2013年08月27日

廃墟と日常生活が共存する島、池島 (後編)


スポンサーリンク

前編からお読みください

ikeshima01.jpg

午後からは有料の坑内探検ツアーに参加した。一人2500円。
長崎さるく|池島炭鉱さるく
元炭鉱マンがガイドを務めているので、解説はバッチリ。

今回は、平日で人も少なく時間の余裕があったので、普段はあまり回らない見学コースを案内していただけた。
テレビで紹介されることも増えて、週末だと数十人がいっぺんにやってくるため、だいぶ省略気味になるそうだ。

ikeshima24.jpg

誰も住んでいないアパートの一室を、観光用に開放していてそこを案内してもらった。
普段は鍵がかかっているので、ガイド付きじゃないと入れないようになっている。

ikeshima-43.jpg

中に入る。
このアパートには4畳半2部屋に台所とトイレが備わっている。風呂はない。

ikeshima25.jpg

部屋の中には当時を偲ぶ資料や生活道具が置かれている。

さらに、特別に屋上に登れる階段を設置してあり当時の住民たちも見ることができなかった絶景が堪能できた。

ikeshima26.jpg

建築時期や立地などによって廃墟度が違っている。
植物に侵食されると一気に廃墟感が増す。

ikeshima44.jpg

建物と植物が組み合わさった奇妙な感覚は福岡のアクロスに通じるものがある。
参考:福岡市のド真ん中にある穴場スポット:アクロス福岡・ステップガーデン

ikeshima27.jpg

こちらは坑道の中で炭鉱マンを現場まで運ぶ高速人車。ドイツ製だ。
こちらもふだんはあまり見せないそうだ。

ikeshima28.jpg

比較的新しい機種で、操作はタッチパネルになっている。

ikeshima29.jpg

こちらの機関車はだいぶ機械的で、複雑で、錆びていて、そのスジの人が見たら大喜びのシロモノだ。

ikeshima30.jpg

ここからが探検ツアーの本編
トロッコで坑道に入る。
閉山したあとは入れないことになっているので、入るのはホンモノではなく研修で作られた擬似的な坑道だ。

ikeshima31.jpg

乗ってきたトロッコはこんな感じ。
奥に、外の光が見える。

ikeshima32.jpg

地上の荒廃したアパートも捨てがたいが、こちらの非日常感もたまらないものがある。
午後から晴れてきて気温が上がってきたが、坑道の中は涼しい。しかし、とてもジメジメしている。

ikeshima33.jpg

オトコノコの夢の一つであるドリルをギュインギュイン回す体験もできる。
ぜひとも巨大ロボの腕に付けたいシロモノだ。

ikeshima34.jpg

入ってきたのとは反対側の出口。
こちらは島の中央部にあり、海岸沿いの入り口と高低差があるため、15度の急角度になっている。

坑道内では他にも様々な機会や道具の説明、池島炭鉱の歴史を学んだ。
2500円の価値は十分にある体験をした。大満足。

ikeshima35.jpg

帰りの船まで時間があるので、港の周りをぶらり散策。
池島にはもともと鏡池という池があり、それが島の名前の由来だったが、炭鉱の営業開始に合わせて池を掘って外海とつなげて石炭船が入港できる大きな港にしている。

ikeshima36.jpg

石炭をベルトコンベアに載せる巨大機械だが、閉山後に錆びついて、台風や海風で操縦席部分が折れてしまっている。
となりのベルトコンベアも土台だけの部分があるので、先頭は落下してしまっているのだろう。

ikeshima37.jpg

朽ち果てるのは建物や重機だけではない。港もフェリー乗り場以外はメンテナンスされておらず、船着場が落下してしまっている。

ikeshima39.jpg

それにしてもこの島は猫が多い。
上陸してから出会った人の数より、猫の数が多いのではないか。

ikeshima38.jpg

朽ち果てていく機械も、彼らには関係がない。
ただ、涼しい場所を求めて横になるだけだ。

ikeshima40.jpg

猫スポットは何箇所かあり、フェリー乗り場もその一つだ。
どこからともなく猫が集まってくる。

ikeshima41.jpg

閉山前は猫はいなかったそうだ。
彼らは賑わっていた池島を知らない。

ikeshima42.jpg

島にちょっとしたにぎわいを持たせて、車を走らせるのにちょっと邪魔になる存在。そういう風に島民たちは考えているのかもしれない。
そう考えると、ぶらりと島に訪れたぼくらも、猫とあまり変わらないのかもしれない。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2013年09月20日:山内社長、ありがとう。さようなら。
2013年08月27日:廃墟と日常生活が共存する島、池島 (前編)

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -