2005年08月18日

ゲームボーイミクロ、国内発売は9月13日


スポンサーリンク

任天堂はゲームボーイミクロを9月13日に12,000円で発売すると発表した。本体の他にポーチとACアダプタが付属する。

発売される本体はシルバー、ブラック、ブルー、パープル、ファミコンバージョンの5種類で、ファミコンバージョンのデザインは現在非公開となっている。北米では3枚付属するフェイスプレートは日本での発売時は本体色と同じ1枚のみになる模様。フェイスプレートは別売りされる予定だが、価格やデザインは発表されていない。

ゲームボーイミクロはゲームボーイアドバンス互換のハードだが初代ゲームボーイアドバンスや、SPと異なる点がいくつかある。まず液晶がバックライトのついた明るくて見やすい物に変わっている。ゲームボーイやゲームボーイカラーのソフトが遊べない。コネクタ形状が変わっているため、通信ケーブルや無線アダプタは専用のものを使うか、変換コネクタ(800円)が必要になる。

なお、9月13日にはあっという間に店頭在庫がなくなって入手困難だったファミコンミニ スーパーマリオブラザーズの再販(2,000円)、名作パズルゲームをセットにしたドクターマリオ&パネルでポン(2,000円)、それとマリオテニスアドバンス(3,800円)が発売される。

発売日は大方の予想通りだったと思うが、値段はちょっと高い印象を受けた。この価格で来るなら、DSやSPの値下げはなさそうだ。あとはファミコンバージョンやフェイスプレートのデザインがどれぐらい物欲をそそるものになるのかが気になるところだ。透明プレートとか発売されて自作できると良いなあ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年08月22日:ゲームボーイミクロファミコンバージョンのデザイン公開
2005年08月18日:GAMEBOY MICRO、北米で9月19日に発売

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -