« 2017年02月 | メイン

2017年03月04日

Switch発売に寄せて

ニンテンドーSwitchが発売された。
つい先日体験会で触ったばかりのような気がするが、あっという間に発売を迎えた感がある。
詳細が出てから、発売までは早かったが、もっと前からこの日が来るのを首を長くして待っていた。
いま、赤と青のJoy-Conを握り、リンクの勇姿を眺めつつ、心地よいサウンドに耳を傾けながらSwitch発売までの道のりを思い返している。

2015年に亡くなった前任天堂社長の岩田さんの作品に触れたのは、ずいぶん昔のことではっきりとは覚えていないが、親戚の家で遊んだバルーンファイトだったと記憶している。最初はふわふわと浮き沈みするキャラの操作が思うように行かず苦労した。バルーンファイトはいまでもときどきバーチャルコンソールやミニファミコンで楽しんでいる。
あれからもう、30年以上経った。

岩田さんに初めてお会いしたのは、2013年の6月、任天堂本社内7階の会議室。私は株主として椅子に座り、岩田さんは社長として壇上に立っていた。雑誌やWebで見るのと変わらないな、と当たり前の感想を抱いたのを覚えている。直接お会いすると、もう少し衝撃的な印象を受けるかと思っていたのに、少し肩透かしを食らったような気持ちにもなったが、どんな場所でも自然体でいるからこそ、そう思えたのかもしれない。社長として株主を前にしても、彼のハートはゲーマーのままだからだろうか。

それから2年ほど経過してから、DeNAと共同でスマートデバイス向けのビジネスを始めると発表した席上で、次世代ゲーム機「NX」の開発を行っていることを公表した。任天堂はスマホ向けに専念するのではなく、ゲーム専用機ビジネスにも引き続き力を入れていくことを強くアピールする姿は、任天堂ファンの目には力強く映った。

switch20170303

そのNXが名前を変え、Switchとして発売された。
鮮やかなプラスチックの外観から想像するよりも少しだけ重量感のある、この小さなJoy-Conの中には、紛れもなく岩田さんの熱い想いが詰まっている。
亡くなってから変更された仕様もあるだろうが、Switchは紛れもなく岩田さんの子供だ。
これから、どんな笑顔を作り出してくれるのだろうか。

NX発表時に私は「据置型と携帯型を統合するのではないか」と予想した。それは現実のものとなった。
任天堂とDeNAの提携は何を目指すものなのか | N-Styles

任天堂はまだ、3DSの後継機への含みを残しているものの、据え置きゲーム機を携帯ゲーム機に限りなく近づけた。今までのように据え置きゲーム機と携帯ゲーム機の二本柱の体制を維持していくことは難しいだろう。スマホへの進出など、ここ数年での変化は大きい。これから任天堂はどこに向かっていくのだろうか。

switch20170303-1

この小さいゲームカードの中に、答が隠されているのかもしれない。

続きを読む "Switch発売に寄せて"

- N-Styles -