2016年05月18日

ずっと行きたかった飲食店に行ってきた


スポンサーリンク

その存在を知ってから、ずっと行きたいと思っていたある飲食店に行ってきた。

84-16

この写真を見れば…というか、ロゴを見れば分かる人にはわかると思うが、「84」というお店だ。
とても内装が素敵なお店だ。

84-10
84-11
84-9
84-3

壁面には任天堂ファンには馴染みの深い面々―宮本茂さん、近藤浩治さん、手塚卓志さん、青沼英二さん…他―の色紙が飾られている。

84-15
84-1
84-7
84-6
84-2

貴重なグッズも盛り沢山だ。
宮本さんのサイン入りゲームボーイミクロ、ファミコンカセットに貼る前のスーパーマリオのシール(なんでこんなもんが存在するんだ…?)、マザー2のスカジャン。

84-12
84-13

ぬいぐるみもいろいろと揃っている。

84-14

天井にも飾り付けが。

84-4

こんなものもある

84-5

お金を入れたら回せる。

84-8

中身は缶バッジとステッカー。レアなバッジがたまに入ってたりする。
連れて行ってくれた常連さんが一度も引いていないのに、私も含めた初見組が次々レアを引いていたので悔しがっていた。

さて、この店がどこにあるのかというと…言えない。言うことができない。
会員制で、既存会員に連れて行ってもらうしかない。ものすごくわかりづらい場所にあり、看板もない。

店名の「84」はゲームデバッグ会社「猿楽町」の社長でもある店長の橋本さん、通称橋本長官の名前から取ったもの。
ちょーかんの手料理を、ちょーかんの友達や友達の友達と一緒にアットホームな雰囲気で食べることをコンセプトとしているので、繋がりのない人たちはお断りなのである。偶然店の場所を知ったとしても、紹介がなければ入店できない。

そして、残念なことに時間の都合で閉店ギリギリのタイミングでしか来店できず、フードのラストオーダー時間を過ぎていて飲み物しかいただけなかった。次に行く機会ができたら時間を確保してじっくり食事を楽しみたい。

なお、来店時にちょーかんにご挨拶させていただき、撮影および掲載許可を頂いております。ありがとうございます。閉店間際に騒がしくしてすみません。
ちなみに、ちょーかんはN-Stylesのことをご存知でした。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2016年06月08日:手帳型iPhoneケース「RAKUNI」の満足度が高い
2016年05月13日:「手のひらの露1〜3」を読んだ

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -