2007年04月23日

レビュー:「ことばのパズル もじぴったんDS」


スポンサーリンク

タイトル:ことばのパズル もじぴったんDS
発売:バンダイナムコゲームス
発売日:2007年3月15日
価格:2,940円

「ことばのパズル もじぴったん」はナムコが2001年12月にアーケード用ソフトとしてリリースされたパズルゲーム。家庭用ハードは2003年1月にPS2とGBAに移植されたのが最初で、続いて2004年12月のPSP発売直後に「ことばのパズル もじぴったん大辞典」としてリリースされた。そのほか、各種携帯電話でも提供されている。

今作「ことばのパズル もじぴったんDS」が最新作だが、「もじぴったん2」といったナンバリングは付与されておらず、あくまでDS版というポジション。続編と言うよりも移植に近い。あえて数字で言うならバージョン1.4ぐらいか。新作が発売されるたびに地味に、そして確実に進化している。

ゲームの基本的なルールは最初にリリースされたアーケード版からほとんど変わっていない。これは決して進歩していないというわけではなく、第1作から完成度の非常に高いシステムであったと言える。

このゲームのルールを一言で表すとこうだ。「画面上のマス目に、縦横の文字の繋がりが意味のある単語になるようにひらがなを一文字ずつ置いていく。」たったこれだけ。ステージにより、そのマス目や使えるひらがなが変わったり、「言葉を15個作れ」「すべてのマスをうめろ」といったクリア条件が変わったりする。

ひとつの文字を置いたときに、複数の単語が出来る場合は連鎖となって、効果音とともに点数がうなぎ登りに加算されていく。これが非常に心地よい。

例えば、「しよ□じよう」と並んでいるところに、「う」を入れると10連鎖になる。

  • しよう(仕様)
  • しようじ(障子)
  • しょうじょ(少女)
  • しょうじょう(賞状)
  • よう(酔う)
  • ようじ(用事)
  • ようじょ(養女)
  • ようじょう(洋上)
  • うじ(宇治)
  • うじょう(羽状)
    縦横の連鎖を組み合わせたり、もっと長い言葉を作ろうとするとさらに連鎖は多くなる。まあ、実際は多くのステージで同じ文字を2回使えないのでこんなに簡単にはいかないのだが。

    そのほかにも細かいルールはあるのだが、インターネットブラウザでプレイできる体験版が公開されているので、そちらを実際に遊ぶと非常にわかりやすい。

    今までの作品とニンテンドーDS版で最も異なっているところは、操作方法だろう。従来は十字キーで文字を選んで、ボタンで決定するシステムだったが、今回はタッチペンですべてまかなえるようになった。これが想像していた以上に遊びやすい。また、作られた単語などの情報が上画面に集約されることで、画面が広々と使えるようになっている。これ以上もじぴったんに適したハードは、この地球上に存在しないのではないだろうか。なんでこんなにピッタリのハードがあったのに、ナムコは2004年当時にあえてPSP版を出しちゃったんだろう…。

    もう一つの特徴は、なんといっても安いこと。税込みで2,940円というのはベストプライス版並みの価格だ。安いからと言ってボリュームがないわけではなく、10万語を超える単語が収録され、420面という膨大なステージが用意されている。すべてを遊び倒そうとすると相当な時間がかかる。

    ただ、このボリュームの割に、遊ぼうと思わせる仕掛けが少ない。普通、この手のゲームでは条件を満たすごとに少しずつ遊べるステージが増えていくものだが、そのあたりの配慮がまったく見られない。購入直後に遊べるステージが390面もある。ここまで膨大だと、ほとんどの人がどこから手を付けて良い物か迷うんじゃないだろうか。各ステージには基準となるスコアが設定されており、そのスコアを超えると「王冠」が手に入る。その王冠を200個集めると、隠しステージ30面がプレイできるようになる。これはちょっと目標が高過ぎじゃないだろうか。

    それともう一つ残念なのがボーカル曲のカット。メインテーマである「ふたりのもじぴったん」はボーカル付きで収録されているが、PS2版やPSP版ではボーカルのついていた他の楽曲(公式サイトでダウンロードできる)はすべてボーカルなしになっている。名曲揃いなのに残念だ。まあ、DSカードの容量と価格を考えると、これを欠点というのはあまりに酷だが。

    もじぴったんシリーズの楽曲を手がけているのは神前暁さん。もともとはナムコ社員だったが現在は有限会社モナカ所属。最近ではアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の劇中歌やアニメ「らき☆すた」の主題歌「もってけ!セーラーふく」の作曲などを手がけており、一部の人たちから注目されていたりいなかったりしているかも。


    最高のインタフェイスと、驚きの低価格、手に余すほどのボリュームが備わったこのソフトは間違いなくお薦め。もじぴったん史上最高傑作といえるだろう。はたしてバンダイナムコはこの作品を超えるもじぴったんを作れるだろうか?そろそろ発展の余地がなくなってきているような気がする。これが最後の作品にならないことを祈りたい。

    ことばのパズル もじぴったんDSことばのパズル もじぴったんDS
    発売日:2007/03/15
    発売元:バンダイナムコゲームス
    定価:¥2,940
    価格:¥2,350(20%OFF)


  • スポンサーリンク
    関連記事


    この記事の前後の記事
    2007年04月25日:Wiiソフトレビュー:「スーパーペーパーマリオ」
    2007年04月20日:amazonが「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」のロゴを掲載…でもなんか変だ

    最新記事
    2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
    2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
    2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
    2017年07月07日:私はキンプラに殺された
    2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
    2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
    2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
    2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
    2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
    2017年03月04日:Switch発売に寄せて


    トラックバック

    » ことばのパズル もじぴったんDS from ニンテンドーDSゲームソフトライブラリ
    ことばのパズル もじぴったんDS ナムコ/発売中/公式サイト ことばのパズル もじぴったんDSの関連記事・評価・   Yo... [Read More]


    - N-Styles -