2007年01月09日

パナソニックの乾電池でWiiが当たる!


スポンサーリンク

松下電器産業(パナソニック)は同社のアルカリ乾電池の購入者を対象とした、抽選でWiiが500名に当たるWiiプレゼントキャンペーンを1月1日から開始した。応募期間は2月末までで、当日消印有効。

対象となるのは簡易パッケージの9V型を除く、パナソニック製アルカリ乾電池で、応募には税込み1,300円分のバーコードが必要。オキシライド乾電池やマンガン乾電池、充電池等は対象外。応募用のはがきは店頭で配布されているほか、キャンペーンサイト上から印刷も出来るようになっている。

1,300円分の乾電池というと結構な量だ。単三電池がことごとくオープンプライスなのだが、店頭価格で1,300円を超えていればいいのかな?単三電池だと4本パック4個(16本)ぐらいで1,300円を超えるぐらいだろうか。Wiiの人気はともかくとして、これだけ敷居が高いと当選確率も高いのではないだろうか?

1,300円分ものバーコードを要求するのには理由があって、景品表示法で、商品金額が5,000円未満の場合には、取引金額の20倍以上のプレゼントを提供することを禁止されている。25,000円のWiiを賞品とするなら、最低1,250円分の商品を購入してもらう必要があるわけだ。

ここ最近、個人情報漏洩による多くの問題が報道される中、懸賞の応募が減ったといわれている。人気商品のためか、このパナソニックのキャンペーン以外にもWiiをプレゼントとするネット上の懸賞なども多い。SPAMメールなどが気にならないのであれば、ダメ元でいろんなキャンペーンに応募してみるのも良いのではないだろうか。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月09日:Wiiソフトレビュー2:おどるメイドインワリオ
2007年01月08日:Wiiソフトレビュー1:はじめてのWii

最新記事
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された


コメント

これは…職場の事務用品として購入すれば余裕の本数ですぜ、あれっくすのだんな。
(^^)ナイス情報ですね。

懸賞は必ず応募してますね~
特に雑誌の奴とかは、必ず出すようにしてます。
300人から、400人ぐらいなら結構当たるもんですよぃ
何回か当たった事あるし

店で告知を見て、1,300円分ってちょっと高いな~って思ってましたけど、こんな理由があったんですね。知りませんでした。

オキシライドならこの前買ったんですけど、アルカリのみなんですね。
Wiiやデジカメ用に買い溜めしておくかな。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -