2007年01月06日

Wii新作ソフト「エキサイトトラック」の公式サイト


スポンサーリンク

任天堂はWii用レースゲーム「エキサイトトラック」の公式サイトを開設した。1月18日発売、5,800円、1~2人用。開発元は"Monster Games"社

エキサイトトラックはWiiリモコンを横持ちにして操作するレースゲームで、十字キー操作ではなくリモコンを傾けることでハンドルを操ることが出来る。公式サイトのムービーを見ると操作方法がよく分かる。

Wii体験会では直感的な操作方法は想像以上に体になじみ、3つほどコーナーを曲がる頃にはスイスイ操作できるようになった。一見するとバカバカしくて、遊びづらそうな印象を受けるようだが、非ゲーマーにはアナログスティックでハンドル操作するよりなじみやすいんじゃないだろうか。

EXCITE TRUCKのロゴのEXCITEの部分はエキサイトバイク64と同じで、ゲームの内容もある程度近いものがある。エキサイトバイクは初代のファミコンソフトでもそうだが、ジャンプ中の重心移動が重要で、着地時に地面と並行になるように傾けるテクニックが必要となる。エキサイトトラックでは、Wiiリモコンを前後に傾けることで重心移動を行えるようになっている。

Wiiリモコンでの操作がこのソフトの最大の特徴だが、それ以外にも他のレースゲームにはない特徴がある。このゲームでは1位通過が目的ではなく、派手に走れば走るほどポイントが貯まり、そのポイントで勝敗が決まる。速く走って1位通過すればポイントは多くもらえるわけだが、おおきくジャンプしたり、綺麗に着地したり、木々の間を駆け抜けたり、ドリフをしたり、派手にクラッシュしたりすることでポイントを稼ぐことも出来る。最下位なのに優勝ということもあるんじゃないだろうか。

また、アイテムを取ることで地形がリアルタイムに変わるという不可解な仕掛けもある。体験会では、地面が陥没して水浸しになったり、逆に川が干上がって山になったりしていた。こういった派手な演出も見物だ。

オマケ的な要素として、Wii本体のSDカードスロットにMP3形式の音楽ファイルを入れておくと、プレイ中にBGMとして流せるという仕掛けがある。スクリーンショットをみると、1曲を選んで演奏させるか、ランダムにするかを選べるようだ。こういった仕掛けは、Xbox360のソフトでも見られる。

発売日が近いし、ボチボチCMも始まりそうな気がするがどんなCMになるだろうか。そろそろ同時発売ソフトに飽きた人も出てくるころだろうし、CM次第では結構な売れ行きになりそうな予感がする。

ちなみにこのソフト、昨年のE3のGame Critics Awardsで多くのリアル系レースゲームを抑えてBest Racing Gameに輝いている

最初にゲーム画面を見た時点で購入を決めていたが、Wii体験会で購入が確定した。発売日が待ち遠しい。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月06日:WiiのCMに明石家さんまと松岡修造が登場
2007年01月06日:ウィッシュルーム天使の記憶の公式サイトオープン

最新記事
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい
2018年09月05日:今年も誕生日を満喫した
2018年06月29日:任天堂株主総会レポート2018
2018年06月26日:6月24日の事件について
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)



- N-Styles -