2010年12月20日

格安LED電球を購入


スポンサーリンク

P1010758.jpg

買ったもの:LED電球
型番:urbane TK-UL60W
メーカー:燦坤日本電器株式会社
製造国:中国
定価:不明
購入価格:1,470円
発売日:不明
購入日:2010/12/18
購入元:サニー

洗面所の電球が切れたので、スーパーに買いに行ったのだが、思いの外安いLED電球が販売されていたので試しに買ってみた。

パッケージを見ると消費電力は6.9Wで、白熱電球60W相当の明るさがあるらしい。寿命は白熱電球比40倍の40,000時間だという。白熱電球は1,000時間ということか。

よく「消費電力が少ないので、×年×ヶ月でもとが取れる!」みたいな試算を見るが、長時間いる場所で白熱電球を使うことは少なく、うちの場合白熱電球を使っているのはトイレや洗面所など、1日1時間も使用しない場所ばかりだ。おそらく元を取る前にもっと安くて性能の良いLED電球が発売されて存した気分になることだろう。初期の液晶テレビを買った気分に近い。

P1010759.jpg

一般的な電球と比較して、若干サイズが大きく、重い。
そしてなにより、ヒートシンクが付いているので付け根部分が金属になっているのが一番の違いだろう。

実際に取り付けてみた。左がLED電球、右が白熱電球だ。
写真撮影時のカメラの設定は全く同じにしてある。

P1010751.jpgP1010752.jpg

写真では分かりづらいが、体感では白熱電球のほうが若干明るい。
足元はLED電球のほうが若干明るい感じがする。

P1010754.jpgP1010753.jpg

天井を見ると違いは一目瞭然。LED電球のほうがかなり暗い。

洗面所なので座ることはなく、視線は下よりも上に向くため、上が暗く感じるLED電球のほうが若干不利に思える。トイレならちょうどいいかも。

さて、ここで重大な問題がある。

この比較に用いた電球は60Wではなく、40Wのものだった。
60W相当のはずのLED電球なのに40Wといい勝負という情けない結果に。まあ、もともと40W電球を使っていた場所なので別にいいのだが。

楽天で買ったほうが若干安かった。そのうちもっと値下がりしそうだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2010年12月25日:Wii「ラストストーリー」のプレゼンテーションを27日にUstreamで開催
2010年12月17日:【閲覧注意】これを見るとハリネズミを飼いたくなってしょうがなくなる!

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける


コメント

家電WatchとかでLED電球の情報をチェックしていたのですが、メーカーによって結構差があるようでLEDはまだ発展途上なイメージを受けました。うちもこの前電球を交換したのですが、結局LEDより安い蛍光灯を選んじゃいました。

最初、このW相当にずいぶんだまされた。
結局、全光束がどれだけかを見た方がいい。
全光束が60W相当の奴は、まだまだ高価だ。
3〜4000円する

はじめまして。照明を扱う会社に勤めている友人の話です。照明業界ではLED電球にA~Zまでのランクがあって日本メーカーの製品は軒並みAやBランクの高品質ですが、中国製のものは安価である分、寿命が短かったり発火の恐れがある等の安全性に問題のある製品が多いそうです。
くれぐれもお気をつけを。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -