2005年11月19日

ニンテンドーWi-Fiコネクションの接続方法を考える


スポンサーリンク

まもなく「おいでよ どうぶつの森」がリリースされる。それと同時にニンテンドーWi-Fiコネクションがスタートする。以前、サービス内容に関しては説明をしたが、今回は通信を行うための環境構築について解説したい。

前回も書いたが、ニンテンドーDSでWi-Fiコネクションにつなげるには大きく分けて4つの方法がある。

  1. 構築済みの家庭内無線LANで設定を行い、ニンテンドーDSを参加させる
  2. ニンテンドーDS Wi-Fi USBコネクタ経由で接続する
  3. ゲーム販売店などに設置されたニンテンドーWi-Fiステーション経由で接続する
  4. 喫茶店やホテル、公共施設などでサービス展開されているFREESPOTを利用する

それぞれのメリット、デメリットについてまとめてみた。

  無線LANネットワーク ニンテンドーDS Wi-Fi USBコネクタ ニンテンドー Wi-Fiステーション FREESPOT
価格
×
8,000円~3万円程度
+プロバイダ等の通信費用

3500円
+プロバイダ等の通信費用

無料

無料
一部有料スポットもある
手軽さ
×
設定が難しい

設定不要
通信中は パソコン起動が必須

設定不要

設定不要
便利さ

家の中のどこでも遊べる

家の中のどこでも遊べる
×
場所が限られる
×
場所が限られる
セキュリティ
×
正しく設定しないと危険
パソコンの情報が漏れるかも

DS以外とは通信をしないので
危険性は低い

心配不要

心配不要

ニンテンドーWi-FiステーションやFREESPOTは無料で手軽ではあるが、設置されているお店で何も買わずに店頭で何時間も無線通信をするのはあまり望ましくない。そういう人たちが増えると設置をやめる店もでてくると思われるので、長時間プレイするつもりならやはり自宅に無線環境を構築すべきだろう。

すでに家庭内にブロードバンドおよび無線LANの環境が構築されていれば、それを利用するのが一番便利で手軽だ。しかし、新たに無線LAN環境を構築するのは設定の難解さや価格、セキュリティの面で尻込みしてしまいがちだ。設定を間違えると通称「野良アクセスポイント」、だれでもアクセスできてしまう危険な状態になってしまう可能性がある。一方、ニンテンドーDS Wi-Fi USBコネクタであれば値段は手ごろ(amazonで3,324円)だし、設定も特に難しいところはない。だが、WindowsXPのパソコンを起動させたままにしておく必要があるのは少々面倒だ。ノートPCを持っている、もしくは購入予定の家庭であればいっそのこと無線LANを導入したほうがいいかもしれない。

一口に無線LANと言ってもさまざまな機器が販売されていて、どれを選んでいいのか分かりづらい。まず、今回の目的はニンテンドーDSでのWi-Fi接続だから、動作検証済み機器一覧に掲載された商品の中から選ぶのがいいだろう。

これから無線LANを導入するのであれば、オススメはBuffaloの製品だ。Buffaloは任天堂と提携してUSBコネクタを発売したり、後述するAOSS機能をニンテンドーDS Wi-Fiコネクションに対応させたりしていてニンテンドーDS Wi-Fiコネクションとの相性は非常にいい。本格的に無線LANでネットワークを構築しようとする人たちには物足りない部分もあるだろうが、ニンテンドーDSでの接続目的で新規購入するにはお手ごろな製品を多数出している。 対応機器リストにも非常に多くの型番が掲載されているが、多くは店頭では既に見かけないモデルだったり、無駄に高機能なものだったりする。ニンテンドーDS Wi-Fiコネクションのために買うのであれば以下の商品がオススメだ。

商品名(リンク先はメーカーの商品紹介ページ) amazon価格
IEEE802.11g/b 無線LAN AirStation
BroadBand ルータ エントリーモデル
WHR-G54S
9,380円
(9,800円)
IEEE802.11g 無線LAN AirStation
ブリッジモデル
WLA2-G54C
8,390円
(9,195円)
※()内の価格は無線LAN PCカードが1枚付属したセット商品の価格

WHR-G54Sはいわゆる無線ルータだ。ルータというのは簡単に言うと「複数台の機器を同時にネットに繋げるための機械」だ。ルータ機能を持たないADSLモデムなどに直接つなげて使用する。現在、パソコンが1台だけありADSLモデムなどと直結して使用している人は、パソコンとDSを同時に使用するようにしなくてはいけないので、このタイプを買う必要がある。有線ルータを使用している人が買い換える場合もこれに該当する。

WLA2-G54Cはルータ機能を持たない、無線LANアクセスポイントだ。大雑把に表現すれば「有線LAN→無線LAN変換アダプタ」となる。現在、有線ルータを使用していてそれに無線LAN機能を追加したい人は買うといい。ルータのLAN差込口に差し込むだけだ。

いずれの機器もAOSSという機能が搭載されている。ニンテンドーDSの無線LAN設定画面でAOSSを選び、無線ルータやアクセスポイントのAOSSボタンを押すだけで設定が完了するので非情に簡単だ。パソコンで操作する必要もない。AOSSで設定した場合は、設定時にパスワード(のようなもの)をやりとりするので「野良アクセスポイント」になる心配はない。

また、USBでも無線ルータでも同じことだが、広帯域の常時接続環境があることが大前提となっているので、まずは接続チェックページでつながるかどうかのチェックを行うことをオススメする。一部のマンションタイプのブロードバンドでは対応していない場合がある。これは対処のしようがないのでADSLに変更するなど抜本的な問題解決が必要だ。

設定が終わったら、友達とフレンドコードを交換して友達の村に遊びに行こう!ただし、くれぐれもマナーは守って楽しんでほしい。おいでよどうぶつの森の公式サイトには注意書きがある。ネットワークを利用したゲームは色々とトラブルがつきものだが、みんながマナーを守っていればきっと楽しめるはずだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年11月23日:おいでよ どうぶつの森は取扱注意
2005年11月16日:だれでもアソビ大全が超楽しい

最新記事
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの


トラックバック

» Wi-Fi通信するための準備 from MORI+DIARY ~ちょんがり村~
ちょんがり村ブログへお越しのみなさま。 あと・・・あと3日! いや、もうあと2日... [Read More]

コメント

色々と勉強になりました。
Wi-Fiステーションまでの距離がそこそこあって、自宅に通信環境のある私の場合はUSBアダプタメインになりそうです。

レボの須磨ブラもいよいよ動き始めたようですね桜井さんには頑張って欲しいですね

...なるほど。
どうぶつの森を予約してるんです、楽しみだなぁ☆
でも、Wi-Fiの利用は難しそうです...(..;)

コネクタって結構大変?覆鵑任垢諭帖帖? ?
買いたいけど今金欠病だし…????

くわしいですね・・・
でも むずかしそう

よく分かりました(●∀●)
私は、「おいでよどうぶつの森」を持っているので、買ってみようと思いますv(o≧u‘o)v

よく分かりました(●∀●)
私は、「おいでよどうぶつの森」を持っているので、買ってみようと思いますv(o≧u‘o)v

すごく、分かりました(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
でも、ちょっと難しそうヽ(´Д`;)ノアゥア...

はじめまして。
Wiiの無線LANについて、いろいろと調べていたのですが、この記事はとても参考になりました。
Wi-Fi USBコネクタか有線かと迷っていたのですが無線に決め、今日WLA2-G54Cを購入し 無事接続できました。ありがとうございました。

少し意味が分からなかった!

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -