2008年11月01日

本日発売!ニンテンドーDSi


スポンサーリンク

本日、ニンテンドーDSの新機種「ニンテンドーDSi」が発売された。

さっそく事前に予約していた店頭でブラックを購入したのだが、夕方に買いに行ったにもかかわらず、ホワイトは店頭在庫ありの状態だった。7台同時購入の若い夫婦がいたのが印象的だった。きっと子だくさんなのだろう。大変ですねー。

現物を見て、気付いた点がいくつかある。重要そうな部分は太字にした。

  • 液晶のサイズ変更は、「そういえば大きいかも」程度
  • 本体の薄型化、横幅の増大も比べなければ気付きにくいレベル
  • ランプが3つ(無線/充電/電源)
  • 無線ランプは点灯が通信可能、点滅がデータ送信中
  • 充電ランプは点灯が充電中、消灯が充電完了
  • 電源ランプは青点灯がバッテリ残量多、赤点灯が少、赤点滅が微少
  • ACアダプタは新規格のもの。DS Lite用よりも大きめ。Wi-Fiネットワークアダプタと共通
  • タッチペンはDS Lite用よりも長め
  • LとRボタンにカメラのアイコンが刻印されている
  • 音量はスライド式ではなく、大小ボタンで調整
  • 音量小ボタンを押しながら電源投入で無音状態
  • 電源投入直後の起動音はDSi専用のもの
  • 起動画面後、メニュー画面が開く
  • メニュー画面で、LかRボタンを押すと写真撮影が出来る
  • 電源ボタンを押すと起動直後のメニュー画面に戻る(リセット)
  • 電源ボタンを0.5秒長押しすると電源が切れる
  • 液晶の明るさは5段階
  • ゲームプレイ時でもセレクトボタンを押しながら音量ボタンで明るさを調整可能
  • メニュー画面を開いている状態で、DSカードの抜き差しが可能(※説明書では禁じられている)
  • メニュー画面上部は本体内メモリの写真をランダム表示
  • 写真の保存先は本体内メモリ。標準で400枚程度撮影可能
  • ニンテンドーDSiカメラの機能で、SDカードに写真を移動可能
  • SDカードの容量が何GBであっても、写真はカード1枚あたり3000枚が上限
  • 大容量SDカードの規格「SDHC」にも対応(Wiiは対応していない)
  • 顔認識エンジンが搭載されており、顔の表情をリアルタイムに変えられる
  • 写真はワイヤレス通信で他の人に渡せる。ニンテンドーWi-Fiコネクションは非対応
  • DSiの音量設定にかかわらず、カメラのシャッター音は必ず出る。
  • ニンテンドーDSiサウンドはAAC形式(mp4、m4a、3gp)のみ対応。MP3非対応
  • LRボタンで太鼓や手拍子、犬猫などの効果音を入れられる。マリオのコイン、ジャンプ音もあり
  • 合いの手を入れるLRボタンはDSiを閉じた状態でも使用可能
  • DSiショップでダウンロード可能なのは、現在無料配信のDSiブラウザーのみ。
  • DSiショップへの初回アクセス時にファームウェアのアップデートが行われる。
  • ダウンロードしたソフトはSDカードにコピー可能
  • 本体内メモリは約1000ブロック、DSiブラウザーは85ブロック使用
  • ピクトチャットにレインボーペンが追加、7色に光る線が引ける
  • 旧DS、DS Liteで受信してもレインボーペンの色が付いた状態で見られる
  • ピクトチャット終了時は電源が切れずにメニューに戻る
  • ペアレンタコントロール機能を搭載。年齢制限のあるソフトを起動できないように出来る。

    同梱品や内部構造については毎度の如くインプレスさんが分解しちゃってるので、そちらを参照して欲しい。

    正直なところ、DSiショップが開店休業状態だったので非常にガッカリ。発表済みの「うごくメモ帳」もまだダウンロードできないし、脳トレシリーズの新作もない。本当に「ブラウザのみ」という状態だった。

    経営方針説明会の資料によるとカメラを使った瞬間ゲーム「うつすメイドインワリオ」を500ポイントで12月下旬に販売予定だという。DSiショップの本格展開は12月下旬になるようだ。他にも新作パズルゲームシリーズ「ArtStyle」を6作品(各500ポイント)で展開予定であったり、初代メイドインワリオのミニゲームを200ポイントで販売すると発表されていた。

    12月下旬までは「先行販売」と思って我慢することにしよう。おそらくDSiストアの本格始動となる12月下旬から、海外での発売となる来年頭に合わせて本格的にソフトの展開やプロモーションを行うことだろう。未発表だが、いずれやるだろうと期待されているゲームボーイソフトのダウンロード販売も本体が出そろうタイミングで発表されるのではないだろうか。

    世の中の期待が低ければ低いほど入手しやすいので、人気が出る前に押さえておくのも手かもしれない。おそらく毎週出荷されるだろうから、来週末にはまた手に入りやすくなるのではないだろうか。

    ニンテンドーDSi ブラックニンテンドーDSi ブラック
    発売日:2008/11/01
    発売元:任天堂
    定価:¥18,900

    関連記事
    新型DS「ニンテンドーDS i」を11月1日発売!
    amazonでニンテンドーDSiの予約受け付け開始


  • スポンサーリンク
    関連記事


    この記事の前後の記事
    2008年11月07日:「街へいこうよ どうぶつの森」のCM放送開始/DSからのお引っ越しの詳細
    2008年10月29日:どき魔女2の初回限定版がamazonで値崩れ

    最新記事
    2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
    2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
    2017年03月04日:Switch発売に寄せて
    2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
    2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
    2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
    2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
    2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
    2016年12月31日:2016年買ってよかったもの
    2016年12月24日:ドイツの週刊誌に私の記事が掲載されました


    コメント

    読ませて頂きました。とても参考に成りました。DSi専用ソフトが発売する?かも。人気が無い内に早めに買った方が良いですね。

    昨日も上野のヨドバシには、ホワイトは売り切れだったがブラックは現品限りと言いつつ山積みに売られてました。逆にDSライトが売り切れになってました。

    ここが一番必要な情報がまとまってるね。参考になります。すぐにはいらないから新色出たら買おうかな。

    コメントする

    ※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


    - N-Styles -