2007年04月09日

スクウェアエニックスのDSソフトが続々登場


スポンサーリンク

スクウェアエニックスは趣味や教育をテーマとしたニンテンドーDSソフト「DS:Style」シリーズを展開すると発表した。

今夏に6作品、その後随時発売され、2007年内に10作品以上発売される予定となっている。

  • 地球の歩き方DS イタリア編(2007年夏)
  • 地球の歩き方DS フランス編(2007年夏)
  • 地球の歩き方DS タイ編(2007年夏)
  • 地球の歩き方DS 台湾編(2007年内)
  • 地球の歩き方DS ニューヨーク編(2007年内)
  • 地球の歩き方DS ハワイ編(2007年内)
  • 花咲くDSガーデニングLife(2007年夏)
  • DSでクラシック 聴いてみませんか?(2007年夏)
  • 今日から始めるDSヨガレッスン(2007年夏)

    任天堂が展開しているTouch!Generationsのスクウェアエニックス版のような感じだが、もうひとひねり欲しいなあ。それと、「DS Style」という名称はメディアワークスが不定期に刊行し、現在2冊発売されているゲーム雑誌名とまったく同じ。これじゃあ3冊目は出せなくなるなあ。お気の毒に。

    DS Styleとは無関係だが、スクウェアエニックス繋がりで、もう一本。ドラゴンクエストとマリオのキャラクターが出演するニンテンドーDS用ソフトいただきストリートDSの公式サイトが開設された。任天堂側からはマリオ/ルイージ/ピーチ姫/ヨッシーが出演。DQ2のムーンブルク王女の名前がプリンになっているが、これはデフォルト名のひとつだったかな。いただきストリートDSの発売日は6月21日、価格は5,040円。


  • スポンサーリンク
    関連記事


    この記事の前後の記事
    2007年04月09日:ファイナルファンタジーXIIレヴァナントウィングの売り上げを予想しよう
    2007年04月09日:明石家さんまと松岡修造のWii SportsテレビCM

    最新記事
    2019年09月18日:2019年の誕生日
    2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
    2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
    2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
    2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
    2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
    2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
    2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
    2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
    2018年09月13日:友達の写真を撮りたい


    コメント

    余談ですが、メディアワークスの雑誌は
    電撃DS+Wii STYLEに名称が変わったので
    問題ありません。多分


    - N-Styles -