2015年12月29日

任天堂はなぜこのタイミングでニンテンドー2DSを国内販売するのか


スポンサーリンク

任天堂は、初代ポケットモンスター発売20周年となる2016年2月27日に『ニンテンドー2DSポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ限定パック』を店舗・数量限定で発売する。販売元は株式会社ポケモン。価格は税別9,980円。

ニンテンドー2DS | Nintendo
ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』限定パック12月26日(土)から予約開始!

2DS_detail.png

ニンテンドー2DSはニンテンドー3DSの裸眼立体視機能を削除した廉価版で、2013年10月に海外市場で発売された。ニンテンドー3DSとは異なり、本体を折りたたむ機能がなく、スリープモードに移行する際にはスイッチでの切り替えが必要となる。また、本体のスピーカはモノラル(ヘッドホン端子はステレオ)仕様となっている。それ以外はおおむね(newではないほうの)3DSと同等だ。

海外発売から2年が経過して、国内では発売されないと思われていた2DSがなぜこの時期に発売されることになったのだろうか。

すでに3DS/3DS LL/new3DS/new3DS LLの4つが並行販売されている中で2DSを新規に投入したら市場が混乱するだけだろう。
そのため2DSはポケモン20周年記念商品として、本体単体版は発売されず、バーチャルコンソール版のポケットモンスターが同梱されたセットのみが数量・店舗限定で販売される。さらに、「クリアブルー」はポケモンセンターのみでの販売となる。これはポケットモンスター青が当初コロコロコミック読者およびローソン限定だったことを踏襲している。

任天堂が貪欲に抱き合わせ商品で利益を取りに来たと考えるのは早計だ。
2DSがいかに廉価版であっても、ハードウェアの利益率はソフトウェアと比べると非常に低い。ハード1台に対し多くのソフトが売れることで利益を上げるビジネスモデルを任天堂は採用している。
今回のバンドル版はコレクターズアイテムのカラーが色濃く出ており、通常のゲームハードとは雰囲気が異なる。すでに3DSを所有しているユーザが購入したり、このセットだけ購入して新たにソフトを購入しないユーザも多いだろう。おそらく、3DSソフトの売上に対して直接的な貢献は少ない。

海外で売れていないから在庫処分か…というと、それも違う。そもそも海外で売られていない新色だし、海外での2DSの売れ行きはそれほど悪くない。2014年における海外市場での3DSシリーズ全体の販売台数は567万台のうち、2DSが占める台数は155万台で、3DSシリーズのうち約27%が2DSということになる。

だれに向けた商品なのかと考えると、任天堂の考えが見えてくる。
半透明のボディは、今の感覚からするとダサいと感じられるが、初代ポケモンを楽しんだかつてのゲーマーたちは違う感情を抱く。
1998年発売の初代iMacをきっかけとしたトランスルーセント(半透明)ブームはゲーム業界にも波及し、ゲームボーイやNINTENDO64でも半透明モデルが多数リリースされた。つまり、懐かしさを思い起こすデザインなのだ。
さらに今回の限定パッケージでは当時の同梱品と同じタウンマップも付属する。

この2DSのメインターゲットは現在20代後半から30代の、かつての初代ポケモン世代だ。
彼らはいま、任天堂のゲームを楽しんでいるだろうか?おそらく彼らの多くはスマホでゲームを楽しんでいるだろう。
任天堂は彼らを自分たちのフィールドに戻そうとしている。だが、そのまま2DSで別の3DSタイトルを遊んでもらおうとはあまり考えていないだろう。スマホからゲーム専用機に呼びこむには今回のパッケージではパワーが足りない。あくまで、ポケモンの思い出を蘇らせることが目的だ。

最終的な着地点は別のところにある。2016年にリリースされるスマホアプリの「ポケモンGO」だ。

PVに出てくるプレイヤたちはほとんどが大人で、登場するポケモンも初代ポケモンに登場したキャラばかりだ。
第二世代(ポケモン金銀)に出てくる新キャラすら出ない。完全に初代ポケモン世代をターゲットとしていて、2DSのターゲットと重なる。

任天堂の狙いは、彼らに再びポケモンに触れてもらうこと、そして彼らの子供世代にも触れさせることだろう。
ニンテンドー2DS 『ポケットモンスター 赤』限定パックニンテンドー2DS 『ポケットモンスター 緑』限定パックニンテンドー2DS 『ポケットモンスター ピカチュウ』限定パック


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2016年01月06日:2015年に観た映画ベスト10
2015年12月23日:【ネタバレ】スター・ウォーズ/フォースの覚醒を4回観た感想と、残された疑問点/謎の考察

最新記事
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
2016年12月31日:2016年買ってよかったもの



- N-Styles -