2007年07月22日

バンダイナムコ、DS「テイルズオブイノセンス」とWii「テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士」を発表


スポンサーリンク

バンダイナムコゲームスは7月20日に「テイルズオブ」シリーズに関する発表会を行い、2007年から2008年にかけてリリースする作品を発表した。新作「テイルズ オブ イノセンス」はニンテンドーDSで2007年冬に、「~シンフォニア」の続編「テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士(仮称)」はWiiで2008年春に発売する。

このほかに「テイルズ オブ リバース」のリメイクをPSPで、「テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット」をプレイステーション2でそれぞれ2008年初頭に発売する。「テイルズ オブ デスティニー」はもともとPSでリリースされ、PS2で2006年にリメイク版をリリース済み。今回はさらにイベントを追加するなどの新要素を加えており、前作からのセーブデータ引き継ぎも可能。

「テイルズ オブ イノセンス」の開発は熊本に拠点を構える株式会社アルファシステムが担当。同社は「高機動幻想 ガンパレード・マーチ」や「式神の城」などで知られるが、PSP版「テイルズ オブ デスティニー2」「テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー」の開発も行っている。また、オープニングムービーはプロダクションI.Gが、メインキャラクタデザインはいのまたむつみさんが手がける。

今回の発表に際して、バンダイナムコゲームスの副社長の鵜之澤氏は次のようにコメントしている
DSは新しいユーザーを獲得しているハードなので、『イノセンス』では、『テイルズ オブ』の12年の歴史から新しいステップを目指していきたい。Wiiの『シンフォニア ラタトスクの騎士(仮称)』も、続編だが新たな展開が見せられるようにがんばっています。ハードも普及してきたので、50万とはいわず、100万本を目指します。皆さんの応援をよろしくお願いします
バンダイナムコゲームス、「テイルズ オブ」シリーズ2007年度ラインナップ発表会を開催 - GAMEWATCH


…100万本とは大きくでた。達成する可能性はあるだろうか?過去の作品の売り上げをまとめてみた。
売り上げデータは続YSOさん主力タイトル実績一覧から拝借。いつもお世話になっております。
タイトル 機種 発売日 売り上げ
テイルズオブファンタジアSFC1995年12月15日248,879本
PS1998年12月23日631,904本
GBA2003年08月01日134,608本
PSP2006年09月07日111,034本
合計1,126,425本
テイルズオブデスティニーPS1997年12月23日895,177本
PS22006年11月30日367,034本
PS22008年初頭-
合計1,262 211本
テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンGBC2000年11月10日154,602本
テイルズオブエターニアPS2000年11月30日669,248本
PSP2005年03月03日249,173本
合計918,421本
テイルズオブファンダム Vol.1PS2002年01月31日88,948本
テイルズオブザワールド なりきりダンジョン2GBA2002年10月25日186,413本
テイルズオブデスティニー2PS22002年11月28日762,861本
PSP2007年02月15日80,411本
合計843,272本
テイルズオブザワールド サモナーズリネージGBA2003年03月07日52,102本
テイルズオブシンフォニアGC2003年08月29日322,779本
PS22004年09月22日394,312本
合計717,091本
テイルズオブリバースPS22004年12月16日596,493本
PSP2008年初頭-
テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3GBA2005年01月06日113,414本
テイルズオブレジェンディアPS22005年08月25日343,332本
テイルズオブジアビスPS22005年12月15日556,465本
テイルズオブエターニアオンラインPC2006年03月03日-
テイルズオブザテンペストDS2006年10月26日196,073本
テイルズオブザワールド レディアントマイソロジーPSP2006年12月21日195,271本
テイルズオブファンダム Vol.2PS22007年06月28日-
テイルズオブイノセンスDS2007年末-
テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(仮称)Wii2008年春-

今回発表されたタイトルは赤字で、任天堂プラットホームは青字、50万本を超えた売り上げは緑字で示した。「ベスト版」が発売されている作品の売り上げは合算。「テイルズオブファンダム Vol.2」は発売直後なので売り上げを省略

「~イノセンス」と同じくニンテンドーDSで発売された「~ザテンペスト」の売り上げは20万本程度だが、「~シンフォニア」はゲームキューブ版とPS2版の合算で70万本以上の売り上げを記録している。テイルズオブシリーズの乱造で、最近は売り上げが下がりつつあるが、勢いに乗っているニンテンドーDSとWiiで新作の売り上げはどれだけ伸ばせるだろうか?「~イノセンス」が発売される頃にはニンテンドーDSが国内2,000万台を突破している可能性があるが、20台あたり1本売れれば100万本は達成できる。果たしてどうなることやら。

それにしても作品数が多いなあ…。

スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年07月23日:Wii「フォーエバーブルー」のCM動画公開
2007年07月20日:この夏一番の注目作!Wii「フォーエバーブルー」公式サイトオープン

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて


コメント

鵜ノ澤社長のミリオンを口走る
ビッグマウス症候群は今に始まった事ではないですよ
ナムコ自体も目標売上本数を現実離れした数字に競ってしますし

テイルズシリーズ自体は好きなのですが、作品によってアタリハズレが激しいと思います。良作も多い分、駄作も同じくらいあるような気が…。ハードを牽引する力は無いと思いますが、盛り上げ役としては期待できますね。個人的にテンペストが駄作だったので、DSの作品にはあまり期待してませんが、シンフォニアは好きな作品の一つなので、Wiiで続編が出るのは嬉しいです。

イノセンスは開発がアルファシステムということで、ゲーム画面も見るかぎり期待できそうですね。少なくともテンペストの二の舞にはならないことを願います;
ラタトスクは発表されたイラストを見るかぎりキャラデザが藤島氏でなさそうなのが気になります…。。

まさかこのサイトでテイルズの記事が取り扱われることになるとは…
ジアビスはタイミングが悪かったみたいですね。

ジアビスは名作だと思うのですが、その前に発売されたリバースとレジェンディアがイマイチだったので、売り上げがあまり伸びなかったのかもしれませんね。それにしても、デスティニーを引っ張りすぎな気がします。確かに名作だとは思いますが、短期間でのリメイク乱発はあまり褒められたものじゃありませんからね。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -