2007年05月12日

バーチャルコンソール作品の動画を一挙公開


スポンサーリンク

vc_screen_shots.jpg任天堂の運営するWiiのプロモーションサイトWii.comで、バーチャルコンソールで配信されている100タイトル以上のゲームソフトの映像が一挙に公開された。現在公開中の映像は4月24日までに配信を開始した作品。

並んでいるタイトル画像をクリックすると、ゲームのタイトル画面と、ゲーム序盤のプレイ画面が表示される。時間は30秒程度だが、映像で見るとどのようなゲームなのか非常にわかりやすい。

こうしてみると、ファミリーコンピュータの初期作品のタイトル画面はみんなものすごく地味。カートリッジの容量が少なかったこともあり、画像をほとんど使用せず真っ黒の背景にタイトルとメニューが並んでいるだけのものが多い。さすがに今のゲームソフト比べると地味ではあるが、他のファミコンソフト比べるとその当時としてはスーパーマリオブラザーズのタイトル画面がものすごく凝っていることが分かる。

多少派手にはなっているものの、スーパーファミコンでも黒背景の上部にタイトルロゴという基本スタイルは継承されていて、PCエンジンも似たようなタイトル画面が多い。それに比べるとメガドライブはものすごく派手。違う文化圏に位置するハードのように思える。これがセガらしさなのかな。

個人的な話で恐縮だが、今のところバーチャルコンソールでダウンロードしたのは以下の作品

  • スーパーマリオブラザーズ(ファミリーコンピュータ)
  • 星のカービィ夢の泉の物語(ファミリーコンピュータ)
  • 悪魔城ドラキュラ(スーパーファミコン)
  • R-TYPE III THE THIRD LIGHTNING(スーパーファミコン)
  • ワンダーモモ(PCエンジン)
  • R-TYPE I(PCエンジン)
  • R-TYPE II(PCエンジン)
  • バーチャファイター(メガドライブ)
  • レンタヒーロー(メガドライブ)
  • ガンスターヒーローズ(メガドライブ)
  • タントアール(メガドライブ)

    最後までクリアしたのは半分ぐらいで、残りの半分は途中で投げ出してしまっている。うーん。5000円のポイントカードは2枚目に突入しているが、メニュー画面はまだ2ページ目なので3枚目4枚目のカードにも手を伸ばしてしまいそうだ。


  • スポンサーリンク
    関連記事


    この記事の前後の記事
    2007年05月12日:どき魔女は剣と魔法のバトルモードも搭載
    2007年05月09日:レビュー:「パネルでポンDS」

    最新記事
    2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
    2019年09月18日:2019年の誕生日
    2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
    2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
    2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
    2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
    2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
    2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
    2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
    2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた



    - N-Styles -