2017年11月03日

スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて


スポンサーリンク

コンシューマゲーム業界は、常に次の世代のゲーム機について研究を行っている。2015年に亡くなった岩田前社長は、生前に任天堂が次世代機Switchを使ってどういったビジネスをしていくかプランを組み立てていて、現在の任天堂はその計画に沿って事業を展開している。まだ、ハードウェアに関しては岩田さんの影響が残った状態だ。
しかし、ゲームソフトについては発売のギリギリまで仕様を練りこむ必要がある。そうして作られた2017年のソフトには、岩田さんの影響があまり残っていないはずだ。ポスト岩田体制を構築し、任天堂は大きな転換期を迎えている。

この2年間、ポケモンGOフィーバーのお陰で株価は上昇ムードだったものの、任天堂の据え置きゲーム機の状況は芳しくなかった。Splatoon以降の、いまいちパッとしないWii Uのソフトラインナップと、前年比でマイナスになり続ける売り上げに「コンシューマビジネスは終わりだ」「スマートデバイスへの転換が必要だ」と任天堂に対する風当たりが強くなる中、Switchが発売された。同時発売の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(BotW)』は、任天堂の新しい風を感じさせ、風評を吹き飛ばした。荒れ野から若々しい芽が萌え出し、一気に天に突き抜けるような大樹に成長した姿は、まさに野生の息吹、ブレスオブザワイルドだった。一時期は、前代未聞の装着率1.0超えを記録した。Switch本体よりもゼルダのほうが売れているという異常事態である。ハードを手に入れられなかった人たちが先にソフトを入手したり、限定版目的で複数本購入したのであろう。まさに、キラータイトルだ。

Switchは、ゼルダという大樹に支えられて素晴らしいスタートダッシュを切った。しかし、1本の大樹で保持できるほどゲーム業界はイージーモードではない。第二、第三の柱が必要である。ゼルダに続いてリリースされたマリオカート8DX、ARMS、Splatoon2、どれも素晴らしい作品であった。特にSplatoon2は国内において9月末時点で195万台のSwitch本体に対し、実に75%もの売上となる145万本という脅威的な売上を記録し、発売数ヶ月後の今もなお本体の普及に貢献している。しかし、これらのタイトルも、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが持つ、歴史に裏付けられたIP、新規性、圧倒的スケール感と比べると差を感じる。Switchには、屋台骨となるもっと、太く高い樹が必要だ。

そんな中、年末商戦に先駆けてスーパーマリオオデッセイが登場する。単にマリオシリーズの新作が新ハード出るという話ではない。市場の期待は、いままでのどのマリオよりも高かった。ゼルダの伝説BotWは、任天堂の新しい未来像を見せてくれた。じゃあ、マリオは何を見せてくれるのか?Switchを支える2本目の大樹となりえるのか。

ゼルダの伝説BotWが大絶賛を伴って市場に迎え入れられ、歴史的な成功を収めている様子を見ながら、スーパーマリオオデッセイのチームは、どのような気持ちでいただろうか。30年を超える歴史を持つキャラクター、広大なマップ、いままでとは違うゲーム性、BotWとオデッセイには共通点が多い。どれだけ出来が良くても「ゼルダと比べるとね…」みたいなことを言われるのか不安だったのではないか。それとも、間違いなく成功すると揺るぎない自信を持っていたのだろうか。

そんな彼らの気持ちを考えながら、21年前の1996年の6月を振り返る。
ブラウン管のテレビが並ぶゲーム機売り場の中に、NINTENDO64の試遊台があった。今となってはリアルとは程遠いグラフィックで描かれたヒゲの男。しばらくゲームから離れていた私が、マリオと再会した瞬間だ。

今まで見たことのない、大きなグリップの付いた奇妙な形のコントローラを手にし、3Dスティックを倒すと、マリオが思い通りに動き出す。ピーチ城の前の何もない広場を歩き回るだけで楽しい。半ば衝動的に本体ごとスーパーマリオ64を購入した。その後、のめり込むように任天堂の情報を追いかけるようになり、現在に至る。まさに、人生を変えたソフトといえる。

スーパーマリオ64は、"箱庭型"のアクションゲームである。比較的広いフィールドの中に隠されたスターを見つけ出す複数のミッションをこなしていくシステムとなっている。ゲームキューブで発売されたスーパーマリオサンシャインが箱庭マリオをさらに発展させたものの、それ以降は後続タイトルが出ていない。以降の3Dマリオシリーズは箱庭とはいい難い球体マップのマリオギャラクシーや、ステージクリア型の3Dランド・3Dワールドがリリースされている。スーパーマリオオデッセイは、サンシャイン以来15年ぶりの箱庭マリオなのである。

自分の人生を変えたソフトであるマリオ64は、自分の中でマリオシリーズにおけるオールタイムベストの地位を不動のものとしている。そのため、この20年間新作マリオが出るたびに新しいマリオで遊べる喜びを味わいつつ、心の片隅で「今回もマリオ64を超えられなかった」と感じながらプレイしていた。

そういうわけで、私の心の中ではゼルダの伝説BotWと、マリオ64という2つの偉大なソフトが立ちはだかり、スーパーマリオオデッセイは過度な期待を抱かず、少し冷めた気持ちで発売日を迎えた。ギリギリまで予約をせず、発売後の週末に旅行の予定もあったから、いっそ翌週買ってもいいかなぐらいの気分だった。

そして、スーパーマリオオデッセイの発売日を迎えた。

IMG_2321

…結論から言おう。私の中で、マリオオデッセイはマリオ64を超えた。
睡眠時間と移動時間の多くをパワームーン集めに費やし、あっという間にクリアした。そして、クリア後もプレイが止まらない。

今回の記事は、本来マリオオデッセイのレビューを書くつもりだった。だが、レビューを書くような冷静さを保てない。一つ一つの要素を取り出して、ここが良かった、ここがいまいちだったと分析する行為が無意味に感じる。面白かった、という気持ちよりも先に「このソフトを自分のもとに届けてくれてありがとう」という感情が出てくる。

ああ、もう、レビューなんてくそくらえだ。
最高に決まってるだろ、これ。
なんちゅーもんを作ってくれたんだ。
おい、どうなってんだよ。
最新のマリオもいいけど、自分的にはマリオ64が最高かなって言ってたのがこんなの見せられたら、ただのクソジジイの思い出補正じゃねえか。
しかもそのクソジジイたちに最高のおもてなしまで用意しやがって、なに考えてんだこら、おい。小泉。お前だよ。
ちょっと泣いたじゃねえか。
ふざけんな、ありがとな。
でさー、なんだあのニュードンクシティ。
ねえ、なんなの。30代後半以上狙ったようなネタ仕込んだりしてさー、なーに考えてんの。
はー、やっぱマリオはすごいわ。
皆を幸せにスイッチさせてく世界照らすスーパースターだよ。
なんか最初の方で大樹がどうだのこうだの色々書いてたけど、そりゃこんだけぶっとくて太くて広くて深い根を張ってたら、そこから伸びる木が大きくならないわけないじゃん。
いや、それでも育たないときは育たないし、こんなに立派にしてくれてほんとありがとな。
いままでずっとマリオというキャラを大事にしてた証拠だよ。
マジ感謝。
この木は、根っこの先から葉の先端まで、歴代のマリオ開発者とファンの気持ちが詰まってるよ。
はー、りっぱりっぱ。
っていうかさー、ゼルダとマリオと完璧なタイトルを1年に2本も出しやがって。
どうすんのこれ。
どうするつもりなの。マジでさ。
今年から来年にかけて出るタイトルの開発陣へのプレッシャーすごいよ。
やばくね?
この二本と比べられるんよ。あとSplatoon2ともね。
プレッシャー強すぎてぶっちゃけ無理じゃね?
いや、でも少なくともこの2つの開発チームがいるから同じような驚きを期待していいかな。
首を長くして待ってるよ。

文章だけだと地味なのでゲーム中のスクリーンショットでも何枚か貼ろうかと思って、Swich起動したらいつの間にか5時間経過していたので、スクショは諦めた。
特にオチはないです。

Switch発売に寄せて
レビュー:スーパーマリオ64(2006年6月)
1998年の秋、時のオカリナが任天堂ファンを変えた。(2011年7月)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -