2010年09月29日

ニンテンドー3DSは2011年2月26日発売!25,000円


スポンサーリンク

任天堂はニンテンドーカンファレンス2010で、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を2011年2月26日に発売すると発表した。価格は25,000円

E3で詳細が発表されていたが、今回のカンファレンスで新たな機能も明らかになった。

・バーチャルコンソール対応:ゲームボーイ、ゲームボーイカラーのソフトをダウンロード購入可能
・いつの間に通信:スリープ状態で無線LANに自動接続し、ゲームデータなどをインターネットから自動的にダウンロードする
・内蔵ソフト:3DSカメラ、3DSサウンド、インターネットブラウザー、Miiスタジオ、すれちがいMii広場、ARゲームズ、思い出きろく帳など
・引っ越し機能:購入済みのDSiウェアをDSi/DSiLLから移行可能(回数制限あり)
・保護者による使用制限機能:ゲームのレーティングによる起動制限や、ネット機能制限など
・同梱品:2GBのSDカード、充電台、伸縮するタッチペンが付属する

以前予想したとおり、バーチャルコンソールに対応してきた。
今のところ、ゲームボーイとゲームボーイカラーだけだが、Wiiでもそうだったようにあとで対応ハードを増やしてくる可能性は十分にある。ソフト単価が気になるところ。

すれ違い通信は同時に複数のソフトで可能ということだから、WiiFitのような部分インストールがあるのかもしれない。まだ発売まで時間があるので、そのうち細かい情報が出てくることだろう。

本体容量いっぱいまで購入したDSiウェアが3DSに移せるのは非常にありがたい。この対応をしてくれるのであれば、Wiiの次世代機に数万円分のバーチャルコンソールソフトを移せることだろう。ありがたや、ありがたや。

なぜ2月発売?

発売時期や価格についてはネガティブな意見が多いが、やや遅めの2月に予想価格上限で発売した意味を考えてみよう。

2月と言えば、ゲームソフトの新発売が少なく、ゲーム業界が盛り下がる時期だ。年末+お年玉商戦が終わり、3月の決算駆け込み発売ソフトが出る間の谷間になる。

年末商戦を外したのは現行ハードのソフトとパイの奪い合いになるのを避けた可能性がある。閑散期に発売すれば混乱も少ないと判断したのだろう。
中途半端な時期に発売すれば、どうしても欲しい人以外は手を出しづらくなり、欲しいソフトが発売するまで"待ち"の状態になる可能性がある。売上が伸びる時期に目玉ソフトと一緒に本体を発売すれば混乱を生むだけだ。
また、一般ユーザが買い始める時期に、ハードを買うきっかけになったソフト以外にも多くのラインナップがすでに市場に出回っている状況になれば、2本目のソフトに手を出しやすくなる。

また、2月発売であれば、年間売上のピークの一つとなるゴールデンウィーク~ボーナス~夏休みまでにある程度のハードを出荷することが期待できる。2011年の年末商戦までには十分なハードが出まわることになるだろう。ニンテンドーDS Liteの時のような混乱が少なければいいのだが。

なぜ25000円か?

高めの設定にしているのも発売が2月であるのと同じ理由だと推測する。 高性能なハードになったのである程度高くしたというのもあるだろうが、任天堂はあまり興味のない人が、ついうっかり買ってしまうのを避けようとしているのではないだろうか?

安いに越したことはないのだが、あまり気軽に買われてしまうと、ほんとうに欲しい人達に行き渡らない。1年後ぐらいに十分な供給ができるようになってから

最初はモノ好きのある程度年齢層の高いユーザを想定しているのではないだろうか。言い方はアレだが、しばらくは低年齢層はDS、ゲーマーは3DSという棲み分けができるかもしれない。

以上、私の勝手な妄想だが、個人的願望としてあんまり遊ぶ気がない人や転売屋は買わないでおいて欲しい。自分が手に入れにくくなるので。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2010年09月30日:Googleがゼルダファンを敵に回した瞬間
2010年09月18日:いま、「ポケットモンスターブラック ホワイト 回避」が熱い!

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける


コメント

機能を考えれば仕方がないが、この価格がどう影響するか といったところでしょうか。
機能も魅力的ですし、ソフトも十分すぎるラインナップなので難しいところですね。

http://www.asahi.com/business/update/0929/OSK201009290086.html
単に数を揃えられないからってことらしい。
本音は知らんけど。

はじめまして。
価格はともかく、発売時期は3つの理由で妥当かな、と。
一つはサードのロンチとVCの充実。
二つめは通信インフラの整備。
三つめはTV局など他業種とのコラボ。
これまでのようにハードとソフトができました、はいOK。
ってモノでもないので、足並みを揃えるためにも
閑散期の発売はベターな選択だと思います。

マジコンを(ある程度以上)封じ込める事が出来るなら多少高くてもかまわないです。分かっている人間が手を出すのはどうでもいいですけど、子供をそこに巻き込まないで欲しい。
と、転売がやりづらい仕組みを考えて欲しいですね。

いままでの任天堂からすると発表、即発売で「えー!もう出るの!」が普通ですから、11月の予定だったけど数が揃えられませんでした、に一票。
最初の一年は何をどうしても売れますから無理して安くして機能が抑えられる、と言うのを避けられたのは本当によかったと思います。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -