2006年12月22日

「ぷよぷよ!」、全品回収ヘ


スポンサーリンク

セガは12月14日に発売したニンテンドーDS用アクションパズルゲーム「ぷよぷよ!」に不具合が発生したため全品回収することを決定した。すでに店頭からは商品が回収されているが、購入済み商品の回収方法は後ほど改めて発表される予定。

発生する不具合は「セーブ回数が255回を超えた場合、以降のセーブが出来なくなる。」というもの。

…えーっと符号なしのtinyintっすか。これはないなあ。ないよなあ。弁護のしようがない。

ちなみに、修正版の交換は来年1月中旬を予定しているという。発覚から修正版の製造まで1ヶ月ということか。年末年始に新作ソフトが大量に発売される中で、修正版の製造は後回しにされてしまうのだろうか。

今回の不具合の性質上、ポケモンの不具合修正のようにDSステーションでデータを書き換える対策は出来ないのだろうなあ。仮にセーブ回数を0に戻す修正を行ったとして、255回に達しそうになるたびにDSステーションに持っていかないと行けなくなる。

先日、セガはラブandベリーが出荷数で100万本を超え、順当に行けばバーチャファイター2以来のミリオンヒットとなると好調なセガだが、とんだケチがついてしまった。

ゲーム開発が複雑化する中で、こういった不具合が出たときに企業への評価が分かれることになりそうだ。まあ、今回のセガの対応は良い方かな。


スポンサーリンク
関連記事




- N-Styles -