2006年08月19日

レビュー:bit Generations Soundvoyager


スポンサーリンク

レビュー:bit Generations Soundvoyager
タイトル:bit Generations Soundvoyager
発売:任天堂
開発:スキップ
発売日:2006年07月27日
価格:2,000円(税込)

bit Generationsシリーズはすべてシンプルな画面で構成されているが、このサウンドボイジャーはその極北だ。基本的にプレイヤは目を閉じて、音を頼りにプレイする。要するにシンプル云々以前に画面はまったく必要ない。

プレイにはステレオヘッドホンが必須。左右の音の差で方向を見定め(聞き定め?)て、操作をしなくてはいけない。ステレオをしっかりと感じ取るためには、目を閉じた方が良い。

このソフトには7種類のゲームが収録されているが、どのモードもルールは非常に簡単だ。基本的にはターゲットを取るか、障害物を避けるかしかない。ターゲットと障害物は音でプレイヤとの相対位置が分かるようになっている。

右耳に感じる音が大きければターゲットが右側に、左耳に感じる音が大きければ左側に、同じように聞こえれば正面にあることがわかる。その音を頼りに操作していく。

最初は画面上にもターゲットが見えるようになっているが、次第に画面が暗くなり、なにも見えなくなる。あとは音を頼りにプレイするしかない。モードによってはターゲット以外の音も混ざってくるので、注意してかすかな音も漏らさないようにしなくてはいけない。静かな環境でプレイすることをオススメする。

音だけで空間を感じ、画面に出てこないターゲットや障害物の位置を感じるのは、今までのゲームでは味わえなかった新しい感覚だ。プレイすればするほど、聴覚がとぎすまされる感覚を覚える。

いっそ、シンプル極まりない画面は完全に無視して、目を閉じ、音から感じられるイメージを瞼の裏に描くと良い。そこにあるはずのないニワトリやトラックなどが、そこにそれが居ると分かる位置に現れてくるだろう。

何時間も連続して遊べるゲームではないが、この不思議な感覚を試したい人は、手にしてみると良いだろう。


スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2006年08月20日:レビュー:bit Generations COLORIS
2006年08月18日:レビュー:bit Generations DIGIDRIVE

最新記事
2024年06月16日:10年ぶりにテレビ周りを刷新した話
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)



- N-Styles -