2005年08月18日

GAMEBOY MICRO、北米で9月19日に発売


スポンサーリンク

任天堂の北米法人、NINTENDO OF AMERICA(NOA)は、GAMEBOY MICRO(ゲームボーイミクロ)を9月19日に99ドル99セントで発売することを発表した

ゲームボーイミクロはゲームボーイアドバンス互換の新ハードで、非常にコンパクトなボディにバックライト液晶を搭載している。詳細は5月に書いた記事を参照していただきたい。

発売されるパッケージはBLACKとSILVERの2種類で、3つの着せ替え可能なフェイスプレイトが付属する。
SILVERに付属するフェイスプレイトは「BLACK」「LADYBUG(レディバグ・てんとう虫)」「AMMONITE(アンモナイト)」の3種類
BLACKに付属するのは「SILVER」「FLAME(フレイム・炎)」「CAMOUFLAGE(カモフラージュ・迷彩柄)」だ。

国内ではいつ発表されるのだろうか?NINTENDO DSの発売が日本に先んじて北米で発売されたのに続いて、新ハードが北米先行ということになりそうな予感・・。9月13日に任天堂がゲームボーイアドバンス用ソフトを3本同時発売するタイミングに出てくれると言うことないのだが。

価格も気になるところだ。現在、北米でのゲームボーイアドバンスSPの価格は79ドル99セントであるのに対して、国内での価格は9,800円だ。1ドル110円換算だと国内のほうが割高な状態になっている。99ドル99セントのMICROが仮に為替レートどおりに価格が決められると、1万円強ということになるだろうか?SPと同価格になることは考えにくいので、SPが値下がりしない限り1万円を切る価格で発売されることはないだろう。

前回の記事に書いたように北米ではNINTENDO DSの価格改定も予定されており、DS-GBM-GBSPの価格が130-100-80と良い感じに価格差がついている。一方で日本国内では現在、8,800円のアドバンスもふくめて、DS-GBSP-GBAの価格が15,000-9,800-8,800となっている。ここにMICROを入れるとどうなるか?できれば全体的に価格を下げて欲しいものだ。旧GBAは製造中止にして、DS-GBM-GBSPが12,800-9,800-8,800あたりでどうかな。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年08月18日:ゲームボーイミクロ、国内発売は9月13日
2005年08月17日:NINTENDO DSが北米で値下げ決定

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


トラックバック

» 迷彩柄のズボン(カーゴパンツ) from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
今日は、WoodFieldさんから迷彩柄のズボンが当選しました。 応募総数42... [Read More]


- N-Styles -