2002年05月31日

「日本テレビゲーム商業組合」が東京と大阪でゲーム体験会を予定


スポンサーリンク

2月22日にいつのまにかできていたらしいゲーム小売店508法人、2,217店舗が加入する「日本テレビゲーム商業組合」(略称 Games Japan)が第一回の総代会をおこない、毎年春に東京で、秋に大阪でゲーム体験会を予定していると発表した。

体験会会場として大阪ドームをすでに11月8日から10日の間で仮押えをしており、参加メーカ50社以上、試遊台150台以上を目標としてメーカーと交渉中だという。メーカー側にすでにアンケートを出しており90%以上が何らかの形での参加の意向を示している。

ゲーム小売店の団体としては中古裁判で勝訴したARTS(テレビゲームソフトウェア流通協会)が存在しているが、Games JapanにはARTS未加入法人も加盟しており現在も加盟促進に努めている。ARTSは今後、法的な監査機能だけを残し規模を縮小、その機能をGames Japanに移すようだ。

Games Japanが体験会を開催する理由として東京ゲームショウが年2回から1回に規模縮小した点をあげているが、東京ゲームショウの方はゲームメーカー側の団体が主催のイベント。争ったのとは別の団体ではあるがいわば裁判の敵側にあたる。小売店側は勝訴をきっかけに展示会まで自らが主権を握ろうとしているのか。そんな両者の駆け引きが水面下で行われてるような気がしないでもないが、1ユーザとしては体験会に入場料を取るのか、任天堂も出展するのか、っていうかスペースワールドはどうなったのか、そちらのほうが気になるのであった。

「日本テレビゲーム商業組合」第1回通常総代会を開催(GAMEWATCH)


スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2002年05月31日:任天堂決算、社長人事の会見内容
2002年05月30日:2001年度ソフト売り上げトップ300

最新記事
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い



- N-Styles -