2004年10月27日

速報:PSPは12月12日発売/20,790円


スポンサーリンク

ソニーコンピュータエンタテインメントプレイステーションポータブル(PSP)を2004年12月12日に20,790円(税別 19,800円)で発売すると発表した。専用バッテリーパック(5,040円)および専用ACアダプタ(3,675円)が付属する。
また、メモリースティックDUO(32MB/2,940円)/専用リモコン付きヘッドフォン(2,940円)/専用ソフトケース&ハンドストラップ(2,940円)の三点が付属したPSPバリューパックも同日に26,040円(税別 24,800円)で発売する。

続報は後ほど。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年10月28日:DSの初回出荷台数は30万台、1ヶ月前から予約開始
2004年10月27日:Touch-DS.jpにCM第三弾「体感編」登場

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

明らかににDSを意識した金額設定ですね。発表時期といい、DSの動きを観察しながらやっているんでしょう。20790円(税込)というと多くの人は、思ったより安いなぁという印象を受けるかもしれませんが、メモステ無しで遊ぶには不便が多そうなので、実は影の主力はバリューパックではないかと。となると発表前の様々なユーザアンケートで最も有力だった25000〜30000円という説に当てはまるわけで、実は結構予想通り。ところがさらに、これにソフトも加わってくるから、三万超えは確実。やはり今回も任天堂との料金差は大きく開きましたか。

PSPのバリューパックの値段は、DS本体とソフト二本分に相当するわけで、明らかにPSPが不利ですね。同じ値段でソフトが買えないとなればまた任天堂に潰されること必死か??ただ、今回もDSでガキンチョマシーン化するようなソフトラインナップを行った場合を考慮すると間違いなくPSPが勝利するのではないかと思っている。新しい可能性を手に入れたことで大人にもアピールできる戦略でオーソドックスなPSPと対決する姿勢を作らねばGCと同じことが起きること間違いなし。

必死なんですか(笑)
自分も潰されること必至だと思いますよ〜


- N-Styles -