2005年01月15日

WHF版メテオス体験版は対戦も可能


スポンサーリンク

今週末から大阪を皮切りに全国4都市で開始される次世代ワールドホビーフェアのバンダイブースで出展される「メテオス」だが、公式サイトで展示内容の詳細などが明らかになった。

先週から手持ちのDSにダウンロードできる体験版が配布されることをほのめかしていたが、配布されることが確定した。さらに、この体験版をダウンロードしたDS同士で2P対戦が出来ることが明らかになった。

体験版と言うこともあり、いくつかの制限があり、対戦は2人まで、惑星を選んだりアイテムを使用することは出来ない。また、ブースでは体験版だけではなく小冊子も配布しており、これが体験版の簡易マニュアルにもなっている。

体験版の配布は15人まで同時にできるそうだ。配布元を数に含めると16人の同時通信と言うことになる。これはピクトチャットと同じだ。ブース周辺はダウンロード待ちをする人たちやダウンロード済みのDSで一人プレイしたり、対戦する人たちで混雑しそうだ。

体験版で対戦プレイができるためなのか、ブース内の試遊台では1人プレイのみとなっている。その代わり、完成品に近い形でのソフトを楽しむことが出来る。Touch!DSでの体験版と違って、メニューが出来ていたり、惑星を選ぶことも可能になっている。違う惑星を選ぶとグラフィックが変わるだけではなく、ゲームのルールも多少変わるようだ。バランス大丈夫かなあ

また、それぞれの会場で13時にバンダイのステージで対戦による大会も開催される。優勝者にはDS本体とメテオスのソフトが賞品として与えられる。いいなあ。
Touch!DSで何回も対戦したのである程度腕が上がったしとりあえず挑戦してみるか?


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年01月15日:キャッチ!タッチ!ヨッシー!のCM公開
2005年01月12日:レビュー:さわるメイドインワリオ

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

まずは改名したのと
昨日WHF行ってきましたが
大会はステージから8人選んで
その8人でトーナメントをします
ちなみに自分は運良く最初に選ばれましたがすぐ負けました。

WHFでトーナメントの様子を
見ていましたが、
若い人の反応の早さに驚きました。
ほんとはトーナメントに出ようとも思いましたが、
付き添いのお父さん方の年代に近いので、
あそこで出てたら浮いてたかも??
でも、トーナメント参加者に配られた
「ジオライト」のかぶりもの(?)は、
めっちゃほしいかった!!

あと、ダウンロード版のメテオスを
自宅でやっていますが、やっぱりおもしろいです。
単純なパズルなのに、DSのタッチペン操作を
これほどうまく取り入れているかと思うと、
制作者の方々に敬意を表さずにはいられません。

だた、1つ悩みがあって、
ダウンロードしたメテオスは、
電源切ってバンブラをしようとすると、
オシャカになってしまうこと。
まあ、贅沢な悩みですが。。。

見てたんですか
「自分のタッチペン使っていいですか?」
といったのが自分です


- N-Styles -