2005年08月05日

6-7月発売ゲームの感想など


スポンサーリンク

ご無沙汰しておりました。

さて、1ヶ月以上サボっていたわけなんだが、ゲームは普通に遊んでいたのでまずはその感想を。

超執刀カドゥケウス(amazon)
これはアトラスの手術アクション。非常に出来のいいアクションゲームに仕上がっているお勧めの一本だ。

アクションゲームをプレイする際に何が面白いのかを考えるといくつかの要素が思い浮かぶが、アクションゲームの「キモ」は大きく分けて2つに別れると思う。「軽快さ」と「達成感」だ。
カドゥケウスは達成感をより重視したつくりになっている。難易度を低く抑えて、どんどん先に進む軽快さを重視したゲームでも、ストーリの節々にイベントシーンを加えたりエンディングを見せたりアイテムを集めさせたりすることで達成感を味わうことが出来るが、カドゥケウスの達成感は一味違う。困難な試練を用意し、プレイヤ自身のスキルが上がることでそれを克服する達成感を味わえるのだ。まあ、要するに手ごたえのある難しいゲームになっている。あんまり難易度が高すぎて、クリアできなきゃムカツクのでそのあたりのさじ加減が難しそうだが、いい感じのバランスを取っていると思う。すぐにリトライできるテンポのよさも幸いして、何度もヽステージを挑戦するのにあまり苦痛に感じることはない。

それに、カドゥケウスはボリュームも満点で、一本道ながらそれなりにストーリも充実しているしクリア後には超難易度の隠しステージまで用意されている。グロテスクな内臓のビジュアルに物怖じしないのであれば間違いなくオススメだ。

やわらかあたま塾(amazon)
なんというか、微妙なソフトだ。ひょっとしたら対戦はすごく面白いのかもしれないが、一人でやるにはあまりに物足りなく感じるし、すぐに飽きてしまうだろう。
同系統のジャンルで非常にクオリティの高い構成になっていた大人のDSトレーニングよりも後に発売してしまったこともこのソフトに不満を覚える要因の一つなのかもしれない。
でも、脱力系のキャラとテーマソングは良い。

押忍!闘え!応援団(amazon)
これはびっくりした。最初の印象がバカゲーで実際に触ったら本当にバカやってて、それでいてしっかりと作りこんであってすごく楽しいのに、どこからどうみてもやっぱりバカで、バカなだけかと思いきやなぜか感動してしまうわけの分からないシロモノなのだ。

このソフトは、割とマイナーな音ゲーであるテクニクティクス(もしくはテクニクビート)をほうふつとさせる、波紋状のオブジェクトをみてタイミングよくペンでつつく音楽ゲームだ。タイミングよくつつく、画面上のボールに合わせてペンをスライドさせる、ペンでぐるぐると円を描く、この三通りの操作を音楽に合わせて延々と続けるだけのソフトなのだが、とにかく演出がすばらしい。

どうすばらしいかというと、前述の通りひたすらバカなのだ。軽快なアップテンポのJPOPのイントロにあわせて70~80年代の少年漫画のような半動画の漫画のコマが2つの画面でストーリを描き、イントロが終わる頃に唐突に応援団が呼び出され、登場する。ゲームはペンを使うため、下画面で展開されるが、背景では3Dポリゴンの応援団が”いかにも”なポーズで演舞している。それがペンでつつく操作と自然にかみ合っているのがかっこよくもあり、バカでもある。1曲はだいたい4パート程度に別れていて、インターバルになると操作する下画面は真っ黒になり上画面で成績に応じて漫画が描かれる。当然内容はバカだ。最後まで演奏するとビートマニアっぽいリザルト画面が表示される。リプレイ機能がついていて自分の演奏を見ることが出来るのだが、むしろリプレイ時に見るべき演奏部分ではなく応援団の演舞だ。プレイ中はなかなか目に付かないが、恐ろしくアグレッシブな動きの応援団たちの動きをリプレイ時にはゆっくりと堪能できる。ミスをしてしまうと演舞が中断するので、是非ノーミスでクリアして彼らの動きを楽しんで欲しい。

収録楽曲は15曲。主に知名度の高いアップテンポなJPOPを集めていて80年代や90年代の楽曲も多い。しかも9月発売予定の175R(イナゴライダー)の新曲「メロディ」が原曲(本人たちによる演奏・歌唱)で先行収録されている。残念ながら他の14曲は別の歌い手さんが歌っているのだが、似せて歌っているようで本人とそっくりな曲もある。15曲と聞くとボリューム不足を感じてしまうかもしれないが、難易度が複数設定されており、別の譜面でプレイできるようになっているので安心していただきたい。高難易度になってくると数回トライしたぐらいでは簡単にクリアできないようになっていて、なかなか飽きさせない。


来週にはジャンプスーパースターズが発売になるが、応援団がまだクリアできていないし、プレイするヒマはあるかなあ。とりあえず週末にトイザらスで体験版を拾ってくる予定だ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年08月14日:ポケモンの新作続々登場
2005年06月18日:6月21日から稼動開始の「すれちがい通信中継所」の設置場所を公表

最新記事
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング


コメント

押忍!!

『応援団』、いい!ですよね。雑誌で見て一目惚れ、プレイしてみて惚れ直して。仕事場に持ってっても皆一様に好感触。

…なんですが、私の主観かもしれませんがCMがビックリするぐらいショボくて
「これ見て買うヤツぁいねーだろ」
とヤキモキしてしまいます。いや、売れないと追加曲も続編もありえないし。個人的に啓蒙活動してますけど体感的に売り上げもかなりヤバそう。あ、もしかしてハナから単発タイトル?

一通りクリアしてしまったので(それと引き替えに下画面ズタズタ)、好きに応援してます。
ドッヂステージで最後まで失敗判定でわかなちゃんになじられたり。
選挙ステージ第2パート合格判定にツッコミいれたりしながら。

売れ行きは、あまりよくないみたいです。
ファミ通とかの評価も良かったし、面白いんですがねぇ。もっとちゃんと宣伝してほしいですね

久々の更新乙です!!
私がやったのはやわらかだけたんです;ちびロボ、ウォーズDSやってました。
応援団。気になるタイトルですね…しかし、犬、脳トレ、バンブラなどチャレンジしているソフトが多くてうれしいです♪レボもこんな感じプラスシリーズでいってくれれば私は絶対買いますね♪

 お久しぶりです。
 応援団は、プレイした人の評価は非常に高いものの、売上的には某ゲーム業界関係者のブログによると、1万本強とそこそこの売上に落ち着いているようです。今はJSSが控えていたり積みゲーがあったりでプレイできませんが、こういったノリは好きなので、そのうち遊んでみたいゲームですね。

押忍!
応援団、良かです。男臭いゲームで久々に九州男児の血が
騒いだとです。

お久しぶりです。
応援団はいいですねぇ。
いわゆる音ゲーなのに、まさかストーリーで感動させてくれるとは・・・
こんな作りのゲームは今まで無かったかと思います。
これからのDS、レボに期待が高まります!

約2ヶ月ぶりですね~お久しぶりです。

皆さん「応援団」について書いてますが本当に最高ですよね。
売り上げ1万本強ってマジですか?露出少ないんだよなー。
自分も公式サイトの動画見るまで面白さが判りませんでしたし、
やるとさらにいい方に想像以上で驚くんですけどね。
続編出ないとやだな~。何とかなんないかな。

ネタのつもりで買ったがめっちゃ良ゲーやん。
あの広告ではネタゲーにしか見えん。
任天堂でなかったら5000本売ってたかどうか・・・

ここ最近のDSソフトでは一番ハマった。
各種音ゲーをやってきた人間でも新鮮味が有った。
つか馬鹿ストーリの中に突然ホロリ系のストーリ混ぜんなや!
聞いたこと無い曲で初見フルコンボしたがな!←プレッシャーに弱っ!
と思いました。


更新あってよかった。なんか有ったのかと・・・

確かにアレはホロリですよね・・・個人的に最後のより感動しました。
飽きそうかな・・・と思ってたけど、めちゃ熱いソフトですよね。じわ売れしていきそうなソフトですが・・・評価は超いいですし本当もっと売れるといいですよね。
初週で1万ってイタイですね

カドゥケウス面白いですよ!!!

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -