2007年01月06日

Wiiバーチャルコンソールの1月ラインナップ


スポンサーリンク

過去のゲームソフトをWiiにダウンロードしてプレイできるバーチャルコンソールの1月配信予定リストが任天堂から発表された。

()内は発売元、数字は購入に必要なWiiポイント(1ポイント=1円)
ファミコン
・いっき(サンソフト) 500
・アイスクライマー(任天堂) 500
・光神話 パルテナの鏡(任天堂) 500
・リンクの冒険(任天堂) 500
スーパーファミコン
・ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(任天堂) 900
NINTENDO64
・マリオカート64(任天堂) 1,000
メガドライブ
・ボナンザブラザーズ(セガ) 600
・ゲイングランド(セガ) 600
PCエンジン
・エイリアンクラッシュ(ハドソン) 600
・モトローダー(ハドソン) 600
・R・TYPE II(ハドソン) 600
・ソルジャーブレイド(ハドソン) 600

エイリアンクラッシュのみ1月9日と配信日が確定しているが、それ以外は1月の何日になるのか不明。

12月もリリースギリギリになって発表されたタイトルや、なぜか延期されたままの魂斗羅スピリッツなどもあるので、1月のラインナップも今後変更される可能性が高い。

とりあえずボナンザブラザーズとR-TYPE IIを購入決定。ちなみにPCエンジンのR-TYPE IとR-TYPE IIは続編ではなく、R-TYPEという1本のアーケードソフトをPCエンジンに移植する際に、容量の都合で1~4面と5~8面で2つのソフトに分割したというとんでもない代物。パスワードで連動するようになっている。非常に紛らわしいが、PCエンジン版のR-TYPE IIとR-TYPEの続編であるアーケード版R-TYPE IIは無関係。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月06日:クラブニンテンドーのプラチナ会員特典は世界でひとつのWiiリモコン(の電池ブタ)
2007年01月06日:WiiのCMに明石家さんまと松岡修造が登場

最新記事
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう


コメント

うわあスゴイ!
いっき、アイスクライマーと、タイトルを見ただけで胸が踊りましたよ。
ファミコンは確か700~800本くらい発売されてましたっけ?
全て出るのかなあ。
オイラはディスクシステムは持ってなかったので、こうして遊べる機会に巡り逢えて夢のようにうれしいですよ。

ロクヨン更新ペースが遅いなぁ…。
Wiiで時のオカリナやF-ZERO Xを遊べる日はいつになるのやら。

64ソフトはたしかに少ないっす。自分としてはリンクとパルテナがラインナップに入っているのはうれしい。バーチャルコンソールでムジュラの仮面やりたいっす。


- N-Styles -