2004年10月27日

Touch-DS.jpにCM第三弾「体感編」登場


スポンサーリンク

先日書いたCM第三弾がTouch-DS.jpに掲載された。というか、されていた。月曜にあがっていたんだな。

1種類かと思っていたが2種類あったようだ。だいたいの内容は先日書いたとおり。

CMの制作側は、このCMシリーズでニンテンドーDSのイメージを植え付けられると考えているのだと思うが、今のところその効果は出てきているだろうか。
「なんとなく」と言う前置きは必要だが、第一弾から第三弾まで連続で見ればイメージはつかめる。ただ、CMは同時に流しているわけではなく、前のCMの放送時期が終わってから次のCMが流れる。そこまでCMの内容を記憶して貰わなければならない。

制作者側の意図はおそらくこうだろう。第三弾のCMで始めてゲーム画面を前面に出し、CM前半では宇多田色を無くす。CMを見たゲーム好きの視聴者はゲームのCMであると認知し興味を持つ。そして、突然出てきたこのゲームは何だろう、ペンを持っているがこれで操作するのだろうかと考える。その後で宇多田が出てくる。いままでのCMシリーズでは、衣装その他諸々でインパクトだけは与えていたし、任天堂のCMであることはアピールできていたはずだ。ここで初めて新しいゲーム機の具体的なイメージと最初のインパクトが融合する。逆にゲームに興味のない視聴者は宇多田の出ているCMの新作が出たと認識し、前半のゲーム部分に興味を持つようになる。

・・・視聴者ってそんなに都合よく見てくれるもんかね?

発売まではあと1ヶ月以上ある。あと何回か新しいCMに切り替わるだろう。CMでもサプライズを見せて欲しいものだ。


スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2004年10月27日:速報:PSPは12月12日発売/20,790円
2004年10月23日:DSのCM第三弾放映中

最新記事
2024年06月16日:10年ぶりにテレビ周りを刷新した話
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)



- N-Styles -