2010年06月25日

この夏、史上最大のゲーム機があなたの家に


スポンサーリンク

株式会社ホリは、株式会社タイトー製が開発した汎用ゲーム機「VEWLIX F」を7月下旬に発売することを発表した。現在プレオーダー中で、7月7日まで受け付ける。

VEWLIX F」は据え置き型ゲーム機で、1368×768ドットのワイドタイプ液晶モニタや4つのスピーカーを搭載している。液晶モニタは縦置きにも対応する。非常にゴージャスな構成となっている。

ゲームはレバーと複数のボタンで操作し、オプションのコントロールパネルと交換することでボタン数の変更も可能となっている。レバーやボタンをそれぞれ自分好みにカスタマイズすることも可能な、玄人ごのみのインタフェイスは格闘ゲームプレイヤも満足することだろう。

対応ゲームソフトは多数の人気ソフトがすでにリリースされているJAMMA規格、新JAMMA(JVS)規格に対応している。これらの規格に対応したソフトは非常に多く、今まで家庭用ゲームに移植されたことのないソフトも多数含まれるため、VEWLIX Fに期待しているマニアも多いことだろう。

一部のゲームソフトでは、2台のVEWLIX Fを接続することで対戦ゲームを楽しむことも可能のようだ。一般的な家庭用ゲームとは異なり、プレイヤそれぞれにモニタがあるため、画面分割などではない臨場感のある対戦を楽しめる。

本体サイズは798mm× 798mm×1570mmで、重量は約120kgと非常に大きなサイズとなっている。

数字では大きさが分かりづらいので、Wiiが発表された頃に作成されたゲーム機のサイズ比較画像と並べてみる。

vewlixf.png
※画像はイメージです。実際のサイズとは異なります。

でっかい!

ちなみに価格は498,000円で、さらに送料が3~4.5万!

高い!


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2010年06月26日:あの"X"がDSiウェアで復活
2010年06月24日:怪しげなオークションサイトに気をつけろ(後編):ペニーオークションサイトも騙されている

最新記事
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
2016年12月31日:2016年買ってよかったもの
2016年12月24日:ドイツの週刊誌に私の記事が掲載されました
2016年12月18日:スーパーマリオランはNINTENDO Switchへの呼び水となるか
2016年12月09日:FF15の究極のカップヌードルを作った
2016年11月28日:FF15を楽しむために走る
2016年10月22日:任天堂は何をSWITCHするのか?
2016年10月20日:ローストホースはおいしい。


コメント

ちょっとほしい・・・でも基盤と値段が同じ価格帯はどうかなと・・・

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -