にKING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話がテレビ東京・テレビ愛知で放送される。
テレビシリーズは全12話で、3話ずつ4章に分けて映画館で先行上映されるというかなり特殊な公開方法を採用しているため、今回放送の第1話は1ヶ月以上前に鑑賞済みだ。現時点で第3章(7-9話)まで上映されている。

IMG_5453.jpeg

KING OF PRISMはキンプリと略すのが一般的だが、どこかのアイドルグループとバッティングしてしまい、様々な別の略称が自然発生して公式にスッスッスという謎略称が提案されるもいまいち定着せず、SEOが重要な現代において割と困ったことになっている作品だ。とりあえず本記事において、今回テレビ放送されるシリーズはキンプリSSSと呼ぶことにする。

2013年にテレビ放送されたアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」が大本で、スピンオフである2016年公開の劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(通称キンプリ)と、2017年の「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(通称キンプラ)に続く、KING OF PRISMシリーズとしては第3作となる作品がキンプリSSSだ。

本記事は、キンプリSSSの第3章、9話までのネタバレを含むのでご注意いただきたいが、キンプリも「『巨大な剣を鋼の腹筋で跳ね返してケツからはちみつが出てハリウッド行きの電車に乗って星座になった』というネタバレを見て映画館に行ったけど、実際にそのとおりの映像が流れたのに、想像と全然違った」という感想があったし、キンプラの最大のネタバレが「地球は黄色い」だったり、ネタバレを見ても見なくても意味がわからない作品なので、あまり気にせずネタバレを書きまくることにする。細かい用語解説は省いているので途中でわからない単語があっても「なんかよくわからんこと書いてるな」と読み飛ばしてほしい。
推敲なしで書きなぐっているので読みづらい部分はご容赦いただきたい。

私とキンプリとの関係については、前作の感想や関連記事も合わせてご参照いただきたい。
私はキンプラに殺された

続きを読む "KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて"

- N-Styles -