2012年06月04日

Wii Uのネットワーク機能Miiverse(ミーバース)発表!プレイ中もつながるSNS


スポンサーリンク

任天堂は4日午前に配信しだ「Nintendo Direct Pre E3 2012」で、新型ゲーム機Wii Uのハードウェア機能、ネットワークサービスの詳細を発表した。

ハードウェア/本体機能

nintendodirect2012_06_04_01.png

まず、タブレット型のゲームコントローラは「Wii U GamePad」と正式名称が発表された。
nintendodirect2012_06_04_02.png

昨年発表されたコントローラから一部仕様が変更されている。
・3DSと同様のスライドパッドから飛び出すタイプのアナログスティックに変更

nintendodirect2012_06_04_03.png

・スティックは押しこみ操作可能(PS3のL3/R3と同じ)

nintendodirect2012_06_04_04.png

・裏面の形状、ボタン配置を変更

nintendodirect2012_06_04_05.png

・画面左にNFCリーダー・ライターを搭載

nintendodirect2012_06_04_06.png

・TVコントロールボタンを搭載

nintendodirect2012_06_04_07.png

・テレビを操作する赤外線リモコン機能搭載
・モーションセンサー・ジャイロセンサーを搭載

テレビリモコン機能を搭載することで、ゲームで遊ぶときにテレビのリモコンとゲームパッドの両方を持つ必要はなくゲームパッドだけで電源投入からWii U起動まで行える。

nintendodirect2012_06_04_08.png

また、従来型のゲームコントローラである「Wii U PROコントローラ」も発表された。
上端に充電用と思われる端子が見える。下側に4つのLEDがあるので、Wiiリモコン同様4つまで接続できるようだ。

ネットワーク機能

nintendodirect2012_06_04_20.png

Wii Uのネットワーク機能は「Miiverse(ミーバース)」と名付けられた。
Mii+Universeの造語だ。
Wii Uの本体機能でもあるのだが、基本はネットワークサービスなのでWii U以外のブラウザを搭載したハード(PC/スマートフォン/3DS)でも、対応し、今後の任天堂ハードでも対応する。
※ただし、Wii U以外の対応はサービス開始後しばらくしてから。

nintendodirect2012_06_04_09.png

Wii UではすべてのソフトがMiiverse対応なので、どのソフトをプレイ中でもMiiverseを呼び出せる。

nintendodirect2012_06_04_10.png

TwitterやFacebookのようなSNSサービスを任天堂が手がけるような感じ。

nintendodirect2012_06_04_11.png

(対応後は)スマートフォンなどで見ることもできる。

nintendodirect2012_06_04_12.png

フレンドとはビデオチャットも可能。
カメラはゲームパッドの前面に搭載。
なにげに、このVTRでは黒いWii U本体と黒いゲームパッドが使用されている。
最初から2色展開なのだろうか?

nintendodirect2012_06_04_14.png
nintendodirect2012_06_04_15.png

Wii U起動後のメニュー画面ではMiiがわらわらと集まる「Miiわらわら」の画面が出る。
持っているソフトや人気ソフトのアイコンと、それで遊んでいる人たちとその発言が見られるようになっている。

nintendodirect2012_06_04_16.png

文字入力はタッチパッド。

nintendodirect2012_06_04_17.png

ピクトチャットのような文字入力も可能。
タッチペンはゲームパッド裏面に装着する。

表情ボタン、スクリーンショット機能もある。
どういう仕組かわかないが、ネタバレ防止機能も搭載するようだ。

nintendodirect2012_06_04_18.png
nintendodirect2012_06_04_19.png

ソフトによってはゲーム中にMiiverse内のメッセージを表示することもできる。
マリオでミスをした時に、同じ地点でミスした他のプレイヤが残したコメントが表示される。


本体機能については割と想定内の感じだったが、SNS連携が想像以上にゲームに絡んでいて、任天堂の本気が感じられた。
Wii Uで発売されそうな任天堂ソフトを想像すると、どれもMiiverseとの親和性が非常に高いように感じられる。特にどうぶつの森あたりはとんでもないことになりそうだ。
本来ネットワークとは無縁なガチガチのシングルプレイのハードなアクションゲームも、パソコンやスマートフォンを取り出さずとも友達とヒントを教え合って一緒に楽しめるだろう。
ゲームでミスをした時に「同じ所でミスをしている人が多いんだなあ」とゆるい感じに世界中とつながるのを想像すると、非常にワクワクする。シングルプレイのゲームでも、クリア後しばらくしてからもう一度遊びたくなる動機付けにもなりそうだ。

もう開催まで間もないが、E3でこれらの機能を使った、どんな新しいソフトを見せてくれるのか非常に楽しみだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2012年06月06日:E3でWii Uの新タイトルが続々登場
2012年06月02日:2012年のE3で任天堂は何を発表するのか

最新記事
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
2016年12月31日:2016年買ってよかったもの



- N-Styles -