2005年03月19日

メテオス日記 26日目 初週売り上げ


スポンサーリンク

間近に迫る年に一度の大イベント(具体的に言うと来月の頭)に備えてネタ探しをする毎日です。
十中八九、微妙なネタを披露して怒られて謝罪しますので先に謝っておきます。ごめんなさい。

さて、メテオスの初週売り上げはメディアクリエイト調べによると2万2千本だったそうな。
全くの新規タイトルでパズルゲームならこれはヒットと言っても良いはずなんだけど、なんだけど、だけど・・・、いやいや。2週目のほうが売り上げが多いとか、そんな展開でゆくゆくは20・・・いや、10万ぐらいはいくんじゃないかなあ。どうだろうなあ。

大プッシュしている手前、具体的な売り上げの予想はあえてせずに「2万本ぐらいいけばいいんじゃないの?」と心の中でひっそりと思っていたのだが、それ以下にならなくてよかったなあと。あの程度の露出で普及途中ハードの完全新作が何万本も売れるほどゲーム業界は潤っていないってことだろう。ファミ通のクロスレビューでプラチナを取ったからと言ってすぐに買いに走る人もそれほど居なかったのだろう。
別に悲観しているわけじゃなくて、メテオスが真価を発揮するのはこれからだと信じている。

はっきり言ってしまえば、発売前のメテオスは完全に無名。前評判なんてあってないようなものだ。イベントやら店頭ダウンロードに飛びついて発売前から大騒ぎしている一部のコアなゲームマニアたちに先導されたので、ネット限定で局地的にたまたま盛り上がっていたに過ぎないんじゃないかなあ。
一般の人がイベントでメテオスをさわるとか、たまたま店頭の体験版ダウンロードを見かけて偶然持っていたDSでダウンロードするとか、体験版ダウンロードを見かけてから日を改めてわざわざDSを持ってきてダウンロードするいうのはかなり稀。ネットであらかじめ情報収集していた人以外で、体験版を手に入れた人は数百人しかいないんじゃないだろうか。

だが、発売されたからには、購入した一般の人たちがネットを介さずとも周りにメテオスの面白さを伝えてくれる。きっとそこからメテオスの輪が広がっていく・・・といいなあ


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年03月20日:メテオス日記 27日目 批判が出るのは良い傾向
2005年03月18日:メテオス日記 25日目 ちょっとした裏技

最新記事
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?


コメント

 あれっくすさん、はじめまして。
 メテオスは面白いゲームなので、スマブラのようにユーザーの布教でこれから伸びていくことを願っています。(私は手始めに姉と友人に勧めてみたのですが、大絶賛してくれました。)

発売前の世間での浸透具合から言えば、まずまずの数字ではないかなと思います。後はジワジワと伸びてくれることに期待したいですね。何とか10万本を超えてほしいのですが…。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -