2007年05月09日

「探偵 神宮寺三郎DS」は1シナリオあたり、わずか333円


スポンサーリンク

アークシステムワークスはニンテンドーDS用アドベンチャーゲーム「探偵 神宮寺三郎DS いにしえの記憶」を7月19日に発売する。定価は税込み3990円。

探偵神宮寺三郎シリーズは、1987年にデータイーストが発売したディスクシステム用ソフト「探偵神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件」を原点とした20年の歴史を持つアドベンチャーゲーム。タイトルの通り、新宿を舞台とした探偵の物語で、ハードボイルドな大人の雰囲気の漂うストーリーが支持され、続編が多く作られた。

しかし、データイースト社の経営が悪化しワークジャムが販売権を取得し、プレイステーション2で第8作「InnocentBlack」を2002年に発売することとなった。その後、データイーストは2003年に倒産。ワークジャムは続いて2004年に「KIND OF BLUE」をプレイステーション2で、2005年に「白い影の少女」をゲームボーイアドバンスでリリースした。また、ワークジャムは携帯電話用に神宮寺三郎の新作も多数制作し、コナミモバイル上で配信している。

そして、今作「いにしえの記憶」は再び発売元が変わりアークシステムワークスが発売することとなった。今年5月にも携帯電話向けの新作をワークジャムがリリースしたばかりという事を考えると、どうも権利をアークシステムワークスに譲渡したというわけではなさそうだ。アークシステムワークスはニンテンドーDSで「Guilty Gear DUST STRIKERS」を発売した実績があるが、ワークジャムは今まで1本もニンテンドーDSでソフトを発売していない。任天堂とパブリッシャ契約をして自社販売するより開発元に徹しようという考えなのではないだろうか。

それはさておき、アークシステムワークスはまだ製品情報に「いにしえの記憶」の詳細情報を掲載していないが、楽天のいーでじで概要が掲載されている。

舞台は東京・新宿。複雑な人間模様が引き起こす本格サスペンスがついに携帯ゲーム機で楽しめる。 原稿用紙4500枚分 (180万文字)の特大ボリュームで、なんと12本の作品を収録!質、量、共に大満足のパッケージとなっております。

12本の作品を収録。すごい…。
定価3990円なので、1シナリオ=約333円。安ッ。
180万文字って作るほうも大変だが、プレイするほうも大変ではないだろうか。さすがにこの価格で12本すべてが新作書き下ろしの長編というのは考えにくい。旧作のリメイクとミニシナリオが大半を占めるものと思われる。

過去にリリースされた家庭用向けの「探偵 神宮寺三郎」は以下の通り

  • 1987年04月24日 FDS 「新宿中央公園殺人事件」
  • 1988年02月26日 FC 「横浜港連続殺人事件」
  • 1988年12月09日 FDS 「危険な二人 前編」
  • 1989年02月10日 FDS 「危険な二人 後編」
  • 1991年09月28日 FC 「時の過ぎゆくままに」
  • 1996年11月29日 SS/PS 「未完のルポ」
  • 1998年04月23日 SS/PS 「夢の終わりに」
  • 1999年11月25日 PS 「灯火が消えぬ間に」
  • 2002年10月24日 PS2 「Innocent Black」
  • 2004年04月22日 PS2 「KIND OF BLUE」
  • 2005年01月27日 GBA 「白い影の少女」

    以上10作品。
    携帯電話でリリースされた作品は以下の通り

  • 新宿中央公園殺人事件
  • 横浜港連続殺人事件
  • 危険な二人
  • 時の過ぎゆくままに
  • アカイメノトラ
  • 6枚の犯行
  • 亡煙を捜せ!
  • アオイメノリュウ
  • キトの夜
  • 四角の罠
  • イヌと呼ばれた男
  • ふた色の少女
  • 命絶つ刻限
  • 託された指輪
  • 真偽の狭間

    「時の過ぎゆくままに」までは移植、「アカイメノトラ」以降の11作品が携帯電話のみでのリリースとなっている。結構出ているもんだ。

    合計で21作品。どのシナリオがDS版に収録されるのだろうか。続報が楽しみだ。

    あと、過去の作品でも恒例となっているオマケ「謎の事件簿」がある。おそらくシナリオ数12というのはこれを数に入れているのだろう。謎の事件簿はデフォルメされたキャラクタが登場するコメディタッチのアドベンチャーゲーム。携帯電話でも「vol.1 民俗学者殺人事件」~「vol.20 新宿連続クイズ事件」の20作品がリリースされている。

    タッチスクリーンとアドベンチャーゲームの相性の良さはすでに多くのソフトで証明済み。シリーズのファンにとってはプレイしたことのあるシナリオが含まれてガッカリすることもあるだろうが、今までこのシリーズに触れたことのない人には非常にお得な作品となるのではないだろうか。ちなみにamazonで買うと1シナリオあたり283円になる。やっすいなあ。

    探偵 神宮寺三郎DS いにしえの記憶
    発売日:2007/07/19
    発売元:アークシステムワークス
    定価:¥3,990
    価格:¥3,391(15%OFF)


  • スポンサーリンク
    関連記事


    この記事の前後の記事
    2007年05月09日:レビュー:「パネルでポンDS」
    2007年05月08日:新事実発覚!「どき魔女」はもともとはDS用のゲームではなかった

    最新記事
    2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
    2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
    2017年07月07日:私はキンプラに殺された
    2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
    2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
    2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
    2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
    2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
    2017年03月04日:Switch発売に寄せて
    2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの


    トラックバック

    » 「探偵 神宮寺三郎DS いにしえの記憶」 の特典は「神宮寺推理メモ」 from ニンテンドーDSソフトカタログ
    アークシステムワークスから7月18日に発売されるニンテンドーDSソフト「探偵 神宮寺三郎DS いにしえの記憶」の特典はアマゾンによると「神宮寺推理メモ」に... [Read More]

    コメント

    携帯版は全てしましたが、そのほかの機種はやっていません。
    携帯電話版について言いますと、時の過ぎゆくままに以降は、難易度が下がってきているような気がします。
    しかしながら完璧な推理を行った者への特別報酬なども用意されており、楽しみ方も様々でした。
    DS版で、どのへんまで移植されるかは分かりませんが、時間のないときでもサッと取り出して遊ぶという点からすればお買い得だと思います。

    ただし私は携帯電話版しかやっていません。プレステ版などは本格的な推理ゲームになっているのかもしれません。

    コメントする

    ※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


    - N-Styles -