2011年11月20日

PlayStationVita体験会に行ってきた


スポンサーリンク

近場でPlayStationVitaの体験会(PLAYキャラバン)が開催されていたので行ってきた。案内ページにHAKATAと書かれているが、博多区ではなく中央区天神だ。

P1020492.jpg

今にも雨がふりそうな天気だったからなのか、来場者は少なく、いくつかのゲームは試遊台が空いていて待ち時間ゼロ、人気のあるソフトでも15分程度の待ち時間で遊べた。
途中から雨が降り出し、客よりもスタッフの人数が多いという切ない状況に…。
お陰でたっぷり楽しめたのでありがたいが。

雲天だったとはいえ屋外のため映りこみが激しく、自慢の有機ELディスプレイが堪能できない残念なロケーションだったが、まあ画面は綺麗。iPhone4に初めて触った時ぐらいの感動があった。
画面も大きいのでポータブル動画ビューアとしても使えそうだ。PS3の地デジレコーダtorneと連携もできるので、家で録画した番組を移動中に見ることができる。

しかし、でかい。初代PSPより大きい。
その分、操作感はすこぶる快適で、ボタンもスティックも扱いやすい。背面左右にあるの凹みがグリップ感を高めている。前面タッチパネルの反応も自然だ。
背面タッチパネルを駆使するソフトは遊ばなかったので、使用感はわからないが、ソフト側でよく作りこまないと使いづらいのではないかと感じた。

メニュー画面はあまり触っていないがニンテンドー3DSと比べるとレスポンスがいいと感じた。

なお、今回触った本体は製品版ではないようだ。背面の品番部分に秋バージョンの試作機である旨の記載があった。

すいていたことを良い事に、たくさん遊んできた。
それぞれのソフトについて軽く感想を書くことにする。

「アンチャーテッド-地図なき冒険の始まり-」
アンチャーテッドシリーズは、第二作である「消えた黄金船団」をクリア済みなのでどういうゲームなのかは把握している。
選んだステージが暗すぎて、画面の映り込みのせいもあって何をどうしていいのかさっぱりわからず、いくつかの部屋を行ったり来たりで終わってしまった。じっくり遊べば楽しいと思う。

「真・三国無双NEXT」
安定した無双系最新作という感じで、高性能ハード向きの題材だ。
一画面に出てくるキャラクタ数が非常に多く、3DS版の戦国無双クロニクルはなんだったのかと思うレベルだった。
ただ、ニンテンドーDSが発売された当初にあったような「とりあえずタッチパネルを多用してみました」と言わんばかりの迷走した設計のタイトルみたいに、無意味にタッチパネルを触らせまくるシステムはちょっと理解に苦しむ。そういうのは誰も望んでいないと思う。
戦国無双クロニクルのタッチパネルの使い方は結構うまかったんだけどなあ…。

「地獄の軍団」
全く前情報を仕入れていなかったが意外と化けそうなタイトル。
多数引き連れたゴブリンに命令をして巨大モンスターを倒すゲーム
どっかで見たことあるなーと思ったが、あれか、ピクミンのボス戦か。
シンプルだが、敵のアルゴリズムやゴブリンの種類でどれくらい変化を付けられるかがポイントだろう。

「忍道2 散花」
チュートリアルしか遊べなかったのでなんとも言いがたい感じ。

「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」
体験版専用シナリオが楽しめたが6分で終わった…。
タッチパネルで証拠のある場所を探すイベントや、2つの項目を選んで矛盾を指摘する、逆転裁判のような新システムが良い感じ。

GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
クソ長いタイトルだが、これが一番面白かった。
動画を見てもらったほうが早いと思うが、重力を制御するアクションゲームだ。

Rボタンを押すと重力から解放され、浮遊する。浮遊中に画面にでてくるポインタを右スティックかモーションセンサーで動かして壁に向けて、再度Rボタンを押すとその壁に対して重力が発生する。
壁ではなく、遠くにいる敵に向かってポインタをあわせてRボタンを押し、続けて攻撃ボタンを押すと敵に向かって落下しながら攻撃する「重力キック」が使える。

フワフワと浮遊する感覚と、横や上に"落下"する感覚が心地良い。
主人公の女の子とパートナーの猫も可愛い。
途中で差し込まれるコミック風のストーリー部分も斬新で楽しい。

新ハードが出て直後の年明け発売で、全くの新規タイトルだから売れないだろうけど、人気は出るんではないかと予想している。

今後、体験会に参加する予定のある人はぜひともプレイしてほしい。

※当サイトは任天堂ファンサイトです。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2011年12月12日:コメントとトラックバックを廃止した
2011年11月19日:レビュー:スーパーマリオ3Dランド

最新記事
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング


コメント

http://www.entersphere.co.jp/staff.html
地獄の軍団を開発しているエンタースフィアは、ピクミンに携わった人が社長をしている。
それでピクミンっぽいのかな?

今更ですが、裏のタッチパネルは必要なんですかね
使いづらそうってのもるんですけど、多用してると指への影響も
ありそうですし

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -