2007年10月03日

Wii「スーパーマリオギャラクシー」公式サイト開設


スポンサーリンク

任天堂はWii用3Dアクションソフト「スーパーマリオギャラクシー」の公式サイトを開設した。2007年11月1日発売予定、5,800円。

スーパーマリオギャラクシーは、NINTENDO64「スーパーマリオ64」や、ゲームキューブ「マリオサンシャイン」の流れをくむ複数の小さな惑星を舞台とした3Dアクションゲーム。

小さな惑星の表面をマリオが動き回る感覚は、スクリーンショットだけ見たのでは、ちょっと分かりづらいが公式サイトではムービーをふんだんに使っているため、とてもよく分かる。

惑星の表面を舞台にすることで、3Dゲームの問題点をいくつか解消できているようだ。まず、ほぼ見下ろしの状態になるため、敵や落下ポイントとの距離感がつかみやすくなっているように感じられる。また、通常の3Dゲームで見下ろし画面になると、極端に視界が狭くなるが、球体にしたことで「おいでよどうぶつの森」と同様、近くのものは大きく表示され、地平線の近くは小さく表示されることになり、画面内の情報量が多くなる。

去年の体験会では短いプレイ時間でもすぐに操作方法になじめたので、ゲーマーにとっては特に問題ではないだろうが、今までにないスタイルなので、ゲームになれない人たちは、操作方法をマスターするまで多少時間が掛かるかもしれない。

Wiiリモコンを2本使い、マリオを操作するプレイヤをもう一人のプレイヤが補助することもできる。初心者を補助しながら多人数で楽しめるのはWiiのコンセプトに合致した良いアイデアだ。補助するだけではなく、邪魔を出来るのも良い。バルーンファイトのような、協力プレイとは名ばかりの対戦ゲームのような殺伐としたプレイも楽しめそうだ。

ゲームの内容とは無関係だが、公式サイトで使われているWiiリモコンの写真は10月中旬に配布予定のWiiリモコンジャケットを取り付けた状態になっている。今後はCMなどもジャケットを着けた状態で放送されるのだろうか。

スーパーマリオギャラクシースーパーマリオギャラクシー
発売日:2007/11/01
発売元:任天堂
定価:¥5,800
価格:¥4,930(15%OFF)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年10月05日:宮本茂伝説
2007年10月03日:任天堂、「Wiiリモコンジャケット」を無償配布

最新記事
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい
2018年09月05日:今年も誕生日を満喫した
2018年06月29日:任天堂株主総会レポート2018



- N-Styles -