2006年02月19日

ニンテンドーDSに関する任天堂の発表の略歴


スポンサーリンク

どうも最近、任天堂の発表会の使い方が上手くなったなと思い、ニンテンドーDSがらみの発表のタイミングをまとめてみた。ついでに主要なソフトの発売日も掲載してる。

04年05月18日 "E3"開催
NINTENDO DSの仕様公開
07月28日 "NINTENDO DS"が正式名称であると発表
09月21日 NINTENDO DSの国内発売日、価格発表
10月07日 "NINTENDO DS PREVIEW"開催
本体同時発売タイトル発表
ポケモン最新作、FF3等の発表
11月03日~
11月28日
ニンテンドーワールドTouch! DSを全国5都市で開催
名古屋/大阪/東京/札幌/福岡
11月21日 北米でNINTENDO DS発売
メトロイドプライムハンターズ体験版同梱
12月02日 日本でNINTENDO DS発売
(初回出荷57万台)
メイドインワリオ発売
(初週 約12万本)
スーパーマリオ64DS発売
(初週 約12万本)
05年02月24日 ヨーロッパでNINTENDO DS発売
03月02日 nintendogsのパッケージ、発売日発表
NINTENDO DS本体新色(4色)発表
03月10日 "Game Developers Conference 2005"4日目
任天堂、岩田社長による基調講演
Revolutionの仕様を一部公開
(同日、ヨーロッパでNINTENDO DS発売)
03月14日 脳を鍛える大人のDSトレーニング発表
DS楽引辞典発表
やわらかあたま塾発表
03月24日 NINTENDO DS新色(ホワイト/ブラック)発売
04月21日 nintendogs(3パッケージ)発売
(初週 約14万本)
NINTENDO DS新色(ピンク/ブルー)発売
05月18日 "E3"開催
Revolutionの仕様、外観を一部公開
GAMEBOY micro発表
WiFiコネクション発表
05月19日 脳を鍛える大人のDSトレーニング発売
(初週 約4万本)
06月07日 "任天堂経営方針説明会"
すれ違い中継所の設置発表
06月09日 NINTENDO DS新色レッド発表
06月30日 やわらかあたま塾発売
(初週 約5万本)
任天堂前社長、山内相談役退任
08月08日 NINTENDO DSレッド発売
ジャンプスーパースターズ発売
(初週 約20万本)
08月18日 ゲームボーイミクロ発売日発表
08月17日 北米でNINTENDO DS値下げ
08月21日に$149.99→$129.99
09月13日 ゲームボーイミクロ発売
09月15日 たまごっちのプチプチおみせっち発売
(初週 約10万本)
09月16日 "東京ゲームショウ"開催
Revolutionのコントローラ公開
10月05日 "NINTENDO DSカンファレンス2005秋"開催
えいご漬け発表
もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング発表
国内でのWiFiコネクション詳細発表
FF3のスクリーンショット公開
11月14日 北米版MARIO KART DS発売
WiFiコネクション北米サービス開始
11月23日 おいでよどうぶつの森発売
(初週 約34万本)
WiFiコネクション国内サービス開始
12月08日 マリオカートDS発売
(初週 約22万本)
12月26日 都内で記者会見
本体販売台数が500万台突破と発表
4本のDSソフトがミリオンセラーと発表
12月29日 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング発売
(初週 約41万本)
06年01月05日 NINTENDO DS品切れのお詫びを掲載
01月26日 えいご漬け発売
(初週 約23万本)
01月27日 NINTENDO DS Lite発表
02月10日 NINTENDO DS Liteカラーバリエーション発表
02月15日 "NINTENDO DSカンファレンス2006春"開催
7本のDSソフトがミリオンセラーと発表
DS地上波デジタル放送受信カード発表
ニンテンドーDSブラウザー発表
漢字そのままDS楽引辞典発表
DS美文字トレーニング発表
しゃべる!DSお料理ナビ発表
テトリスDS発表
03月02日 NINTENDO DS Lite発売予定
聖剣伝説DS CHILDREN of MANA発売予定
03月23日 "Game Developers Conference 2006"3日目
任天堂、岩田社長による基調講演予定
05月09-12日 "E3"開催予定

※赤地は任天堂単独でのイベントもしくは会見での発表
 青地は任天堂単独ではないイベントでの発表
 黄色はウェブサイトやニュースリリースによる発表


2005年第一四半期ではサイト上での発表やGDC、E3等のイベントに合わせて動いているが、第二四半期以降はほぼ季節ごとに発表会を開いている。特に「NINTENDO DSカンファレンス」と銘打った発表会ではプレゼンテーションの内容をそのままサイト上で公開するなど、プレス向けでありながらユーザへの配慮を忘れていない。また、数年前からGDCやE3など海外向けイベントに積極的だった任天堂だが、昨年は今まで軽視していた東京ゲームショウでレボリューションのコントローラを公開するなど、特に日本のユーザを強く意識し始めた思える。この傾向が続くとしたら、E3後に国内向けのプレス発表会が行われそうだ。逆に言えば、国内向けのカンファレンスを終えたばかりの時期に開催されることとなるGDCやE3では、レボリューションは世界展開についての新たな情報が続々と出てくることが期待できそうだ。

ところで、最近よく任天堂がApple的だという評を目にする。今回のNINTENDO DSカンファレンス2006春ではたしかにApple的、というよりはジョブズ的だった。AppleのCEOのスティーブジョブズは一通り発表が終わったように見せかけて「One more thing...(もう一つ発表することがあるんだ)」と言って新製品を取り出すプレゼンで有名だ。今回の岩田氏のプレゼンはまさにジョブズ的なプレゼンと言えるだろう。好調な業績の発表、新しいソフトの発表、そしてもう一つ、ニンテンドーDSブラウザー。さらにもう一つ、地上波デジタル受信カード。最後に取り出したワンセグ対応カードが岩田氏にとって一番のサプライズだったのだろう。

さて、こうして一覧表にすると見えてくるものがある。
どうも不自然な時期に一部のニュースリリースを行っているようにみえる。例えば、ニンテンドーDSの国内向け発売日と価格の発表。これはまさに唐突だった。このスケジュールを見ると、本来は東京ゲームショウが終わり、一段落付いた頃に開催される「NINTENDO DS PREVIEW」で発表するつもりだったことが容易に推測できる。この日は東京ゲームショウ開催の数日前で、ソニーコンピュータエンタテインメントの発表会当日である。ニュースリリースを出したのはその発表会開催の直前である。発表会で発表されるであろうPSPの価格と発売日と比較させることが目的であったことは間違いない。

その当日午後、突然任天堂は自社サイトのトップページにニンテンドーDSの発売日と価格を掲載、非常に簡素なニュースリリースを出した。ニュースリリースの添付書類には概要が記され、ピクトチャットを内蔵することや本体の寸法、バッテリの持続時間などのスペックが初めて明らかになったものの、同時発売ソフトの発表もなく、明らかに急遽出したニュースリリースだと見て取れる。
具体的な時刻は不明だが、このニュースリリースが掲載されたのはPSPの発表会の開始1時間前と言われている。その結果、PSPの発表会は開始時間が20分程度遅れた…。以前から東京ゲームショウで販売店向けの発表を行うと言われており、その会場で当然価格と発売日が発表されるものだと考えられていたが、実際には発表されなかった。──開始時間の遅れ。その間に発表内容の変更が話しあわれたことは想像に難くない
2004年9月21日、この日が日本のゲーム史上において最もエキサイティングな1日だったと言っても過言ではない。

最近の話だと、Liteの発表が非常に不自然だ。直後に格好のお披露目の場である発表会を予定していたのに、なぜ中途半端に2点の写真だけの発表を行い、その2週間後になってようやく特設サイトが始動したのか?
やはり品薄に対する批判を回避するためであり、出回りつつあったリーク情報による混乱を沈静化するためだったと考えられる。本来は発売まで1ヶ月もないカンファレンスで始めて披露するつもりだったに違いない。発売前ギリギリでの発表もApple的で興味深いが、何よりその戦略をぶちこわして予定外に発表を前倒しにした判断力に感服した。品薄が続き、それがようやく緩和され始める時期に「来月新型が出ます」ではやっと手に入れた消費者は不満を抱くだろうし、かといって年末商戦で爆発的に売れている最中に「新型を作ってます」と言うわけにもいかない。消費者の不満を最小限に抑えた実に絶妙なタイミングの発表だった。

このように、本来はあとで発表するつもりだったものを前倒しにして発表する場合、ニュースリリースを用いるのは非常に都合が良い。これから立て続けに大きなイベントが続く。任天堂にとって何か予想外の展開があった場合、イベントで大々的に発表されるはずだった重大な情報が唐突にニュースリリースとして出てくることがあるかもしれない。レボリューションの仕様や価格など、具体的な情報が噂として漏れ始めたら要注意だ。

スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年03月02日:本日発売!ニンテンドーDS Lite - 確実に手に入れるには?
2006年02月18日:CEROの自主規制区分を変更、18禁を新設

最新記事
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング


トラックバック

» ニンテンドーのネタ from ネタ蔵
ニンテンドーのネタを追いかけるヨ! [Read More]

» 任天堂経営方針説明会から予想できること from N-Styles
6月7日に、都内で任天堂の経営方針説明会が行われ、岩田社長による1時間半の講演が行われた。テキストに起こしたものを数日かけて掲載したが、その作業の過程でな... [Read More]

コメント

今日発売のニンテンドードリームでマザーの画像が公開されてますね
なんかベンチの雰囲気が変わった気がする

グラフィックは2からあまり変わって無い様なので一安心しました。あんまり格好よくなり過ぎてたら嫌だなぁとか思ってたんですけど。ただ、あんまり変わって無い事に文句を言う奴が出て来そうですが。

山崎 奇跡の購入!7000円!

補正の仕方を・・・・・・!

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -