2011年06月17日

なんとなくジョギングを始めた


スポンサーリンク

先月末にiPhoneをいじっていて、「そういえばiPhoneにジョギング用のアプリがあったなあ」と思って、NIKE GPS+(無料)をインストールしてみた。インストールしたら走りたくなって走りだした。

このアプリは非常に優秀で、GPSを使って現在位置を常に測定し、それで走行距離を測っている。歩幅が固定であることを前提とした歩数計を使うよりもかなり正確だし、あとで走行ルートを確認することもできる。当然のごとくiPhone内の音楽も流せるし、一定距離、もしくは一定時間ごとに走行距離、時間、1kmあたりのタイムを音声ガイドで流してくれる。

TwitterやFacebookとの連携もあり、特にFacebookと連携させて、ジョギング開始時に投稿するとそれに対して「いいね」を押してくれるたびにイヤホンから「ワー!」と歓声が上がってやる気もあがる。

梅雨入りしたせいで天気が悪くて走れない日も多いが、今のところ週に4~5日程度、1日あたり3~8kmほどスローペースで走っている。
妻には三日坊主になると散々言われたにもかかわらず、それなりに続いていて自分でもびっくりだ。

最初の数日は有り合わせのスニーカーで走っていて、さすがにこれはまずいだろうということで、ちゃんと続けるからと約束をしてそれなりに高いシューズNIKE FREE RUN+2)を買ったことも、長続きしている要因の一つかもしれない。足が軽いし、靴ずれもない。

スポーツウェアはユニクロで安く揃えた。ありがとうユニクロ。
ポケットの口がやや広く、iPhone落下の危険があったのでネックストラップを買ってみた。

こちらはちょっと失敗で、一歩走るごとに胸をiPhoneがバンバン叩いて使いものにならない。
仕方が無いので、首ではなく腰にネックストラップをつけてみたが、今度はおチンチ……えっと、まあ、とにかくダメだった。
結局「腰にネックストラップで固定しつつ、軽くポケットに入れる」という非常に変則的な使い方をしているが、安定感があって落下の危険もなくなるし、操作も問題ない感じ。悪くない。

いつまで続けるかわからないが、走れば走るほど新しいアイテムが欲しくなる。
ポケットからイヤホンコードを伸ばすのも邪魔なのでBluetoothのヘッドセットとかあれば便利だし、腕に付けるタイプのiPhoneホルダーも気になる。

まあ、このあたりはあと1ヶ月続いたら購入を再検討しよう。

走行距離とかは今のところ、こんな感じ。

IMG_0528.PNG

せっかくなので、このまま続けて秋に福岡シティマラソンに参加してみようと思う。
ハーフマラソンと5kmコースがあるが、ハーフマラソンの参加資格は2時間切れること。…無理なので今年は5kmで参加します。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2011年07月06日:1998年の秋、時のオカリナが任天堂ファンを変えた。
2011年06月08日:任天堂E3カンファレンスまとめ。新ハード「Wii U」を発表

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

こういう、カラビナ付きだとか、ベルトに付けるタイプのはどうでしょうか。
http://www.vannuys.co.jp/n_index/index_02.html


- N-Styles -