2006年06月23日

ニンテンドーDS用ブラウザは7月24日発売


スポンサーリンク

「DSブラウザ」ではなく「DSブラウザー」、伸ばす。Opera Softwareの発表によると、任天堂はニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Lite用のインターネットブラウザ「ニンテンドーDSブラウザー」を7月24日に発売する。ニンテンドーDS/Lite兼用とニンテンドーDS Lite専用の2種類があり、各3,800円(税込み)。当面は任天堂ホームページでの販売に限定される。詳細はGAMEWATCHが詳しい。

ニンテンドーDSブラウザーは、Windowsをはじめとしたパソコン用や、携帯電話、各種通信機器に搭載されている「Opera」をベースにしたもので、Opera Softwareが開発したもの。2画面とタッチパネルを駆使し、小さな画面でも拡大や縮小、ズーム機能、縦長モードなどの様々な方式でウェブサイトを表示できる。また、タッチパネルを使ってソフトキーボードや手書き認識機能で文字入力が可能となっている。

接続にはニンテンドーDS自身に搭載された無線LAN機能を使用することになるが、当然その無線LANからインターネットに橋渡しをする何かが必要となる。家庭であればニンテンドーUSB WiFiコネクタや無線ルータが使える。また、店頭のWi-Fiステーションやホットスポットも利用可能だ。ただ、店頭の試遊台の前でネットをするのはどうかと思うが。

製品はプログラムの入ったDSカードと、メモリー拡張カートリッジの2つで構成される。ニンテンドーDSとニンテンドーDS Liteで使用可能なモデルでは、ゲームボーイアドバンスソフトと同じサイズのメモリー拡張カートリッジが同梱され、ニンテンドーDS Lite専用モデルではより小型の拡張カートリッジが同梱される。DS振動カートリッジと同じで、ニンテンドーDS Liteだけで使いたいならLite専用モデルを、両方で使いたいなら兼用モデルを使うことになるが、Lite本体では1cm程度はみ出すことになる。

細かい仕様についてのアナウンスはないが、Operaの技術を使っていることから、JavaScript等の実装は一通り搭載し、Googleなどで多用されるAjaxなどの技術には対応しているものと思われる。ただし、GAMEWATCHの記事によると、動画の再生、音楽の再生、Flashの表示には対応していないとのこと。動画や音楽は仕方がないとしても、Flashが未対応なのは少々惜しい。任天堂自身も最近は自社サイトでFlashを多用しているがそれをフルに楽しむことが出来なくなるわけだし、GoogleVideoやYouTubeなどのFlashをベースとした動画配信に対応できない。出来たら出来たで色々困るとは思うが。

また、不適切なサイトをブロックするペアレンタ機能も搭載されるので小さな子供にも安心して使えるようだ。うちのサイトがブロックされるかどうかが気になるところだ。ブロックされると困るのでコメント欄にあまり汚い言葉は書かないで欲しい。

普段、でっかくて重い21インチCRTでネットをしているので、256x192x2の画面でネットをしようとは思わないが、ベットで寝転がってネットを出来るのは魅力的…でもないなあ。パソコンもソファで寝転がって操作しているしなあ。無線LANが整備されていて、自室にパソコンがない家庭向けの製品なのかな。

そういえば、メモリー拡張パックで思い出すのが64DDだ。64DDって何?って本気で聞かれることがよくあるので一応説明すると、64DDってのはNINTENDO64をより豪華に見せるための台座であり、専用の磁気ディスク(両手で数えられるぐらいの本数が"配布"されたり発売されたりした)に入ったステキゲームを楽しめるコレクターズアイテムだ。…で、その64DDを使用するときに「メモリー拡張パック」が必要となる。

そのメモリー拡張パックの差し込み口はNINTENDO64に巧妙に隠されていて、「はがしちゃだめ」と書かれたシールをあえて剥がすという禁断の行為を乗り越えた一皮むけた大人だけが差し込むことが出来た。64DDとは無関係にやはり両手で数えられるぐらいのNINTENDO64ソフトがこのメモリー拡張パック(最初はハイレゾパックなんて呼ばれていた)に対応しており、解像度がクッキリハッキリしたり、敵をたくさん出したり出来る恩恵にあずかれた。「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」もそのソフトのひとつだ。

話がそれたが、要するに、メモリー拡張カートリッジをDSブラウザー以外の一般的なゲームソフトで使用し、解像度を上げたり、よりポリゴンたっぷりのゲームができるようになったする可能性があるんじゃないかと予想というか妄想しているわけだ。どうだろう。

…解像度は無理か。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年06月27日:レビュー:スーパーマリオ64
2006年06月23日:NINTENDO64発売から10年

最新記事
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング


コメント

25日?24日?どっち?

すみません
サッカーのせいで寝ぼけてました。
24日です

月額課金で有害サイトアクセス制限を
始めるそうです。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060625AT1D2304924062006.html

任天堂の課金サービス開始は注目を集めそうですね。
ウィーでも安価に配信できるサービスを始めるようですし。
DSでこれからどこまで任天堂がアクセルを踏むか・・・
なかなか面白い展開になりそうです

いや~ついに来ましたね~
発売が待ち遠しいです。
僕は夜ヒマなんで楽しみです。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -