2001年11月27日

任天堂山内社長が私財を投じてベンチャー支援


スポンサーリンク

任天堂の山内溥社長が200億円の私財を投じて「ファンドキュー」という名称のベンチャー支援ファンドを来年早々にも設立する。

ファンドキューはゲームキューブやゲームボーイアドバンス用ソフトを開発するベンチャー企業を支援する。開発期間は1年をめどにしているという。

ファンドとは多数の投資対象に対して一括に投資を受け持ちそれを配分する仕組み(たぶん)。この場合、投資対象がベンチャー企業で、投資するのは山内社長ということになるのだと思う。募集や応募案件の審査などは任天堂が受け持つ。

来年ファンドをスタートさせて開発期間を1年ぐらいとしているので再来年にはファンドキュー生まれのソフトが遊べることになるのだろうか。首を長くして待つことにしよう。

任天堂の山内社長、私財200億円でベンチャー支援ファンド設立(Yahoo/ロイター)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年11月29日:「Q」が予約打ち切り寸前
2001年11月27日:速報スマブラ拳更新、隠しキャラ紹介開始

最新記事
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい



- N-Styles -