2007年09月18日

ミリオンセラータイトルの約4分の1は任天堂ソフト


スポンサーリンク

出所不明の怪しげなデータをかき集めて、ゲームソフトの世界売り上げを集計しているVideo Game Chartzのデータをもとに、ミリオンセラータイトル(100万本以上を売り上げたソフト)を調べてみた。

こちらのページで確認できるが、現在ファミコン以降の家庭用ゲーム機およびPCで発売された全作品のうち、全世界で累計100万本以上を売り上げ(もしくは出荷)されたタイトルは820本ある。

これをメーカー別に集計してみた。トップ10は以下のとおり

メーカー本数
任天堂215
EA110
ソニー63
スクウェアエニックス44
カプコン42
バンダイナムコ40
セガ35
THQ35
アクティビジョン32
コナミ28

※スクウェアエニックス、バンダイナムコは合併前の各社タイトルを含む

820タイトル中215タイトル。約26%、全体の1/4が任天堂ソフトということになる。多すぎ。

全世界売り上げトップ10で9位のシムピープル(The Sims)以外はすべて任天堂タイトルであることを考えると、1/4が任天堂という異常な偏りにも納得してしまう。

  1. スーパーマリオブラザーズ(ファミコン)
  2. ポケットモンスター赤/緑/青(ゲームボーイ)
  3. テトリス(ゲームボーイ)
  4. ダックハント(ファミコン)
  5. ポケットモンスター金銀(ゲームボーイ)
  6. スーパーマリオワールド(スーパーファミコン)
  7. スーパーマリオランド(ゲームボーイ)
  8. スーパーマリオブラザーズ3(ファミコン)
  9. シムピープル(PC)
  10. ポケットモンスタールビー/サファイア(ゲームボーイアドバンス)

日本ではさほど売れていない「ダックハント」が上位にあるのは、アメリカでファミコン本体および光線銃との同梱パッケージが存在していたため。

ちなみに、任天堂に次いで2位のEA(エレクトロニックアーツ)は海外での売り上げは好調だが、日本でのミリオンタイトルは1本もない。110タイトルのミリオンセラーがあるが、国内ではPS2の「メダルオブオナー 史上最大の作戦」が17万本売り上げたのが最大のようだ。

ただ、前述のようにこのサイトの情報は不正確な部分が多いため、215本という数字も±10%程度の誤差は考慮した方が良さそうだ。たとえば、NINTENDO64のポケモンスタジアムは3タイトルしかリリースされていないのに、4種類登録されていたり、国内未発売タイトルの「RC Pro Am」(ファミコン/開発レア/発売任天堂)が日本で37万本売れていることになっていたりしている。そのほかにも明らかな誤りは多数あったが、820タイトルをすべて確認するのは困難なので、掲載されていたデータをそのまま使用した。

■おまけ■

各機種ごとのミリオンタイトル数を集計してみた。

機種名本数
PlayStation2190
PlayStation138
ファミリーコンピュータ64
ゲームボーイ57
ゲームボーイアドバンス53
NINTENDO6452
スーパーファミコン51
ゲームキューブ41
PC41
Xbox38
ニンテンドーDS30
Xbox36022
メガドライブ13
PSP11
Wii8
ドリームキャスト6
セガサターン3
PLAYSTATION32
総合計820

※ファミコンはディスクシステムを含む。/ゲームボーイはカラー対応ソフトを含む。/メガドライブはメガCDを含む

さすがにプレイステーション陣営は強い。スーパーファミコンとNINTENDO64があまり数が変わらないのは意外だ。少数精鋭で少ないタイトルに売り上げが集まり、ミリオンタイトルが増えたのだろうか。

任天堂発売のハードでは合計356本のミリオンタイトルが出ている。そのうち実に6割が任天堂作品だ。

ニンテンドーDSだと30本がミリオンになっているが、実際のデータではたまごっちが多重登録されているので29本。このうち、任天堂が23作品。サードパーティソフトは6作品しかない。

その6作品は以下のとおり
  • ファイナルファンタジーIII
  • ソニックラッシュ
  • ドラゴンクエストモンスターズジョーカー
  • たまごっちのプチプチおみせっち
  • オシャレ魔女 ラブandベリーDSコレクション
  • クッキングママ

…クッキングママ?そんなに売れていたか?

実はこの作品、海外ではそれなりに売れているようだ。
累計は102万本で、日本6万本、アメリカ54万本、その他地域42万本売れている。

これ、本当の数字かなあ。海外市場は謎だらけだ。

関連記事
Xbox360を抜いた!Wiiの世界累計販売台数が1,000万台を突破!


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年09月21日:「どき魔女」再び!2008年「どきどき魔女神判2(DUO)」発売決定
2007年09月13日:ニンテンドーDS「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」11月22日発売決定

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける


コメント

EA大健闘ですね

おもしろいですね
機種別に見ると任天堂ハードのサードタイトルはミリオンに届き難いようです

単に任天堂ハードは任天堂に支えられててソニーハードは有名メーカー多数に支えられてるだけ

EAは海外では圧倒的なんですがね

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -