2017年11月03日

スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて

コンシューマゲーム業界は、常に次の世代のゲーム機について研究を行っている。2015年に亡くなった岩田前社長は、生前に任天堂が次世代機Switchを使ってどういったビジネスをしていくかプランを組み立てていて、現在の任天堂はその計画に沿って事業を展開している。まだ、ハードウェアに関しては岩田さんの影響が残った状態だ。
しかし、ゲームソフトについては発売のギリギリまで仕様を練りこむ必要がある。そうして作られた2017年のソフトには、岩田さんの影響があまり残っていないはずだ。ポスト岩田体制を構築し、任天堂は大きな転換期を迎えている。

この2年間、ポケモンGOフィーバーのお陰で株価は上昇ムードだったものの、任天堂の据え置きゲーム機の状況は芳しくなかった。Splatoon以降の、いまいちパッとしないWii Uのソフトラインナップと、前年比でマイナスになり続ける売り上げに「コンシューマビジネスは終わりだ」「スマートデバイスへの転換が必要だ」と任天堂に対する風当たりが強くなる中、Switchが発売された。同時発売の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(BotW)』は、任天堂の新しい風を感じさせ、風評を吹き飛ばした。荒れ野から若々しい芽が萌え出し、一気に天に突き抜けるような大樹に成長した姿は、まさに野生の息吹、ブレスオブザワイルドだった。一時期は、前代未聞の装着率1.0超えを記録した。Switch本体よりもゼルダのほうが売れているという異常事態である。ハードを手に入れられなかった人たちが先にソフトを入手したり、限定版目的で複数本購入したのであろう。まさに、キラータイトルだ。

Switchは、ゼルダという大樹に支えられて素晴らしいスタートダッシュを切った。しかし、1本の大樹で保持できるほどゲーム業界はイージーモードではない。第二、第三の柱が必要である。ゼルダに続いてリリースされたマリオカート8DX、ARMS、Splatoon2、どれも素晴らしい作品であった。特にSplatoon2は国内において9月末時点で195万台のSwitch本体に対し、実に75%もの売上となる145万本という脅威的な売上を記録し、発売数ヶ月後の今もなお本体の普及に貢献している。しかし、これらのタイトルも、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが持つ、歴史に裏付けられたIP、新規性、圧倒的スケール感と比べると差を感じる。Switchには、屋台骨となるもっと、太く高い樹が必要だ。

そんな中、年末商戦に先駆けてスーパーマリオオデッセイが登場する。単にマリオシリーズの新作が新ハード出るという話ではない。市場の期待は、いままでのどのマリオよりも高かった。ゼルダの伝説BotWは、任天堂の新しい未来像を見せてくれた。じゃあ、マリオは何を見せてくれるのか?Switchを支える2本目の大樹となりえるのか。

ゼルダの伝説BotWが大絶賛を伴って市場に迎え入れられ、歴史的な成功を収めている様子を見ながら、スーパーマリオオデッセイのチームは、どのような気持ちでいただろうか。30年を超える歴史を持つキャラクター、広大なマップ、いままでとは違うゲーム性、BotWとオデッセイには共通点が多い。どれだけ出来が良くても「ゼルダと比べるとね…」みたいなことを言われるのか不安だったのではないか。それとも、間違いなく成功すると揺るぎない自信を持っていたのだろうか。

続きを読む "スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて"

2017年10月18日

マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた

先日、新宿歌舞伎町のVR ZONEに行ってきた。

mkvr-1

バンダイナムコエンターテインメントが運営する、VRをメインとしたアミューズメント施設だ。
ハイテク感漂うおしゃれな建物で、隣にはリアル脱出ゲームのSCRAPが運営する東京ミステリーサーカスがオープン予定だ。こちらも楽しみ。
第一印象としては、「あっ、ここ"龍が如く"で来たことあるわ」だった。ゲーム内に出てくる劇場前広場とだいたい同じ。

入り口にはそれぞれのゲームの待ち時間が表示されている。

mkvr-3

ゲームごとに色分けがされており、入場券とセットで販売されているゲームチケットは各色1枚ずつとなっている。
人気のあるゲームを同じ色にすることで、特定のゲームに行列が偏らないようにする配慮のようだ。
追加料金を支払えば、単体で購入も可能となっているものの、マリオカートVRなどの人気ゲームは単体購入が不可で、入場券とセット販売のチケットで1回遊べるのみとなっている。

続きを読む "マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた"

2017年08月31日

会場を借りて誕生日パーティを開いた

「じゃあ、また遊びにきてね」
「たまにはそっちから福岡にも遊びに来てよ」
「行きたいね、そのうちね」
東京や大阪、京都に遊びに行くたびにこういう会話をする。
本当に来てくれる人も居るには居るのだが、なかなか来てくれない。

自分が遠方の友人に会いに行くときもそうなのだが、何らかのきっかけがないと遠出するのはむずかしい。
脱出ゲームのチケットが余って募集をかけてる人がいる、食事会が開かれる、任天堂の株主総会がある、そういう理由をつけて、飛行機や新幹線のチケットを予約して遠出する。

じゃあ、みんなにも福岡に来てもらうきっかけを作れば来てもらえるのでは?

そう思って、自分で自分の誕生会を企画して開催することにした。
だいぶ痛い行為だ。40歳でやることではない。だが、やるからには徹底してやる。

去年も誕生日パーティは開いたが、会場は自宅だったので10人程度しか呼べなかった。
軽く参加者を募ると、思いの外リアクションがあったので50人規模の会場の手配をした。
中洲にあるギルドバーというゲームバーが貸切で確保できた。

40thbirthday-6

オールナイト営業で、プロジェクターがあり、DJ機材もある、ボードゲームもたくさん置いている。最高か。
Splatoon2の8人対戦+観戦までできる、モニタ+Switchドックが9組も設置されている。楽園か。

40thbirthday-1

続きを読む "会場を借りて誕生日パーティを開いた"

2017年07月07日

私はキンプラに殺された

アニメ映画「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(=キングオブプリズム プライドザヒーロー 以下キンプラ)が6月10日に公開されたので、初日に見に行った。

その結果、死んだ。

IMG_1268

このblogはあの世から書いている。
あの世から書いているから現世のルールが通用しないので、ネタバレも書いちゃう。

キンプラは、2016年1月に公開されたアニメ映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(=キングオブプリズム バイ プリティーリズム 以下キンプリ)の続編だ。
前作キンプリは、フィギュアスケートのような競技"プリズムショー"界を描いた作品で、過剰としか言いようがない演出が魅力となっている。ダンスシーンではtrfのEZ DO DANCEのリズムに乗って巨大な剣が振り下ろされ腹筋で跳ね返したり、巨大な龍に乗って体当りしたりするし、ケツから蜂蜜が出たり、電車に乗ってハリウッドに行ったりする。最終的に主人公が所属する団体が潰そうとする対立組織のボスが、全裸でビルの屋上に設置された露天風呂で宣戦布告するまでの物語である。

この映画は観客が声を出したりペンライトを振ったりコスプレしたりする「応援上映」が実施されていて、その都度違う体験ができるようになっている。それが楽しくて、最終的に48回ほど鑑賞した。

それほどのめり込んだ作品なので、続編の登場には複雑な思いがあった。
もちろん期待していたが、期待が高まれば高まるほど、実際に目にしたときのギャップで衝撃を受けてしまうのではないか、臨んでいない結末になるのではないか、不安でいっぱいだった。

そして迎えた6月10日、最速上映と称して0時から上映が開始された。
仕事の都合で0時の回は参加できず、朝から行われる初日舞台挨拶ライブビューイングからの参加となった。ちなみに、最速上映と舞台挨拶はペンライト等の持ち込み不可の通常上映だ。

その日は全く眠れず、映画館近くのカラオケ屋で徹夜していた最速上映鑑賞済みのキンプリ仲間と、夜明け前に合流した。
彼女らは私に会うなり、こう言った「あれっくすさん、死にますよ」

続きを読む "私はキンプラに殺された"

2017年06月30日

任天堂株主総会レポート2017

毎年6月下旬にお届けする任天堂株主総会レポートも今回で5回目。
いままでは前日泊で気合を入れて乗り込んでいたのだが、博多からの始発でもギリギリ間に合うじゃんということに今更気づいて今回は日帰りで参加。

君島社長が就任して2回目の株主総会となる。
任天堂は直近に39,000円台の株価を付けた。WiiとニンテンドーDS全盛期につけた上場来高値73,200円には及ばないものの、約9年ぶりの高値圏となっていて、株主としては安心して望める総会となっている。

IMG_1536

曇りではあったものの、雨は降っておらず、6月にしてはかなり蒸し暑い日だった。
毎年、3DSを開いてすれ違い通信を楽しんでいる株主が見られるが、年々数が減ってきている。
それでも、40人ほどとすれ違いに成功し、3回目4回目のあいさつをしてくるMiiも多い

続きを読む "任天堂株主総会レポート2017"

2017年06月20日

「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった

映画 山田孝之 3D」を観た。

DCr2WgaVYAAqilz.jpg

テレビ東京で放送されたドキュメンタリー風ドラマ番組(モキュメンタリー)の「山田孝之のカンヌ映画祭」において、俳優の山田孝之がカンヌ映画祭に出展する映画を作るために奮闘するのだが、その結果がこの映画である(と認識している)
本来であれば、テレビ版を観た上で鑑賞すべき作品なのだろうが、様々な要因によりまったくの予備知識ゼロでこの映画を観ることになった。そのため、テレビ版鑑賞済みの人たちとは感想が大きく異なることはご容赦いただきたい。

続きを読む "「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった"

2017年05月25日

ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?

Switchの新規タイトルである「ARMS」が6月16日に発売される。先日、世界配信されたARMS Directでソフトの内容や体験会などの詳細が明らかになった。
このARMSの販売戦略は、明らかにWii UにおけるSplatoonの成功体験を元に組み立てられている。

5月27-28日、6月3-4日に全世界でARMSの先行オンライン体験会「のびーるウデだめし」が開催される。これはSplatoonおよびSplatoon2発売前に実施された試射会と同様のプロモーションだ。
ファイターの追加、ステージの追加、アームの追加が発売日以降に無料アップデートとして提供されるのもSplatoonと同様である。

ついでにいうと公式Twitterで少しずつ情報を出していく方式もSplatoonに近いものを感じる。

ソフトの中身に関しても、ジャンルが違う割にはどことなく似た雰囲気がある。
対戦に特化したゲーム内容、キャラのカスタマイズ、ゲーム内の独自言語の文字などからそのように感じられるのだろうか。
事前の情報が一切ない状態でいきなり映像で発表されたのもSplatoonに通じるものがある。

任天堂は、ARMSを第二のSplatoonにしようとしているのだろうか。ARMSは、Splatoonに追いつくことができるだろうか。

続きを読む "ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?"

- N-Styles -