2020年04月05日

24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った


スポンサーリンク

いまから24年前、1996年4月5日にミステリィ小説「すべてがFになる」が発売された。後に、漫画化、ゲーム化、ドラマ化、アニメ化された森博嗣の代表作だ。
この作品の中で真賀田四季という人物が登場し、読者に強烈な印象を残した。
真賀田四季は、世界有数の天才として描かれ、その後の森博嗣作品にも度々登場する。

IMG_8689.jpg

作中で、真賀田四季はある事情から研究所に監禁されたような状態に長年置かれ、部屋から一歩も外に出ずに研究を行っている。その研究の一つが仮想現実、VRだ。
本作は、その真賀田四季のもとに建築を学ぶ大学生の西之園萌絵が訪ねるところから始まる(森博嗣は、建築の専門家で当時は大学の助教授だった)

仮想現実が何に役に立つのか尋ねる西之園萌絵に真賀田四季は「仮想現実は、いずれただの現実になります」と答える。

西之園萌絵も非常に頭の切れる人物で、天才同士の会話は多くの前提を省略していて、刺激的だ。VRの問題点、VRが定着した未来における建築のありかたなどが語られる
その中でVRの、現在(2020年)よりもさらに先の未来を示唆する会話が行われる。

「物質的なアクセスはなくなりますか?」萌絵は、真賀田女史の話の後半を無視して質問する。

「そうね、おそらく、宝石のように贅沢品になるでしょう。他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる。人と人が触れ合うような機会は、贅沢品です。エネルギィ的な問題から、そうならざるをえない。人類の将来に残されているエネルギィは非常に限られていますからね。人間も電子の世界に入らざるをえません。地球環境を守りたいのなら、人は移動すべきではありません。私のように部屋に閉じ籠もるべきですね。

物理的なアクセス(直接出向く、人と逢うなど)が宝石のように贅沢品となり、他人と握手することが特別なことになる。そして、人々は電子の世界に入り、部屋に閉じこもる。
まさに、世界が今まさに向かおうとしている未来だ。

真賀田四季は、エネルギー問題の解決のために電子の世界に入るといったが、実際には疫病の蔓延を恐れて閉じこもることになった。
世界に変革をもたらしたのがコストではなくリスクであった点で違いはあるものの、24年前に物理アクセスが貴重品となる未来を予測したのはすごい。我々は真賀田四季が予見した未来に向かっている。

限られた人達が使っていたインターネットは一般に利用されるようになり、社会的ネットワークは現実世界からオンラインに移行した。
ウイルスの爆発的蔓延はリアルネットワークの発展がもたらしたものではあるが、それを迎え撃つのはオンラインネットワーク技術だ。
これから我々は物理的アクセス無しで情報をやり取りし、集合知でウイルスに立ち向かうことになる。

新型コロナの収束がいつになるかわからないが、その後も今までのように気軽に物理的接触を頻繁に行うことはできなくなるだろう。宝石とまではいかないまでも、物理的アクセスが今までよりも貴重なものになることは間違いない。

会いたい人に直接会う機会が減り、人々の距離は離れてしまうのだろうか。
その答えも真賀田四季は出していた。

「どこにいるのかは問題ではありません。会いたいか、会いたくないか、それが距離を決めるのよ」


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した

最新記事
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて



- N-Styles -