2013年08月27日

廃墟と日常生活が共存する島、池島 (前編)


スポンサーリンク

友達の誘いで、長崎県の池島に遊びに行った。

ikeshima45.jpg

池島はかつて、炭鉱で繁栄していたものの2001年に炭鉱が閉山して以降、人口が激減した島だ。
最盛期の人口は8000人近く居たと言われていて多くのアパートが建築され、その多くが無人のまま炭鉱の施設共々朽ち果ててしまっている。
現在でも200人ほどが暮らしているため、廃墟と日常生活が奇妙に交差する不思議な島になっている。

ikeshima02.jpg

佐世保から高速船で池島に上陸。
あいにくの雨で、空は厚い雲が覆い、薄暗い。
早速目の前に朽ち果てた建物や重機が見える。

午前中は小島健一氏にガイドをお願いした。「社会科見学に行こう」という団体を主催していて、2011年から池島に移り住んで地域おこし協力隊のメンバーとしてPR活動をしている方だ。当日もテレビクルーの長期取材の合間を縫って我々のお相手をしていただいた。ありがとうございました。
参考:Pirori.org / Kenichi Kojima

ikeshima03.jpg

まずは大人1人100円のコミュニティバスに乗って島の中央部に移動。

ikeshima05.jpg

島の規模に不釣り合いに大きな池島小中学校が待ち構えていた。
最盛期は1000人をこえる児童がいたが、現在の生徒は7名。当然、生徒数よりも教室の数のほうがはるかに多い。

ikeshima06.jpg

島のアパートのほとんどが4階建て。
しかし、炭鉱の入口にほど近いこのエリアは多くの作業員が居住していたためか、8階建てとなっている。
上下で色が異なるのが特徴的だ。

ikeshima07.jpg

絡みついたツタや壊れた雨戸が、すでにここに誰も住んでいないことを教えてくれる。

ikeshima08.jpg

8階建てなのに、このアパートにはエレベーターがない。
実は、こちら側は裏手となっていて、5階部分の反対側に入り口があり、5階は共用部分となっている。
つまり、8階建てではなく「地上4階、地下4階」の建物なのだ。

ikeshima09.jpg

正面に回ると、道路からアパート2棟の間に入り口が渡してある。
確かに4階建てと言えなくもない。

ikeshima11.jpg

閉山まで坑口(入り口)として使用されていた、第二立坑に向かう。

ikeshima12.jpg

手前にあるのは炭鉱の会社設立70周年で建てられた女神像。
やや斜め下になっている彼女の視線は海の底の、当時掘り進められていたエリアを見守る角度になっている。
奥の巨大なワイヤー付きのホイールは作業員を上げ下げする高速エレベーターの一部だ。
最大で秒速10mだという。

ikeshima13.jpg

その奥にあるのが閉山後に研修施設として使われた建物。
海外に技術を教えていたが、現在はこちらも閉鎖。
今は海外に出向いて現地で炭鉱技術を伝えているという。

ikeshima14.jpg

建物の裏手の階段を登って振り返ると時計が現在時刻を指していた。
まだ電力が供給されているようだ。

ikeshima15.jpg

かつては賑わっていたショッピングセンターも、現在のテナントはお食事処「かあちゃんの店」のみ。
お昼はこちらの弁当を頂いたのだが、非常に美味しく、ボリュームもあり大満足だった。

ikeshima16.jpg

周辺には野良猫がわんさかいる。
人を恐れている感じはないものの、観光客に気を許す様子もない。
餌付けされた地域猫といった感じだ。

ikeshima17.jpg

朽ち果てた建築物の間を縫うように古びたパイプが張り巡らされている。
かつてはこの中を火力発電所で作られた蒸気や真水が送られており、生活に利用されていた。

ikeshima18.jpg

その中の一つが銭湯だ。
ちなみに、この銭湯は現在も営業している。

ikeshima19.jpg

その火力発電所は港からほど近い距離にあり、島に上陸した人は必ず目にすることになる。
この島では、きちんと整備された生活道路のすぐそばに朽ち果てた巨大廃墟が堂々と存在している。

ikeshima20.jpg

誰も住んでいないであろうアパートの間を、バスが走る。

ikeshima23.jpg

最盛期には賑わっていたであろうボーリング場も、今はその外壁に名残を残すのみとなっている。

ikeshima21.jpg

廃墟であることを全力で主張し、ここが本当に現代日本なのかと錯覚してしまうようなコンクリートと植物の塊が生活エリアに存在している。

ikeshima22.jpg

生活の場である証拠にちゃんと郵便局もある。
ただし、ATMは撤去予定という。
池島の衰退は現在進行形なのだ。

続きは後編で。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2013年08月27日:廃墟と日常生活が共存する島、池島 (後編)
2013年07月29日:ピクミン3ぐらいのボリューム感がありがたい

最新記事
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム



- N-Styles -