2005年02月28日

メテオス日記 7日目 店頭体験版レポート


スポンサーリンク

アナザーコードを発売翌日に手に入れたわけだが、週末の間にクリアすることが出来た。
詳しい感想はレビューとして後日掲載することにしているが、先に結論から言えば非常に素晴らしいゲームであった。多少クセがあるので無条件に薦めるタイプのものではないが、アドベンチャーゲームに抵抗がなければ確実に「買い」だ。

さて、今日は体験版配布の話だ。

2月26日から無線による店頭体験版の配布がスタートしている。体験版配布店舗リストは任天堂が掲載している。大形家電量販店チェーンのゲームコーナーがメインになっているため、残念ながら多くの県で1軒も配布店舗がないという状況だ。好評であれば増える可能性もあるのではないだろうか。
自分もさっそくダウンロードしてきた。

引きの写真を取り損ねたので写っていないがが、ダウンロード用の体験台の什器には1台のDSが直接触れる形で設置してある。これは特に無線配布とは無関係で自分が行った店舗ではさわるメイドインワリオの店頭体験版が取り付けてあった。什器にはダウンロードの手順を示す案内が貼付されており、その説明を見ながら持参したDSを操作することになる。また、什器上部には配布しているゲームの紹介ビデオを上映するモニタが取り付けてあり、こちらでもダウンロード手順を紹介している。
一つ注文を付けるとしたら、電源を切ったらダウンロードしたゲームが消えてしまうが、スリープモードにしても消えないことを載せておくべきだろう。その場で遊ばれたら店も迷惑だろうし。ダウンロードしたらDSを畳んで持ち帰るのが基本スタイルだと思う。

さて、ダウンロードの際に操作する必要があるのは持参したDSだけ。つまり配布用の無線電波が常に垂れ流しの状態になっているようだ。

まずは大合奏バンドブラザーズの追加楽曲をダウンロードした。バンドブラザーズを起動してスコアトレードを選択、上画面に並ぶ6曲の中から一つ選んでダウンロードする。保存できる局数は全部で8個なので、自作曲が多い場合は枠が足りなくなる可能性がある。一曲ダウンロードするごとにメインメニュー画面に戻るので、同じ操作を繰り返して6曲とも手に入れた。うち2曲、ジャングルビートとスライダーはpdf配布もされている曲だが、入力の手間と正確さを考えるとダウンロードしたほうが良い。

続いてメテオスの体験版をダウンロードした。DSを起動してダウンロードプレイを選択し、しばらく待つと直感ヒトフデとメテオスが選択できる画面になる。

この際にメニュー上にそれぞれの項目が出るまでの時間に差があった。開く度にそれぞれの項目がメニューに出るタイミングが変わっている。どうも配布元自体が別々になっているようだ。体験版配布什器の中身は見えなかったが、ひょっとすると中にDSが3台入っていて無線配布状態で起動したままになっているのかもしれない。画面を見ると、配布者を含めて8人の同時通信が可能になっていた。つまり同時に7人までダウンロードできそうだ。

一応以前から店頭で無線通信を使ったサービスを任天堂は提供している。ジョイスポットがそれだ。実際の利用状況はわからないが、本体には無線機能がないためワイヤレスアダプタが必要であること、そして何より対応ソフトが必須であるため限られた人たちに向けたサービスとなってしまっている。それに対し、この体験版配布は本体さえあれば良いということや、DSでのスリープモードが非常に使いやすい ─ 本体を畳むだけでいい ─ のですごく便利なサービスに進化しているように思える。これから認知度が上がってより多くの地域、店舗でダウンロードできるようになることを願う。

さて、実際にダウンロードして確認したわけではないが、どうも直感ヒトフデのほうは製品版から配布される体験版と同じもののようだ。一方、メテオスは公式サイトでも記載してあるが、製品版よりも古いバージョンが入っているとのことだ。もしかすると次世代ワールドホビーフェアバージョンと同じものかもしれない。検証してみよう。


左がワールドホビーフェア福岡会場で配布された体験版、右が店頭配布体験版だ。
完全に同じ条件で撮影したわけではないので、若干色味や角度が異なっているがほぼ同じだ。タイトル画面で若干記述に違いがあるが、ゲーム画面のほうは違いが分からない。実際にプレイしてみても違いは分からなかった。
プレイモードに関してもシンプルと2P対戦のみとなっていてまったく同じだ。仕様が変わっていないとしたら互いに対戦も可能かもしれない。

余談ではあるが、店頭でDSのパッケージ大のメテオスパンフレット(2つ折り4ページ)が配布されている。これの表面がメテオスのパッケージ画像そのものなので、DSのケースに押し込めば製品版メテオスっぽいものの出来上がりだ。発売までこれを眺めつつ体験版をプレイすれば少し幸せでもあり、寂しくもあり。

さて、発売まであと10日ほど。
待ちきれない人、文字や静止画だけの情報ではいまいちピンと来ない人は是非ともダウンロードして欲しい。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年03月01日:メテオス日記 8日目 メテオスとの出会い
2005年02月27日:メテオス日記 6日目 印象が悪かったメテオス

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて


コメント

本日、あの台の中身を見る機会に恵まれました。
中にはDSが2台に入ってました。電源のことだけちゃんとすれば、管理は楽そうです。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -