2006年08月18日

レビュー:bit Generations DIGIDRIVE


スポンサーリンク

タイトル:bit Generations DIGIDRIVE
発売:任天堂
開発:Q-games
発売日:2006年07月27日
価格:2,000円(税込)

bit Generationsシリーズ7作品中、唯一開発元が異なるのが、このデジドライブだ。Q-gamesはニンテンドーDSソフト「スターフォックスコマンド」の開発元でもある。代表取締役であるDylan Cuthbert氏はスーパーファミコン用ソフト「スターフォックス」の開発者だ。

開発元が異なるためか、他のソフトとは雰囲気が異なる。他のソフトは操作方法や見た目、システムのすべてにおいてシンプルさを追求していて説明書不要のわかりやすいゲームになっているが、このソフトは説明書を読んでもいまいちピンとこない。

詳しく説明すると説明書と同じ内容になりそうだし、それではなかなか理解できそうにないのでバッサリ省略。簡単に説明すると延々と十字路の交通整理をして、同じ形の車(シェイプ)を同じ場所に流していくゲームだ。

多数のシェイプが流れてくるようになると、瞬間的な判断を延々と続けないといけない。落ちモノパズルゲームの高難易度の状態、音ゲーの高難易度曲をプレイしているような心境になる。いわゆる脳汁どばどば感が満喫できる。

慣れというものは恐ろしいもので、あんなに大量のシェイプを処理できるはずがないと思っていても意外とできちゃうものだ。明らかに自分の限界を超えた速度に達しているはずなのに、何故か指が勝手に動いて処理できちゃっている状況が非常に愉快。なんだかものすごいことをしている気分になれる。

ただ、どうしてもルールが分かりづらい。いや、ルールそのものはある程度遊べば分かるんだが、どう遊んで良いのかがよく分からなかったりする。ハイスコアを狙うにはどのような方針で遊べばいいか直感的に分かりづらい。まあ、とりあえず4つの道のすべてにストック図形を作るアウトバーン状態を狙っていけば良いんだろうが、狙いすぎるとうまくいかないし、難しい。

bit Generationsのウリとしてのシンプルさはあまり感じられないが、アドレナリンをどばどばと放出したい人にはオススメだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年08月19日:レビュー:bit Generations Soundvoyager
2006年08月18日:レビュー:bit Generations ORBITAL

最新記事
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい



- N-Styles -