2005年09月13日

セガとチュンソフトが提携、シレンDS発売へ


スポンサーリンク

9月9日に開催されたセガのコンシューマ戦略発表会2005で、セガとチュンソフトが業務提携を行い、チュンソフトが開発したソフトをセガが発売および販売を行うことが発表された。その発表の中で、ニンテンドーDS用ソフト「不思議のダンジョン風来のシレンDS」が2006年内に発売されることが明らかになった。価格等の詳細は不明。

不思議のダンジョンシリーズはプレイする度に地形の変わるマップが魅力のRPGだ。今までのシリーズ作品では半透明のマップをプレイ画面と重ね合わせて表示させることで、いちいちメニューから地図を呼び出さなくても済むように配慮されていたが、今回は2画面という強力な武器を手に入れた。片方の画面に常にマップを表示させるような画面構成も考えられる。もしくは所持品一覧を下画面に出して、タッチパネルで操作させれば、アイテム使用時にメニューを一切使わせないというのも悪くない。

また、チュンソフトの中村社長は「ニンテンドーDSは魅力的。2画面やタッチペンなども当然だが、これまでパスワードなどによって行なってきた“救助”を、標準的に行なうことができる。より面白いことができる」とコメントしていることから、通信機能を駆使した救助が盛り込まれるようだ。救助と言えば、同じ不思議のダンジョンのニンテンドーDS用ソフト「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」が思い出される。シレンとポケモンの2つの不思議のダンジョンがDSに登場するわけだが、キャラクタ以外の部分でどのような差別化が図られるかが見物だ。シレンが2006年内の発売ということであれば、2005年内のサービスインを予定している任天堂の無線LANサービスとの連携が行われる可能性も考えられる。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年09月13日:ゲームボーイミクロ本日発売!Happy Birthday Mario!
2005年09月05日:任天堂、携帯電話向けコンテンツ提供開始へ

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

差別化の点は大丈夫でしょう。
ポケモンは良くも悪くもポケモンだと思います。
両方それぞれ期待してますが。

ポケモンで通信実験&不思議のダンジョンのPRして、
シレンにフィードバックしてくれれば理想かな。

チュンとセガの提携というのも、
今後面白くなりそうですね。


- N-Styles -