i-Mode Version is here/携帯電話での閲覧の場合はこちら

2015年02月24日

熟成された濃密な辛口「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D」レビュー

NINTENDO64ソフト「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」が発売されたのは2000年4月27日、いまから15年前だ。前作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」が1998年11月21日に発売されて、わずか1年5ヶ月でのリリースである。
社長が訊く」でも触れられているが、延期を繰り返して長時間待たせた時のオカリナの反省があり、わずか1年で開発するために時のオカリナの3Dモデルを流用して、このムジュラの仮面が開発された。

mjr3d1.jpg

同じ3日間を何度も繰り返すという、この作品の最大の特徴は開発期間の短縮のために生まれた。独特のシステムゆえに、不具合も多く、開発期間の短さからか謎解きに不親切な部分が多く見られ、時のオカリナと比べて評価が分かれる作品となった。好きな人はとことん好き、嫌いな人は途中で投げ出してしまうゲームだった。

ムジュラの仮面は当然発売日に買ったし、当然クリアもしたが、何度も何度もクリアした時のオカリナと比べると一歩劣ると感じていた。ダンジョンの謎解きでどうしてもわからない部分が出てきて、タイムリミットが迫って最初からやり直しになるのが苦痛に思えたし、謎が解けても「あー、そういうことか」とスッキリするのではなく「そんなのわかんねーよ」と理不尽に感じることが多かった。だから、人に薦めるのは躊躇してしまう作品だと感じていた。「面白いけど、ちょっとしんどいよ」と。

それでも、独特の雰囲気と狂気に満ちた世界や、ゼルダシリーズにしては珍しい込み入った人間ドラマは大好きだし、理不尽さを取り去ったリメイクをずっと待ち望んでいた。

ニンテンドー3DS用のリメイク開発が始まったのは、同じくリメイクである「時のオカリナ3D」が発売された半年後の2011年末。1年ちょっとで作られた作品のリメイクに3年以上の開発期間を費やしているのである。

mjr3d2.jpg

社長が訊くの中で、オリジナル版のダメな部分をリストアップし、それを一つ一つ潰していったことが語られている。
「理不尽さは取り除くけど、歯ごたえは取り除かない」という方針で、オリジナル版の倍以上の時間をかけられた丁寧なリメイクが作られた。

結論から言うと、この3DS版は間違いなくオススメだ。今まで敬遠していた人、クリアできなかった人、クリアしたけどそれ以降遊んでいない人、何度もクリアした人、全員にお勧めできる。

実際に遊んでみると「あれ?こんなに遊びやすかったっけ?」と思える場面が度々ある。

スムーズな視点移動で、次に行くべき場所が自然と示される。Newニンテンドー3DSではCスティックで視点変更が可能だが、どうしても周りを見回したいとき以外は使わないほうがプレイしやすい。基本的に、オートカメラに従って画面の奥に向かって進めば次のイベントが起きるようになっている。

特定の人物の行動を記録する「団員手帳」はハートのかけらが得られるミニゲームやサブイベントなどにも拡張され、あらゆるフラグが記録されるようになった。そのおかげで一度クリアしたミニゲームをうっかり再プレイすることもない。

細かい部分を上げていったらきりがないが、丁寧に丁寧に理不尽さを取り除き、プレイの密度を高め、より一層濃いゲーム体験が得られるようにアレンジされている。謎が解けるまでの時間が短くはなっているが、甘くなっているわけではない。謎解きは相変わらず辛口だ。答がわからずに無駄な行動を続ける部分がなくなっただけで、謎そのものと向き合う時間は変わらないのだ。

これは「リメイク」ではなく「熟成」と呼んでいいのではないだろうか?
別の機種で動作するようにアレンジする作業ではなく、核となるエッセンスを残しながら、丁寧に雑味を取り除き、面白さに深みを与えていく作業だ。
開発に費やした3年…いや、リメイクの開発が始まるまでの10年間以上の間、ディレクターの青沼氏が「あそこはこうしておくべきだった」と悩み続けた時間が、この人を選ぶ名作を熟成させて、万人が楽しめる至高のエンターテイメントに昇華させていったのだ。

mjr3d3.jpg

青沼さん、あなたが本当に発売したかったムジュラの仮面は取り戻せましたか?

参考:ムジュラの仮面レビュー(15年前に書いたNINTENDO64版のレビュー)

2015年02月04日

hueの記事を書いたらフィリップスの人が家に来た

先日書いた、"hue"が超絶ヤバい10の理由に思ってもみない反応があった。
hueのメーカーであるフィリップスの中の人からメールが来たのだ。
正確に言うとフィリップスエレクトロニクスジャパンのライティング事業部、要するにhueの担当部署のマーケティング担当者から家におじゃまして話を聞きたいと連絡があった。

断る理由はないので応じることにした。
最初は、なにかプロモーション用に感想や写真をとりに来るのかなと思っていたが、単にユーザの生の声を聞いた上で今後のマーケティングに活かしたいということだった。

別に1対1でもよかったのだけど、せっかくなら色んな意見が聞きたいだろうと、hueに興味を持っている友人夫婦と、hueユーザ2人も招いて座談会のような感じにセッティングした。

本題に入る前に少し前置きがある。

huehue-5.jpg

今回、hueファミリーの"ライトリボン"と"ブルーム"をいただいた。写真には写っていないが、この他に追加のランプも2個いただいている。
誤解を生まないようにあらかじめ書いておくが、もらったからhueについて肯定的に書こうというつもりはなく、フィリップス側もそのような要求をしていない。どうぞ、良いことも悪いことも自由に書いてくださいと言われている。
ただ、ユーザ側の思考として、hueが日本で盛り上がらないとせっかく買った商品の発展が進まなくなるし、便利なアプリが出てくることもないので、贔屓目で評価してしまう傾向があることは否定しない。

続きを読む "hueの記事を書いたらフィリップスの人が家に来た"

2015年02月02日

美味すぎるものを食べるとバカになる(ローストホースにて)

先週ローストホースという店に行ってきた。

その名の通り馬(ホース)の肉の料理を出す専門店だ。
馬肉を焼くためにオーダーメイドした石窯を使い、最高の馬肉を、最高の焼き加減で出してくれる。
店の場所は都内某所(住所非公開)で、看板すら出ておらず、オープン前に出資した会員とその同伴者しか予約できないシステムとなっている。

ほぼ、この1食のみの目的で飛行機とホテルの予約を取り東京に向かった。
20人ほどのグループで貸し切りをしたが、自分が最遠方からの参加だった。
店のシステム上、貸し切りということはまず発生しないのだが、参加者の約半分が会員という特殊な集団のため成立した食事会だった。

以下、料理の写真が並びます。
カメラの腕が足りないことを痛感する。実物はもっとやばい。

続きを読む "美味すぎるものを食べるとバカになる(ローストホースにて)"

2015年01月11日

"hue"が超絶ヤバい10の理由

先日書いた頭のおかしい記事でも触れたが、自宅に超絶ハイテクLED電球"hue"を導入した。

その後、使い込んでいくうちにhueが超絶ヤバいことが判明したので、どうヤバいのか広く訴えるためにhueを導入すべき理由をまとめることにした。
ちなみに店頭で販売している店は少ないのでamazonで買うといい。

部屋の印象を一変させる色相変化

簡単にいえば、hueはインターネットに繋がったLED電球だ。
スターターセットには有線LANポートの付いた本体と、3つのLED電球がセットになっている。追加用の単体LED電球も販売されているが、LED電球だけでは動作しない。
まずは、本体を家庭内LANに接続して、同じネットワークに参加したスマホやタブレットのアプリでアクセスするだけでいい。パスワード等の入力はなく、初回セットアップ時に本体のボタンを押すだけでいい。

アプリ経由で各LED電球にアクセス可能になるわけだが、単に電源をON/OFFするだけではなく、色相(英語でいうとhue)を変化させたり、明るさを変えたりできる。

hue-1.jpghue-2.jpg
hue-3.jpghue-4.jpg
hue-5.jpghue-6.jpg

電球や蛍光灯でも電球色と昼光色という色が選べるが、リアルタイムに色相を変化させられるのは今までにない体験だ。リラックスしたいとき、集中したいとき、本を読みたいとき、エロい雰囲気の時、その時の気分で色を選べる。

続きを読む ""hue"が超絶ヤバい10の理由"

2015年01月03日

最高のゆゆ式体験を求める

「ゆゆ式」という漫画がある。今回はそのゆゆ式を最高に楽しむための環境を整備することを目指した。
まずは、そのゆゆ式について説明するのがスジだが、説明が必要な人達は今回の記事のターゲットではないので割愛する。

最高の環境でゆゆ式を読み、視聴することによって魂のステージが上がり、死後、極楽浄土に行くことができ、極楽浄土では、いーとこのお豆さんを味わったり、お母さんのクローゼットを開ける事ができるらしい。
すでに極楽浄土へのチケットを手に入れていそうな人は複数いて、全てのコマを切り抜いてランダム4コマを生成するシステムを作った人(ゆゆ式を無限に楽しみたかった話 〜 ゆゆ式 Advent Calendar 2014 20日目 〜 - non117's diary)、ゆずこの靴下を網羅した人(ゆずちゃんの靴下 (ゆゆ式 Advent Calendar 2014 10日目) - 日常系ex)あたりはそろそろ昇天してもよさそうだ。

私のようなゆゆ式新参が徳を積むには最高の環境を整備しないと追いつかないと思い、最高のゆゆ式環境を整えることにした。
Kindle Cloud ReaderというKindleをPCで表示するクールなサービスがあり、58Z9Xというゆゆ式を127.0×72.1cmのサイズで表示するナイスデバイスと組みあせて、PCからHDMI出力することで最高のゆゆ式体験を得ることにした。

yuyushiki-1.jpg

4.7インチ(iPhone6Plus)、7インチ(Nexus7)、15インチ(MacbookProRetina)、58インチ(58Z9X)で、ゆゆ式4巻冒頭のカラー部分を表示した結果がこの写真だ。
残念ながら余白が多いので、最高とは言いがたい状況である。ウィンドウサイズをうまく調整すれば画面いっぱいに引き伸ばすこともできるだろうが、あまり現実的ではない。

yuyushiki-2.jpg

拡大してiPhone6Plusと比べたところ。まじでか。

そもそも58Z9XはKindle版のゆゆ式を拡大表示するデバイスではなく、アニメ版ゆゆ式を4Kアップコンバートして最高のゆゆ式映像体験をするためのデバイスだったのではないか。
気を取り直してアニメ版を見ることにする。

58インチの大画面はゆゆ式を観るために作られたと言っても過言ではなく、Blu-rayソースなら4Kアップコンバートも有効に働くので最高のゆゆ式体験ができる。
T-POINTがらみの話で、断片的な情報を元に実機を持ってもいないのに批判する人たちのせいで、色々ケチが付いているがRegza Z9Xシリーズはとてもいいテレビだ。自信を持ってゆゆ式用デバイスとして薦めたい。Z9Xシリーズはそろそろ店頭から消えつつあるので、今がちょうど底値ぐらいだろう。Z10Xは価格差の割にZ9Xとの差別化ができてない感じがする。

ただでかい画面でアニメを見るだけじゃ芸がないので、雰囲気を良くするために部屋のライティングにこだわってみた。

続きを読む "最高のゆゆ式体験を求める"

2014年12月30日

2014年買ってよかったもの

年末ぎりぎりになってしまったが、去年書いた良かった物リストがそこそこ好評だったので、今年も書くことにした。

去年の記事:2013年買ってよかったもの

Macbook PRO Retina 15インチ

2014yokatta-5.jpg

左が今回買ったもの。右は去年中古で安く譲っていただいたMacbookAir
一度性能が上がると元には戻れないと思った。快適すぎる。

iPhone6Plus

2014yokatta-6.jpg

真ん中がiPhone6Plus。左がiPhone5、右はNexus7(2013)
発売前からさんざん、でかい、でかすぎると言われていたが、実際に買ってみると、でかい、でかすぎる。3日ほどで慣れたけど。
手ぶれ補正のお陰で、光量が足りなくてもシャッタースピードを稼げるので夜景撮りに強い。

IMG_3630

New ニンテンドー3DS

2014yokatta-7.jpg

スマブラ用に購入。
フェルト風と木製風のパネルを組み合わせて使っている。手触りがとても良い。
Newになったことで、メニュー周りの性能が上がってゲームプレイが非常に快適になった。

駆け足気味に簡単に紹介したが、次は最高の買い物だったので詳しく紹介したい。

続きを読む "2014年買ってよかったもの"

2014年11月14日

長蛇の列に並んで日本一高いうどんを食べた話

おそらく、日本で一番高いであろう"うどん"を食べてきた。
どのくらい高いかというと、そのお値段は1万円である。しかも、麺は1本で具もない。
さらに食べる権利を得るために抽選があり、倍率が約5倍。

その名は牧のうどん。福岡民なら知らない人のほうが珍しい有名店の特別仕様うどんだ。

marathonudon-1.jpg

抽選を突破した1万人を超える人たちが、うどんを求めて雨の中、朝7時前から行列を作る。

marathonudon-2.jpg

待っている間に雨が上がり、朝8時20分。
25km先のうどん配布場所に向かって一斉に走りだす。

-約2時間30分後-

marathonudon-6.jpg

なんとかうどん配布場所に到達した。

marathonudon-7.jpg

自分が見た範囲では全員が走るのをやめてうどんに手を伸ばしていた。

marathonudon-8.jpg

これが1万円のうどんである。
抽選を突破し、1万円を支払い、先着7000人の制限までに25kmを駆け抜けたものだけが食べられる至高の1本だ。

marathonudon-9.jpg

太い!ツユがほとんどない!
…えっと、どうやって食うの?箸は?

marathonudon-11.jpg

あー、そういう食べ方…。

ちゅるりと胃袋に収めると、ずっしりと身体が重くなり、おいおいこれであと17km走れるのかよという気分になり、完全にペースが落ちた。
薄々感づいていたが、うどんとマラソンは致命的に相性が悪いことが実体験でわかった瞬間である。

続きを読む "長蛇の列に並んで日本一高いうどんを食べた話"

- N-Styles -