2019年04月16日

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて

4月16日1時35分にKING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話がテレビ東京・テレビ愛知で放送される。
テレビシリーズは全12話で、3話ずつ4章に分けて映画館で先行上映されるというかなり特殊な公開方法を採用しているため、今回放送の第1話は1ヶ月以上前に鑑賞済みだ。現時点で第3章(7-9話)まで上映されている。

IMG_5453.jpeg

KING OF PRISMはキンプリと略すのが一般的だが、どこかのアイドルグループとバッティングしてしまい、様々な別の略称が自然発生して公式にスッスッスという謎略称が提案されるもいまいち定着せず、SEOが重要な現代において割と困ったことになっている作品だ。とりあえず本記事において、今回テレビ放送されるシリーズはキンプリSSSと呼ぶことにする。

2013年にテレビ放送されたアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」が大本で、スピンオフである2016年公開の劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(通称キンプリ)と、2017年の「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(通称キンプラ)に続く、KING OF PRISMシリーズとしては第3作となる作品がキンプリSSSだ。

本記事は、キンプリSSSの第3章、9話までのネタバレを含むのでご注意いただきたいが、キンプリも「『巨大な剣を鋼の腹筋で跳ね返してケツからはちみつが出てハリウッド行きの電車に乗って星座になった』というネタバレを見て映画館に行ったけど、実際にそのとおりの映像が流れたのに、想像と全然違った」という感想があったし、キンプラの最大のネタバレが「地球は黄色い」だったり、ネタバレを見ても見なくても意味がわからない作品なので、あまり気にせずネタバレを書きまくることにする。細かい用語解説は省いているので途中でわからない単語があっても「なんかよくわからんこと書いてるな」と読み飛ばしてほしい。
推敲なしで書きなぐっているので読みづらい部分はご容赦いただきたい。

私とキンプリとの関係については、前作の感想や関連記事も合わせてご参照いただきたい。
私はキンプラに殺された

続きを読む "KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて"

2018年12月31日

2018年買ってよかったもの

毎年恒例のあれ。
なんか、2017年も12月31日の夜に慌てて投稿した気がするけど、今年も同じ感じになってしまった。

2017年良かったもの
2016年買ってよかったもの | N-Styles
2015年買ってよかったもの | N-Styles
2014年買ってよかったもの | N-Styles
2013年買ってよかったもの | N-Styles

続きを読む "2018年買ってよかったもの"

2018年12月21日

ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた

福岡市の映画館は、ここ数年大きな動きを見せている。
2016年のホークスタウン営業終了に伴うユナイテッド・シネマ福岡の一時閉館、2017年のビル建て替えに伴うTOHOシネマズ天神本館の閉館と、映画館の閉鎖が続き、主要シネコンはキャナルシティのユナイテッド・シネマ キャナルシティ13と博多駅のTジョイ博多の2館のみとなった。ほかは、中洲大洋映画劇場とKBCシネマ、TOHOシネマズのソラリア館と2,3スクリーンずつのミニシアターのみとなった。

ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13とTジョイ博多の2強争いで、先に動きを見せたのは、キャナルシティ13だった。
2015年のフォースの覚醒に合わせ、可動シートや雨風のエフェクトを楽しめる4DXを導入。2016年には日本初(そして2018年現在も日本唯一)の食事ができるシアター、プレミアム・ダイニング・シネマを導入した。
すでに導入済みのIMAXシアターと合わせて、13スクリーン中3スクリーンが特集上映用となった。

映画上映中に食事ができるプレミアムダイニングシネマを体験してきた | N-Styles

交通アクセスが格段にいい博多駅直上のTジョイ博多と比べて、駅から離れたキャナルシティ13は、いろいろ工夫しているようだ。4DXとIMAXはともかく、プレミアム・ダイニング・シネマはあまり客が入ってなさそう。

ドルビーシネマの衝撃

一方、オープン以来ずっとオーソドックスなスクリーンを提供していたTジョイ博多はついに特殊上映スクリーンを設置した。日本初上陸の『ドルビーシネマ』である。

続きを読む "ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた"

2018年09月13日

友達の写真を撮りたい

前回の記事で、30時間超えの誕生日パーティの話を書いた。
そのパーティで、一つ面白いエピソードがある。
基本的に参加メンバーは、キンプリで知り合った若い友人たち(※)なのだけど、10年前からの友人(会うのも10年ぶりぐらい)がひとり混ざっていた。
※過去に散々説明したので適当に過去記事見てください

彼が普段からアロハシャツを着ていて、なんとなくノリで「じゃあみんなもアロハ着よう」という流れになり、参加メンバーの大半がアロハを着てきた。
大変面白い光景だったのだが、集合写真を撮っていなかった。
あとでiPhoneを見たら、前回の記事に載せたそうめんと、雑然とした料理の写真のみ。

2018birthday-2.jpg
2018birthday-3.jpg

顔写真1枚もなかったし、アロハシャツもほとんど写ってない。

普段からこんな感じで、顔写真を撮らない。

IMG_4148.jpg

別の友人グループが東京から泊りがけで福岡に遊びに来たので、一緒にスイーツ食ったり太宰府いったり銭湯に行ったりした時の写真(途中でジャンプ版ミニファミコン買いに行った)
これで3日分なのだけど、びっくりするぐらい人が写ってない。

IMG_4149.jpg

こちらは昼に流しそうめん、夜に手巻き寿司パーティを開いたときのもの。
FGOウエハースガチャとか、セールで2000円で買ったハンモックにカエールを載せて遊んだ写真はあるが、誰も写ってない。
後で思い出しても、この日誰が来てたっけ、みたいな感じになる。
先日のアロハコーデのように、この日はなぜかパリピコーデが義務付けられ、ディズニーやUSJで売ってるカチューシャ的なものをつけてそうめんを流したのだけど、その写真もない。

IMG_4146.jpg

こちらは、ご飯食べて、花火して、銭湯に行ってFGO舞台の動画を見て寝て起きてラジオ体操してボドゲして〜みたいなことをだらだらやったときの写真で、一応人間は写ってるが、暗くてよく見えないし、またFGOウエハースを食べてる。

基本的に自分の友達はネットに詳しくて、個人情報に関する意識が妙に高い。
だから、よほどのことがない限り相手の顔を写真に収めることがない。
自撮りする趣味もないから、必然的に料理の写真やよくわからないものの写真ばかりになる。

Hagex氏の事件のこともあり、個人情報を隠す必要性は高いなと思いつつも、普段仲良く遊んでいる友達や、数年ぶりに会う友達の写真が手元にないのは寂しいものがある。
それで、以前から写真を取ろうと考えてはいたのだけど、普段撮る習慣がないので、どこかに遊びに出かけて集合写真を撮りやすそうなスポットがあったりしないかぎり撮るのを忘れてしまう。軽く食事をしたり自宅に招待した場合はほぼ撮る機会がない。

そんな中、ひとつの出来事があった。
友人が若くして亡くなったのだ。
大人数で集まったときに数回会った程度で直接的な会話もあまりしていないし、ネットでも交流もあまり深く行った記憶はないので、友人というより知人に近いが、付き合い自体は長いので結構ショックは大きかった。
コミュニティのハブになるような、広く交流をしていた人で、自分と共通の友人が非常に多く、訃報が流れたときに周囲が騒然とした感じになった。

親交のあった友人が思い出を残そうと、みんなから写真を集めるよう動いてくれた。
写真に撮られることをまったく拒絶しないタイプだったから、たくさんの写真が集まった。自分だったらそんなに写真は出てこないだろう。
それでも「この間一緒に食事したばかりなのに、料理しか撮らなかった」「あんなに遊んだのに、もっと写真を撮るべきだった」と後悔する声があがった。

訃報が流れた翌日、ちょうど故人と共通の友人たちと会う機会があり、故人の思い出話をしつつ「ちゃんと写真、残さないとね」と言ってお互いの写真を撮った。
iPhoneのインカメラを寝癖チェック以外に使ったのは久しぶりだ。

ニュースを見ていて、知っている芸能人の訃報が年々増えていると感じる人は多いだろう。
現役バリバリで亡くなる方は少なく、大抵は引退するか、活動を縮小してから亡くなる。そのため子供の頃は、活躍していた頃を知らない過去の人の訃報が多かったのが、大人になると引退済みも含め知っている芸能人が単純に増えるので、亡くなる人も増えたように感じるだけという話だ。

疎遠になる人も含め、長い人生を歩んでいけば、どんどん友人(元友人)は増えていく。
考えたくない話だが、同じ理屈で芸能人だけではなく友人たちの訃報にふれる機会が増えていくことになる。
そのときに、一緒に食べた料理の写真よりも、一緒に遊んだときの笑顔の写真を見たいと思うだろう。

まあ、死ぬ死なないの話は別として、単純にアロハ勢揃いのおもしろシチュエーションで写真を撮らなかったのがもったいなさすぎるので、今度からガンガン撮るようにします。

2018年09月05日

今年も誕生日を満喫した

すっかり更新頻度が下がってしまった当サイトなのだが、ほぼ毎年定番の記事がいくつかある。
それが「6月末の任天堂株主総会レポート」「8月末の誕生日報告」「12月末の買ってよかったものリスト」である。
というわけで、今年も誕生日を迎えたので書いていこう。
書くのが遅れたのは誕生会やらなんやで疲労が溜まって気力を失っていたため。これが加齢か…。

2011年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする
2012年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2012
2014年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2014
2015年:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする ver.2015
2016年:最高の誕生日パーティをありがとう
2017年:会場を借りて誕生日パーティを開いた

去年は会場を借りて自分の誕生日パーティーを行うという、だいぶ狂った行いをした反動で、今年はなんの予定も立てず一人でゴロゴロ過ごすのもいいかなと思っていたのに「どうせなんかやるんでしょ」みたいな感じで予定に組み込んでいる人たちが複数いたので、自宅で誕生会を開催することにした。
そして、ちょうどいい感じに誕生日を含んだ土日なので、そのままシームレスにお泊まり会に移行することに。
直近で遊んだ人たちに直接声をかけていったら参加人数が10人を超えてしまいそれ以上呼べなくなってしまった。やはり次は小さくても会場を借りるべきか…?

続きを読む "今年も誕生日を満喫した"

2018年06月29日

任天堂株主総会レポート2018

毎年6月下旬恒例の株主総会レポートをお届けする。

私が参加するようになって、6回目の株主総会である。
この6回の議長は、岩田、竹田(代打)、岩田、君島、君島、君島となっていて、君島社長としての株主総会は今回がラスト。次回からは古川新社長による株主総会となる。

IMG_3578.JPG

6回目ともなると、こういうアイキャッチ用の写真も変化がなくなり、去年の記事とほぼ同じ感じになってしまった。

毎年梅雨の季節で、今回も傘を用意していたが雨はふらず、この日の京都はひたすら蒸し暑かった。
例年、ニンテンドー3DSを持ってきて、すれちがい通信を楽しむ株主が多かったのだが、今年はほとんど見られず、自分も3DSを持ってくるのを忘れていた。

7974_2018.06.29.png

株価動向としては、品薄になるほどのSwitchの好調っぷりを背景に5万円近い株価をつけていたものの、直近のE3でのサプライズなしという部分で急激に値を下げ、昨年同時期と同じ水準に戻ってきている状態。

続きを読む "任天堂株主総会レポート2018"

2018年06月26日

6月24日の事件について

先日のHagex氏の事件の後、気持ちの整理がつかず、もやもやした状態が続いている。
自分の気持ちの整理のために吐き出していこうと思う。
書き上げたあとでこれは違うなと思い、一旦削除したのだが当時どう考えたのか書き残して風化させないことも大事だと思い、ゴミ箱からサルベージした。
あくまで自分のために書く文章であり、故人の追悼ではない。
整理ができていないので、支離滅裂な内容になるかもしれない。

福岡でHagex氏のイベントがあると知ったのは、1ヶ月ほど前のことだった。
彼のblogは時々読んでいて、近くで開催されるのであればぜひとも参加してみたいと思ってチェックしていた。
その時点では当日の予定が不透明で、別の用事が入らないようなら参加表明しようとイベントページを記録し、あとでチェックするつもりでいた。…が、すっかり忘れていた。

事件当日、旧大名小学校での事件のニュースを目にする。
セミナー講師が刺され、犯人は逃走中だという。
現場は、スタートアップ支援施設になっている。
熊本地震の際には、救援物資受け入れ施設となっていて、そのときに物資を持っていったことがある。
どんなセミナーがあって、誰が亡くなったのだろうかと遅めの夕食を取りつつ好奇心で検索したがうまく見つけられず、そうこうしているうちに、犯人確保の報が入ってきた。

それから10分ほどして福岡出身の友人から、該当するイベントはHagex氏のものではないかと連絡が来た。
自分がそのイベントを気にしていたことを友人が把握していて連絡してくれたのだ。
イベント告知から1ヶ月経過していたので、会場が同じであるということに気づけなかった。

テレビにはワールドカップの映像が流れている。
ゴールが入ったことにも気づかず、事件の情報を追いかけていた。
地元新聞社がTwitterでイベント参加者に情報提供を求めている。
ああ、これは確定だ。あのイベントだ。
複数人の講師が登壇するイベントではない。被害者もHagex氏で間違いない。
被害者の実名報道、関係者のコメントなどから、情報がどんどん確定していく。

この時点では「身近な場所で殺人事件が起きた、イベントに参加していたら犯人とニアミスしていたかもしれない」ぐらいの気持ちでいた。
犯人の動機も、彼がblogで取り上げた企業や団体からの報復ではないかと思っていた。

Hagex氏とは面識がなく、ネット上でお互いの存在を知っている程度の関係だ。
同じ震災絡みのデマを題材とした記事を書いたことがあり、彼の記事にこちらのblogのURLが載っていたりすることもあった。
自分はネットで調べた内容をまとめて書いただけなのに、彼はデマの発信源の人物の著書を購入して引用したり、本人に質問を送ったりする行動力があり、力量の差を見せつけられた。
ただ、彼自身とは直接的なやり取りをしたこともないため、悲しみはなく、どちらかというと言論を暴力で封殺しようとした犯人への怒りのほうが遥かに大きかった。

知っている人が殺されたというのに、他人事のように俯瞰した視点で事件の情報を追っていた。
殺人事件という非日常は、ネット回線やテレビ電波を介した向こうの世界であってほしいという思いがあった。
そして、加害者が知らない人であることを願った。
裏社会関係や個人的な怨恨など、自分とは全く無関係な事件であってほしいと思った。

次々と書かれていく追悼記事を読んでいる間に、犯行声明と思われる文章が流れてきた。


ああ、なんで。
どうして、お前が。
いや、でも、こいつならやりかねん。

…知ってる人間だった。
殺意があることも理解していた。


素顔も、本名も知らない。
ネット上での名前も知らない。
こちらからコンタクトを取ったこともない。
それなのに、何度も繰り返し、一方的に罵詈雑言をぶつけてくる人間だ。

アカウントを何度削除されても再取得し、暴言をぶつけ
ときには名指しで殺害予告もしてくる人間

異常者の思考はわからないが、殺害に至った動機は推測できる
普段から攻撃対象にしている相手が、たまたま福岡に訪れた。だから刺した。

普段の言動を見るに、Hagex氏を最も恨んでいたわけではないだろう。
彼が、福岡に来て、自由に出入りできる会場で行われるセミナー講師という攻撃しやすい状態にあったからターゲットになった。

ネット上で奴が最も強く攻撃していたのは別の人物だった。自分の友人だ。
自分は、つるんでいる仲間だと認識されて攻撃を受けた。
しかし、その友人は奴のいる福岡から遠く離れてた場所にいて、顔もわからない。
だから攻撃対象から離れたのだろう。

だが、自分はどうだ?
無差別に大人数に対して攻撃を行っていた人物だが、その中でも自分は確実に個体認識されている。
ターゲットとして上位10位以内に入っている可能性は十分にある。
もし、奴が顔と居場所を把握したら?
もし、自分がイベントに参加していたら?

イベントの参加メンバーを見る限り明確にターゲットになりそうな人はいなかった。
自分が参加していたら奴は同じようにHagex氏一人を狙い撃ちにしただろうか。

殺人の現場に居合わせた可能性があるという漠然とした恐怖が、一歩間違えば被害者になったかもしれないという現実感のある恐怖に変わった。

ある意味、自分は当事者だったと言える。
当事者だからわかるが、Hagex氏はなにか誤ったわけではない。回避できる事件ではなかった。
事故や天災のようなものだ。それも、非常に稀有な。

後知恵で、容疑者に言及するべきではなかった、リアル世界でイベントをするべきではなかったということを言う人達がいる。
そうではない。
通勤途中に交通事故にあった人に「会社を休めばよかった」というようなものだ。

今回の件で、日本のネット言論が萎縮しないことを願っている。


- N-Styles -