2006年11月09日

ニンテンドーDSがギターに!?


スポンサーリンク

プラト株式会社はニンテンドーDS用ソフト「弾いて歌えるDSギター“M-06”」を2007年2月1日に発売する。ジャンル名は「こんなの誰も見たことない!」、定価は3,800円

公式サイトの動画を見れば分かるように、ニンテンドーDS自体をギターにしてしまう奇抜すぎるソフトだ。ボタンでコードを選んで、タッチパネルをひっかいてギターをかき鳴らす。アハハ。馬鹿だ(誉め言葉)

発売元のプラトは100万本以上の大ヒットとなった「えいご漬け」の開発元。本ソフトは120種類のコードと、1コードあたり3種類の生音をサンプリングする本格派。GAMEWatchによると、ゲーム画面内に20種類の譜面が付くほか、18種類の譜面の書かれた楽譜本も付属する。ギターをニンテンドーDSに移植しただけのソフトなので、コード譜面があれば一応どんな曲でも奏でられるようだ。テンポの速い曲は難しそうではあるが。

店頭発売の1ヶ月以上前となる12月26日にamazonで先行販売するという異例の販売形式を取る。送料込みで3,230円。ネットでの反応を見て出荷数を決めるつもりなのかな。予約は好調のようで、すでにamazonのゲーム部門ランキングで11位に位置している(11/09現在)

アコースティックギター1種類なので、複数の人が集まってバンドっぽいことをやったりするのは難しいが、弾き語りは出来そう。まあ、見た目がちょっと、というかものすごくアレだが。


スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2006年11月10日:レビュー:監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS
2006年11月07日:レビュー:ポケットモンスターダイヤモンド

最新記事
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い


コメント

こんなソフトが出るんですね。
DSならではのソフトになりそうで期待できそうです。

ギターやってる人しか楽しめないような気がするんですが・・・どうなんでしょうか?

大昔に出た『いきなりミュージシャン』というファミコンのゲームを思い出しましたよ。
あれはキーボードをコントローラで弾くんだが、はっきりいって、めちゃくちゃ操作しづらかった!
説明書には『練習を重ねて上手になろう』と書いてたので
「ガンバルぞ~っ」とノリノリだったけど、
はっきりいって無理!
だけど大好きさ『いきなりミュージシャン』。
今想うと、かなり挑戦的なゲームだったなあ。
今度のDSのコレも、ずいぶん思い切りましたねえ。
音楽好きなので、多分にキョーミは沸きます。

ふつうにギターひいたほうg


- N-Styles -