2007年05月02日

「どきどき魔女神判!」のパッケージ画像公開


スポンサーリンク

SNKプレイモアが発売するニンテンドーDS用タッチアドベンチャー「どきどき魔女神判!」のパッケージ画像が、amazonで掲載された。7月5日発売。CEROレーティングはC(15歳以上)

パッケージは登場人物の一人「赤井まほ」(14歳)を大きく描いたもので、とてもとても店頭で手にとることができないような恥ずかしい仕上がりになっている。パッケージ下部には大きくCERO Cのマークが貼り付けられており、任天堂のTouch!Generationsシリーズのような帯状のキャッチコピーが配置されている。

先日掲載したように、amazonのゲームストア売り上げランキングで1位になっていたが、5月2日現在も1位をキープしている

amazonが特典を付属させることを明示していることと、店頭で予約するのが恥ずかしいタイトルであることが高順位の原因と思われる。amazonでの好調だからといってものすごくヒットするとは限らない。

公式サイトのどき魔女ぶろぐ!では、amazonの1位についてプロデューサの松下氏が「夢かと思いました」とコメントしている。開発進行度については「「もうちょっと」で仕上がります。」とのこと。

N-Stylesでは今後もどきどき魔女神判の新着情報が入り次第、逐次掲載いたします。買わないけど。

どきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付きどきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付き
発売日:2007/07/05
発売元:SNKプレイモア
定価:5,040円
価格:4,284円(15%OFF)

関連記事
「どきどき魔女神判!」がamazonでとんでもないことに!
「どきどき魔女神判!」は15歳以上対象に
「どきどき魔女裁判(仮)」の正式タイトルが「どきどき魔女神判!」に
「あなたは良い人ですか?」→いいえ / 「どきどき魔女裁判」公式サイトオープン


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年05月05日:「どき魔女はゼルダよりポピュラー」と海外サイトが報じる
2007年05月01日:2006年度のWiiは予定の600万台販売をほぼ達成。2007年度目標は1,400万台

最新記事
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの


コメント

年齢制限があるので、「魔女たちの眠り」みたいなオドロオドロしいのを想像してました。
こっち方面での年齢制限でしたか♪
子供たちが、間違えて買ってしまいそうなかわいらしいパッケージですねえ。
親御さんたちは気をつけないといけませんねえ。
新作を買う前に、N―STYLで研究を!ってトコでしょうか。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -