2007年01月10日

韓国版ニンテンドーDSにネクソン社参入、メイプルストーリーを開発


スポンサーリンク

韓国のネクソン社はニンテンドーDSに参入することを発表した。また、参入第一弾としてパソコン向けの横スクロールアクションRPG「メイプルストーリー」を発売予定であることをあわせて発表した。

メイプルストーリーは多人数同時接続型オンラインロールプレイングゲームで、アジア・北米・ヨーロッパの58ヶ国でサービスを展開しており、全世界で5000万人以上、日本でも140万人以上の会員がいるという。アバターと呼ばれるプレイヤの分身を利用できること、ユーザの多くが低年齢層であることが特徴的だ。

ニンテンドーDS版のメイプルストーリーは、韓国で2007年度に発売予定で、その後各国へのローカライズを行っていくという。日本での発売は今のところ未定。また、ニンテンドーDS版がWi-Fiコネクションに対応するかどうかも不明。PC版との連携があるかどうかも不明。

任天堂は2006年7月7日に韓国のソウルに韓国任天堂を設立しており、1月18日にニンテンドーDS Liteを発売予定。日本版のカラーバリエーションからエナメルネイビーを除いた4色を発売し、価格は150,000ウォン(約19,000円 )。同時発売ソフトは"Brain Age"(脳を鍛える大人のDSトレーニング+数独)の韓国語版(28,000ウォン、約3,500円)と、"英語漬け"の韓国語-英語版(33,000ウォン、約4,200円)。2007年後半にはWiiも発売予定としている。

韓国はネットワークゲームに強い国という印象があるが、ニンテンドーDSやWiiが韓国に上陸していくことで、ネットワークゲームのメーカーの参入が増えていきそうな予感がする。任天堂もネットワークに対応したソフトをたくさんリリースしているが、韓国のメーカーが任天堂とはまた違った使い方でネットワークを活用してお互いに刺激しあえれば、家庭用ゲームにおけるネットワークの活用法に新たな道が開けてきそうな気がする。気がするだけ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月10日:Wiiの国内累計販売台数が100万台を突破
2007年01月10日:ホリエモンもWiiに熱中?!

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

やっぱPC版のIDをそのまましようしたいですね


- N-Styles -