2006年08月18日

レビュー:bit Generations ORBITAL


スポンサーリンク

タイトル:bit Generations ORBITAL
発売:任天堂
開発:スキップ
発売日:2006年07月27日
価格:2,000円(税込)

bit Generationsは先に発売された3作品もそれぞれ特徴のある作品ばかりだったが、第2シリーズはさらにクセが強い。オービタルは十字キーを使わない、AボタンBボタンだという非常にシンプルなゲームだ。

操作するのは宇宙空間を漂う惑星という設定で、Aボタンを押すと重力が発生、Bボタンで半重力が発生する。回りには他の惑星が多数漂っており、自分よりも小さい惑星と接触することでプレイヤが操作する惑星が大きくなる。自分よりも大きな惑星と接触するとミスとなる。最終的にゴール惑星を衛星として取り込むとステージクリアとなる。

1ステージクリアするごとにスコアに応じてライフが回復する。スコアによっては10以上もライフが回復したりする。これだけライフが多く設定されていると言うことは、ノーミスを前提としたプレイは要求されておらず、ミスをしながら学んでいくタイプのゲームであることが分かる。

実際、プレイしているとよくミスする。同じようなミスを何度も繰り返す。後半のステージは惑星の軌道が複雑に絡み合い、隙間を縫うようにして浮遊していかなければならない。

適度なストレスはゲームに重要な要素ではあるが、このゲームはちょっとストレス過多かなあと感じた。終盤のステージでは最適解を見つけ出してスッキリとクリアするのではなく、ライフを削りながら無理矢理ゴールする羽目になる。巨大惑星の側から小さな惑星をかすめ取るようなプレイはなかなか出来ず、惑星を取り込んだまま巨大惑星に直撃、玉砕という状況によく陥った。ミスでストレスが溜まりやすい割に、蓄積されたストレスの発散が出来ない。

プレイを一時停止すればスクロールも出来るので、画面の描画範囲外の状況を見ることが出来るのだが、それを多用するとテンポが悪い。しかし、画面の外の状況も把握していないとすぐに八方ふさがりの状況になる。

なんとも悩ましい、もどかしいゲームだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年08月18日:レビュー:bit Generations DIGIDRIVE
2006年08月13日:24時間でテトリス対戦を何戦出来るか挑戦

最新記事
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム



- N-Styles -